ヘレナ・ ペトロヴナ・ ブラヴァツキー

公開日: 17.03.2020

神秘思想 、 仏教 、 ヒンドゥー教 、 オカルティズム. ポルターガイスト ぽるたーがいすと. ジャーンの書 シークレット・ドクトリン ヴェールを剥がれたイシス マハートマー書簡.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. アカシックレコード あかしっくれこーど. 影響を与えた人物: レッドビーター アニー・ベサント クリシュナムルティ ルドルフ・シュタイナー アリス・ベイリー. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 神智学協会 アーリヤ・サマージの神智学協会 ( 英語版 ) 神智学協会アディヤール ( 英語版 ) 神智学協会パサディナ ( 英語版 ) 東方の星教団 ( 英語版 ) アントロポゾフィー協会 アグニ・ヨーガ協会 ( 英語版 ) 薔薇十字神殿団 ( 英語版 ) 昇天大師派 ( 英語版 ) 普遍勝利教会 ( 英語版 ) シェア・インターナショナル.

HP P 812 58 59 :. [5] [5] [1]. [5] 7 [1] [5] AL [5] ? [5] [5]. PHP .

18歳で婚家を出奔! ブラヴァツキー夫人の半生

ポルターガイスト ぽるたーがいすと. オカルト おかると. 目次 [ 非表示 ]. 近代 神智学. 吉永進一 ・松田和也は、年パリ滞在時に、 催眠術 師の被験者になって水晶占いや 霊体離脱 を学び(彼女は トランス 状態で完全な人格転換を起こす優秀な 霊媒 であったといわれる)、年にカイロでメタモンに再会したこと、「心霊協会」を設立して失敗したことは事実のようだと述べている [5] 。. 詳細は「 神智学 後世への大きな影響 」を参照.

PHP. 1 [5] 1219 13 21617?

週間記事閲覧ランキング

目次 [ 非表示 ]. ウィキメディア・コモンズには、 ヘレナ・P・ブラヴァツキー に関連するカテゴリがあります。. 最終更新 年3月17日 火 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

Fate Fate. [5] 7 [1] [5] AL [5]. HP P 812 58 59 :.

ブラヴァツキーの思想

ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー 別名 H・P・ブラヴァツキー ヘレナ・P・ブラヴァツキー 生誕 年 8月12日 イェカテリノスラフ 現 ドニプロペトロウシク 死没 年 5月8日 (59歳没) ロンドン 時代 近代 地域 ヨーロッパ、アメリカ、インド 学派 近代 神智学 研究分野 神秘思想 、 仏教 、 ヒンドゥー教 、 オカルティズム 影響を与えた人物:. 他のプロジェクト コモンズ. 隠しカテゴリ: 書きかけの節のある項目 BIBSYS識別子が指定されている記事 BNF識別子が指定されている記事 GND識別子が指定されている記事 ISNI識別子が指定されている記事 LCCN識別子が指定されている記事 NLA識別子が指定されている記事 SBN識別子が指定されている記事 SELIBR識別子が指定されている記事 SNAC-ID識別子が指定されている記事 VIAF識別子が指定されている記事 ISBNマジックリンクを使用しているページ.

神秘思想 、 仏教 、 ヒンドゥー教 、 オカルティズム. この節の 加筆 が望まれています。.

PHP ? [4] .

神智学協会の設立 薔薇十字団研究から東洋思想へ

ウィキメディア・コモンズには、 ヘレナ・P・ブラヴァツキー に関連するカテゴリがあります。. しかし彼女は折れることはなく、年に ロンドン にロッジ(拠点)を設立、周囲に支持者を集め、自らはもう一つの主著『シークレット・ドクトリン』を出版する。この著作でエレナは根源人種、独特の史観による人類進化の歴史などインドで編み出した教説を、彼女が実在を主張する『ジャーンの書』の注釈書という位置付けで展開した。 彼女の主張と思想の集大成とも呼べる大著であるが、未完のまま刊行された。彼女は他の著作も発表したが、『シークレット・ドクトリン』を完成させる事はなく年、この地で没した。.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。 ヘレナ・P・ブラヴァツキー.

[5] [5]. [5] [5] 89 [5] .

知っておきたい:

コメント

  1. Takahiro
    バミューダトライアングル ばみゅーだとらいあんぐる. このインド行きによって、ブラヴァツキーの神智学は神智学となった [5] 。モリヤ、クートフーミなどのマスターや マハトマ の存在が主張されるようになった [5] [1] 。インドの地において神智学にはより多くの インド思想 が導入され、インド人の神智学協会会員のダモダールやスッバ・ロウなどが協力し、 ヒンドゥー教 や 仏教 から様々な教えが取り込まれた。ただし、理解や導入に限界はあり、西洋の 神秘学 との折衷的な手法が採用された。理解できたり、利用できる思想は取り込むものの、それができない部分は カバラー や 新プラトン主義 などの考え方で補完する、ということをしたのである。インドでブラヴァツキーの神智学には、新たに輪廻転生説やカルマ説が導入され、独自色の強い霊的進化論・根源人種論が加えられた [5] 。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 social-blockchain.org | 利用規約 | 連絡先 |