リーパーカー. ティーターン十二神 オーケアノス コイオス クレイオス ヒュペリーオーン イーアペトス クロノス レアー テイアー テミス ムネーモシュネー ポイベー テーテュース.">

ギリシャ 神話 女神 イリス

/ 03.10.2020 / Jin

他のプロジェクト コモンズ. ガイ・ヘッド『ステュクス河の水を運ぶイーリス』(年) ネルソン・アトキンス美術館 所蔵.

最終更新 年2月27日 木 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

名前空間 ページ ノート. 嘘つき、泥棒の神様。神々の伝令役。ゼウスの忠実な部下で、 アルゴス の暗殺など多くの密命を果たしている。  ゼウスと マイア の子供。羽根の生えた空を飛べる靴をはき、神々の使者として世界を駆ける伝令神。旅人の安全を守る役目もある。   ペルセウス のメドウサ退治にも協力した。. 由来: ギリシャ神話にヒヤシンスにまつわる悲しい恋の話があります。 美少年ヒアキントスは太陽神アポロンと西風神ゼフロス2人の魅力的な神に愛されていましたが、ヒアキントスはアポロンの方に惹かれていました。 ある日アポロンとヒアキントスが円盤投げをしていたところ、それを見て嫉妬したゼフロスが強い西風を吹きました。 アポロンの投げた円盤はヒアキントスの額にぶつかり、額が割れて血が流れました。 アポロンは「私が替わりに死にたい。アイ、アイ(悲しい、悲しい)」とヒアキントスを抱いて叫びました。 すると血に染まった草花から、一本の紫色のヒヤシンスの花が咲いたということです。 ギリシャ語で「アイ」とは悲哀を表す言葉「アエイ」に似ているので、ヒヤシンスの花は悲哀と思い出を表します。 そして花言葉「ゲーム」「私は悲しい」が生まれました。.

ディオニュソス Dionysus       年表に戻る.

[2] [3] [4] [5] [3] [6] [7] [8] [4]. 16. Hyacinth              .

  • 火山の神、炎と鍛冶の神。  ゼウスとヘラの息子。両足の曲がった醜い奇形児で、ヘラは怒り、生まれたばかりのわが子を天から海に投げ落とした。ヘパイストスは、海神 テティス とエウリュノメに拾われ9年間育てられ、天に戻った。  ヘパイストスはテティスたちのために、さんごと真珠の美しいブローチを作ったり、生きた宝石を海に泳がせたりした。これが熱帯魚である。ヘラはテティスのブローチを見て、誰に作ってもらったかしつこくたずねた。  ヘラは、ヘパイストスをオリンポス山に連れ戻し、鍛冶屋の仕事場を作ってやった。ヘパイストスはここで、ゼウスの雷電やアルテミスの矢、トロイ戦争で活躍した アキレウス の武具を製造した。  ゼウスがアテナを産む時、痛みに耐えかねてヘパイストスに斧で頭を叩き割ってもらったこともある。アプロディテと結婚するが、アプロディテがアレスと浮気したため離婚。.
  • パルテノン神殿 アテーナー・ニーケー神殿 オリンピアのゼウス神殿 エレクテイオン サモス島のピタゴリオとヘーラー神殿 アルテミス神殿.

虹の女神イリスの名を冠されたアヤメの織り成す絢爛たる迷宮。七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」

テューポーン ゴルゴーン グライアイ キマイラ ケルベロス オルトロス ヒュドラー ピュートーン ラードーン タロース ゲーリュオーン スキュラ カリュブディス スピンクス セイレーン ハルピュイア ケンタウロス ケイローン ミーノータウロス エンプーサ モルモー アルゴス ラミアー ダイモーン エキドナ スパルトイ ステュムパーリデスの鳥 テルキーネス サテュロス. アイリス 【英名:Iris 科名:アヤメ科 原産:南ヨーロッパ、北アフリカ】  恋のメッセージ、雄弁、変わりやすい、吉報、消息、あなたを大切にします. アフロディテに迫る牧神パン アフロディテ像のいろいろ.

他のプロジェクト コモンズ. アテナ Athena       年表に戻る. ヘラは、ヘパイストスをオリンポス山に連れ戻し、鍛冶屋の仕事場を作ってやった。ヘパイストスはここで、ゼウスの雷電やアルテミスの矢、トロイ戦争で活躍した アキレウス の武具を製造した。.

Aphrodite        . WorldCat Identities GND : LCCN : no VIAF : .

ギリシャ神話の虹の女神

カテゴリ : ギリシア神話の女神 伝令神. ディオニュソス Dionysus       年表に戻る. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

WorldCat Identities GND : LCCN : no VIAF : Hephaistos.

ブログを移動しました☆

ティーターン十二神 オーケアノス コイオス クレイオス ヒュペリーオーン イーアペトス クロノス レアー テイアー テミス ムネーモシュネー ポイベー テーテュース. ゼウスの兄。海の神、泉の守護神。馬との関わりが深く、競馬の守護神としても崇められた。三叉の矛(トリアイナ)を武器とする。  トリトン、オリオン、ペガサスなど多くの子がいる。ポセイドンは メドゥーサ Medusa と恋仲になり、二人の間に産まれた子供がペガサスである。メドゥーサはアテナの怒りをかい、醜い姿に変えられ ペルセウス に殺された。  ポセイドンの英語読みネプチューンは海王星のこと。海王星の最も大きな衛星がトリトン。.

愛と美の女神。 クロノス が切り落とした ウラノス の男根が海に落ちて白い泡となり、そこからアフロディテが生まれた。東方の豊穣多産の女神 イシュタル と同一とされる女神。彼女の侍女が 三美神 。. タウマース と オーケアノス の娘 エーレクトラー の娘で [2] [3] [4] 、 ハルピュイア の姉 [5] [3] 。 ゼピュロス の妻であり子供には、ポートス(あるいは エロース [6] [7] )がいる [8] 。美術において背中に翼を持った姿で描かれる場合が多い [4] 。. 由来: 古代ローマに美しいソニクスという女性がいました。 彼女はカーネーションの冠を作り、いつも太陽神アポロンの祭壇を美しく飾っていました。 しかし彼女を妬む者に殺害され、太陽神アポロンが彼女の姿を虹色のカーネーションに変えて弔ったということです。 他にも、16世紀に詩人スペンサーがこの花をコロネーション(花冠)と呼んだことによるとも言います。 カーネーションといえば「母の日」に贈る花として知られています。 年にアメリカでクリスチャンの女性が、母の命日に白いカーネーションを教会で信者に配ったことが始まりです。.

  • ティーターノマキアー ギガントマキアー 7将によるテーバイ攻め カリュドーンの猪狩り アルゴー船の冒険 ヘーラクレースの12の難行 エピゴノイ 不和の林檎 パリスの審判 トロイア戦争 ヘーラクレイダイの帰還.
  • 火山の神、炎と鍛冶の神。  ゼウスとヘラの息子。両足の曲がった醜い奇形児で、ヘラは怒り、生まれたばかりのわが子を天から海に投げ落とした。ヘパイストスは、海神 テティス とエウリュノメに拾われ9年間育てられ、天に戻った。  ヘパイストスはテティスたちのために、さんごと真珠の美しいブローチを作ったり、生きた宝石を海に泳がせたりした。これが熱帯魚である。ヘラはテティスのブローチを見て、誰に作ってもらったかしつこくたずねた。  ヘラは、ヘパイストスをオリンポス山に連れ戻し、鍛冶屋の仕事場を作ってやった。ヘパイストスはここで、ゼウスの雷電やアルテミスの矢、トロイ戦争で活躍した アキレウス の武具を製造した。  ゼウスがアテナを産む時、痛みに耐えかねてヘパイストスに斧で頭を叩き割ってもらったこともある。アプロディテと結婚するが、アプロディテがアレスと浮気したため離婚。.
  • ジョージ・ヘイター ( 英語版 ) 『イーリスの助けを借りたヴィーナスが恋人マールスに苦情を言う』(年) チャッツワース・ハウス 所蔵.
  • タウマース と オーケアノス の娘 エーレクトラー の娘で [2] [3] [4] 、 ハルピュイア の姉 [5] [3] 。 ゼピュロス の妻であり子供には、ポートス(あるいは エロース [6] [7] )がいる [8] 。美術において背中に翼を持った姿で描かれる場合が多い [4] 。.

Medusa.      .     .

虹の女神イリスの名を持つ花

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. ペルセウス 、 ヘラクレス. 知恵と戦いの女神でアテネの守護神。ゼウスと知恵の女神 メティス の間に生まれた。  兜や楯(あるいは胸板)を身につけ、長槍を手にしている。その傍らには勝利の女神 ニケ が付き従っている。 【アテネの守護神】 アテネの主導権を巡ってアテナと ポセイドン が争った。ポセイドンは人々に泉を贈った。アテナは泉のほとりに オリーブの木 を植えた。アテネの人々はアテナを守護神に選んだ。.

表示 閲覧 編集 履歴表示.

Eros Cupid !

その他の: