ものの 数え 方

/ 08.10.2020 / Kenji

一個、一切(きれ)、一片、一ピース、一カット、一台 [カット前の円形の状態] 、一ホール [カット前の円形の状態]. 作品を見る 【参考】小酒井不木 「三つの痣」: コールタールで出来た痣は、無論胎児と共に消滅しましたが、私の痣はその後消えませんし、無論男の痣も消える筈はありません。で、私はこの残された二つの痣が消えるまで、私の考案した法医学的拷問法を中止することに致しました。.

お受験ポスター 【お風呂に貼れる】「とめ」「はね」がわかる【ひらがな・カタカナ・ローマ字ポスター】 円 税込. 作品を見る 【参考】宮崎湖処子 「空屋」: かくて古門村には二軒の空屋を残したり、一軒は川辺にあり一軒は山手に立てり、前者の門札は尋常にその墓に移りてあるも、後者の名はその石を有せざりき、 【参考】知里真志保編訳 「えぞおばけ列伝」: ところがそこへ行って見ると,人々はもう夏村に引越してしまった後であったので,仕方なしに一軒の空家に入りこんで,戸口に近い下座に席をとって,そこら辺のごみをかき集めて火を焚いた..

作品を見る 【参考】三澤勝衛 「自力更生より自然力更生へ」: なるほど今日の科学は、電気や磁気といった物質科学の方面の研究は相当の域にまで進んではおりますが、生命科学の方面では如何でございましょうか、御承知のように、まだアメーバ一匹人工では作られてはおりません。 【参考】林芙美子 「新版 放浪記」: 善悪 貴賤 ( きせん ) 、さまざまの音響のなかに私はひっそり閑と生きている一粒のアミーバアなり。. 作品を見る 【参考】御橋悳言 「平家物語證注上」: 白木案一脚(各高一尺五寸長二尺弘一尺三寸)。 【参考】次田潤 「新版祝詞新講」: まず神祇官において、筥四合 各径一尺五寸のもので、一には出雲の吹玉、一には切木綿、一には米、一には酒瓶を納めてある を、八足案二脚の上に載せて神部四人に舁かせ、 【参考】正宗敦夫 「日本古典全集 第53巻」: 小膳榧一合。膳榧六合。下案六脚。厨韓榧一合。膳案三脚。酒案一脚。氣案一脚。切案一脚。明榧一合。 【参考】「校訂延喜式」: 藥铋概銀酒盞一具。銀鍋子一口。銀水銪一合。銀匕概六合。下案六脚。厨韓橛一合。膳案三脚。.

えんぴつはバラだと一本、二本と数えますが、 箱売りの場合は12本入りで1ダース、 2ダースと数えます。. 作品を見る 【参考】林芙美子「放浪記(初出)」: 荒巻き鮭の一片一片を身をはがして食べるのも甘味い。. スピード配送 お取り寄せ商品以外は12時までのご注文で 当日出荷をしております。.

[ ]. 12. [] []. Avocado .

作品を見る 【参考】三澤勝衛 「自力更生より自然力更生へ」: なるほど今日の科学は、電気や磁気といった物質科学の方面の研究は相当の域にまで進んではおりますが、生命科学の方面では如何でございましょうか、御承知のように、まだアメーバ一匹人工では作られてはおりません。 【参考】林芙美子 「新版 放浪記」: 善悪 貴賤 ( きせん ) 、さまざまの音響のなかに私はひっそり閑と生きている一粒のアミーバアなり。. 一本、一柄(へい・え・から)、一張(はり) [主に和傘で] 、一骨 [骨の本数で].
  • 作品を見る 【参考】泉鏡花 「城崎を憶う」: 木 ( き ) も 草 ( くさ ) も、あわれ、 廃屋 ( はいおく ) の 跡 ( あと ) の 一輪 ( いちりん ) の 紫 ( むらさき ) の 菖蒲 ( あやめ ) もあらば、それがどんなに、と 思 ( おも ) う。 【参考】泉鏡花 「陽炎座」: 向って 日南 ( ひなた ) の、 背後 ( うしろ ) は水で、思いがけず一本の 菖蒲 ( あやめ ) が町に咲いた、と見た。 【参考】泉鏡花「沼夫人」: 汀 ( みぎわ ) に蘆の根が透く辺りは、薄濁りに濁って、 二葉 ( ふたは ) 三葉 ( みは ) 折れながら葉ばかりの 菖蒲 ( あやめ ) の伸びた蔭は、どんよりと白い。. 作品を見る 【参考】夏目漱石「坊っちゃん」: 「あなたの云う事はもっともですが、僕は増給がいやになったんですから、まあ断わります。考えたって同じ事です。さようなら」と云いすてて門を出た。頭の上には天の川が一筋かかっている。.
  • 学習ポスターは当店オリジナル 各メディアから取材を頂いております。.

物の数え方 - 簡単

作品を見る 【参考】ジョナサン・スイフト 原民喜訳「ガリバー旅行記」: この国では、何もかも同じ割合に大きいのですから、霰粒一つでもヨーロッパの霰の千八百倍はあります。これは、私がわざわざ秤にかけて計ってみたのですから、たしかです。. 一本、一柄(へい・え・から)、一張(はり) [主に和傘で] 、一骨 [骨の本数で]. 一本 【知識】 赤い羽根をシンボルとした「赤い羽根共同募金」は、全国47都道府県共同募金会の連合体である社会福祉法人中央共同募金会が行っている募金活動。年(昭和22年)に、市民主体の取り組みとしてスタート。.

一本、一枚、一組 [四本で] 、一セット [四本で]. 数のお勉強【かずのポスター】【お風呂で使える】 円 税込.

[ ].     8330 []. [ ] .

物の数え方 - 普通

登録商標 きせつのおべんきょうポスター【本店サイト限定価格!】季節表 円 税込. 作品を見る 【参考】小島烏水 「雪中富士登山記」: 知らぬ間に、爪先上りとなって、馬返しまで着くと思いがけなく村の男女が、四人ばかり籠をしょって、こっちを見ている。禁制の官林に潜り込んで、何か内密の稼ぎをするらしい。知ってる顔と見えて、案内者は薄明りに、二言三言挨拶をして行き過ぎる。. 数え方がある限りは、なるべく使った方が良いと思います。そもそも数え方とは、必要だから、便利だから生まれたものであって、それをすべて「個」や「つ」にしてしまうのは、もったいないと思います。 ただ、調べてみると、面白い事に最近は「個」と「つ」の使い分けが進んでいるようなんです。例えば学生が質問をする時には、大体「一個、質問して良いですか?」と言って来るのですが、私なども「一つ」じゃないの? と思う。ところが彼らにすると「一つ」と言ってしまうと、先生がその場で答えられないような難しい質問をする感じだけど、「一個」と言えば、簡単に答えられる軽い感覚があるというんです。友達にも「一個頼んで良い?」と言うと、すぐやってくれそうだけれども、「一つ頼んで良い?」と言うと、ちょっと構える感じがある。このように「一個」は、彼らのコミュニケーションの軽さや気軽さを演出する道具でもあり、それを巧みに使い分けている。ですから、一概に「個」や「つ」を使っちゃだめとは言えませんし、そこに変化を感じます。 とはいえ全てを「一個」、「一つ」だけで済ませるのは、モノに対する反応が鈍くなっているとしか言いようがないですね。ですから学生達には、それでは「不便だぞ」と言っています。せっかくこれだけ数え方というモノのとらえ方があるのだし、それによってすごく色々なことが表現できるのに、それをわざわざ捨ててしまうのは、とてももったいない。こんなにも素敵なものがあるのだから、それを工夫して使ってみれば良いと言っています。 ただ、彼らは新しいものを発明するのが好きなので、新しい数え方が発明されるのではないかとも期待しています。江戸時代と同じく、必要に応じて便利なものを発明していくというシステムは、今も変わっていないでしょう。むしろ、共通の数え方の概念があるからこそ、そうした揺れがあるのだと思うのです。.

[] or. [] []. [ ] .

コンクリート造りの大きな建物は、 一棟、二棟と数えます。. 一本、一枚、一組 [四本で] 、一セット [四本で]. 作品を見る 【参考】林不忘「釘抜藤吉捕物覚書 三つの足跡」: その足許にある一足の高足駄、彦兵衛は早くもそれへ眼をつけた。 【参考】永井荷風「桑中喜語」: 藁人形 ( わらにんぎょう ) に釘打つ 丑 ( うし ) の 時 ( とき ) 参 ( まいり ) は 白無垢 ( しろむく ) の衣裳に三枚歯の 足駄 ( あしだ ) なんぞ 物費 ( ものいり ) を惜しまぬ心掛すでに 大時代 ( おおじだい ) なり。 次の作品は、足駄の数え方ではありませんが、足駄が登場する文献として引用しました。 【参考】喜田川守貞 「守貞謾稿 巻之三十(傘・履)」: 木履 ( ぽくり )  今世、江俗、高きを足駄と云い、低きを下駄と云う。二品とも差歯なるものなり。下駄・足駄ともに江戸は男子角形を専用す。京坂は高低ともに下駄あるいは差下駄という。また男女ともに丸形を専用す。江戸も婦女は丸形を専用す。 【編集注】「守貞謾稿(もりさだまんこう)」は、天保8年()から慶応3年()まで、30年間にわたって書かれた江戸時代後期の風俗史。 [].

作品を見る 【参考】御橋悳言 「平家物語證注上」: 白木案一脚(各高一尺五寸長二尺弘一尺三寸)。 【参考】次田潤 「新版祝詞新講」: まず神祇官において、筥四合 各径一尺五寸のもので、一には出雲の吹玉、一には切木綿、一には米、一には酒瓶を納めてある を、八足案二脚の上に載せて神部四人に舁かせ、 【参考】正宗敦夫 「日本古典全集 第53巻」: 小膳榧一合。膳榧六合。下案六脚。厨韓榧一合。膳案三脚。酒案一脚。氣案一脚。切案一脚。明榧一合。 【参考】「校訂延喜式」: 藥铋概銀酒盞一具。銀鍋子一口。銀水銪一合。銀匕概六合。下案六脚。厨韓橛一合。膳案三脚。. 登録商標 【お風呂でも使える】 きせつのおべんきょうポスター 【本店サイト限定価格!】季節表 1,円 税込.

[] []. [] [] []. 4722. [] .

一枚、一網 [仕掛ける回数などで] 、一式、一具(ぐ) [一式] 一反(たん) 刺し網で仕上がりの単位。 一張(はり) 操業で数反~数十反連結して。 また、江戸時代のカツオ漁に関する資料に、活き餌を取るための網の単位として見られる。 日本鰹節協会編「鰹節 上巻」 宮下章著 によれば、 寛政三年の「室津浦分改帳」によると、「鰹漁船一艘、鰹餌取船一艘、鰹餌取網一張」「鰹漁船七艘、鰹餌取網八張」とある との表記が見られ、かつてのカツオ漁では、活き餌取りのために漁船と餌取網船で餌取網を曳いていたことが分かる。 一帖(じょう) 底引き、船引き網で。 一ヶ統(かとう)、一統(とう) 大人数で操業する定置網の単位として。 船、漁具を含めた操業単位として(複数漁船で一つの操業をする場合の隻数との区わけ)。 【知識】 「鰊の刺し網の単位について」 寛政四年・年 [ ] に著された串原正峯による蝦夷地の風俗を記した「 夷諺俗話 ( いげんぞくわ ) 」によれば、「 一把 ( いちわ ) 」という単位があり、五把で「 一放 ( ひとはな ) し」とされている。 『鯡網一把ト云ハ網ノ目長サ二寸三四分網ノ幅目ノ数三十九四十目クラヒ網ノ長サ二丈七尺ヲ一把トス五把ヲ一放シト云(中略)鯡薄キ時ハ五放クラヒ厚クカヽル時ハ二放三放位引上』 すなわち、「鰊網の1把は、網の目の長さ2寸3、4分、網の幅目の数39〜40位、長さは2丈7尺で、5把を1放しと言う」と表現されている。 一把 = 二丈七尺 = 約8.

作品を見る 【参考】夏目漱石「坊っちゃん」: 「あなたの云う事はもっともですが、僕は増給がいやになったんですから、まあ断わります。考えたって同じ事です。さようなら」と云いすてて門を出た。頭の上には天の川が一筋かかっている。. 昔の人だったら「ああ、笠のことだ」とすぐ分かったでしょうが、今は笠自体を使わなくなったので「蓋」という助数詞も使われなくなっただけのこと。数え方自体も言葉の一つですから、時代や文化を色濃く反映しているんです。 数え方というのは、もともと昔の人達、特に商人が効率良く帳面を付けるために編み出した工夫です。例えば、仕入れた物を帳面に付けるとします。「笠一枚」と書くと3文字必要ですが、「一蓋」と書けば2文字で済んで、いちいち「笠」と書かなくても、助数詞だけで何を指しているのかが分かるでしょう? 今ではクイズ番組の定番問題にもなってますが、箪笥は「竿」と数えます。元々は「箪笥をかつぐには竿が必要」という事から、江戸っ子あたりが「ああ、まだるっこしい!」と「一竿=竿で運ぶもの=箪笥」と縮めたんじゃないかと思われます。花嫁道具を記す時も「一竿」と書けば、箪笥一つだと分かるというわけです。.

作品を見る 【参考】夏目漱石「一夜」: この時いずくよりか二 疋 ( ひき ) の 蟻 ( あり ) が 這 ( は ) い出して一疋は女の 膝 ( ひざ ) の上に 攀 ( よ ) じ 上 ( のぼ ) る。 【参考】林芙美子「絵本」: 縁側へ出て涼しい処に坐つて、お婆さんはおはぎを愉しんで少し食べた。土の上に冷えた、土鍋のふちに、もう蟻が四五匹這ひあがつてゐる。高い樹で蝉が啼き始めた。.

53 ? …… .

その他の: