徳川 家康 の 長男

/ 02.10.2020 / Nobu

小督局(こごうのつぼね、年) 家康の最初の側室であり、家康二男・結城秀康の生母として知られる。 はじめ築山殿の侍女であったが、風呂場で家康の手付となって秀康が産まれたという。築山殿が彼女の妊娠を知ったとき、寒い夜に裸にされて城内の庭の木にしばり付けられ、これをたまたま見つけた家康の家臣・本多重次に保護され、秀康を出産したという逸話も伝わっている。また、秀康双子説もあり、当時双子は忌み嫌われていたことから母子ともに家康に疎まれたという。.

松平忠吉(ただよし、年) 家康の四男で母はお愛の方。東条松平家の松平家忠の病死にともない、家督を継ぐ。 文禄元年(年)には家康の意向で 井伊直政 の長女を娶り、徳川家中の結束を強めている。 慶長5年(年)の関ヶ原合戦では直政を後見として初陣を果たしているが、敗戦が確定した西軍・ 島津義弘 の隊を直政とともに追撃した際、待ち受けていた敵に狙撃されて負傷し、これが原因でのちに亡くなった。.

家康の三男で母はお愛の方。天正18年(年)に元服して 織田信雄 の長女と婚約し、同年の小田原征伐のときに初陣を果たすが、翌年には婚約者と死別。のちの文禄4年(年)に浅井三姉妹の三女・ お江 と再婚する。. 信康は勇猛なためか横暴な面があり、家臣の 松平親宅 は「御若気の儀これあり候につき、毎度御諌め申し上げ候えども」信康により追放されている(『 寛政重修諸家譜 』)。また信康は同母の妹である 亀姫 が 武田信玄 没後に徳川に寝返ったにすぎない 奥平信昌 の正室になる(つまり義弟になる)事に「敵方の者を聟にはなかなか成し難し」と強硬に反対した(『 三河東海記 』)話もあるなど、信康と家臣団の間で軋轢が生まれていた面も伺わせる。.

投稿: 茶々 年9月21日 月 02時02分. 投稿: 茶々 年11月10日 火 10時56分. 信康の切腹については幕府成立後の所謂 徳川史観 による 三河物語 が通説化している。 それによると、 織田信長 の娘である 徳姫 は今川の血を引く姑の 築山殿 との折り合いが悪く、信康とも不和になったので、天正7年(年)、父・信長に対して12箇条の手紙を書き、使者として信長の元に赴く徳川家の重臣・ 酒井忠次 に託した。手紙には信康と不仲であること、築山殿は 武田勝頼 と内通した、と記されていたとされる。 信長は使者の忠次に糺したが、忠次は信康を全く庇わず、すべてを事実と認めた。この結果、信長は家康に信康の切腹を要求した。 家康はやむをえず信康の処断を決断。 8月29日 、まず築山殿が 二俣城 (浜松市 天竜区 )への護送中に 佐鳴湖 の畔で、徳川家家臣の 岡本時仲 、 野中重政 により殺害された。さらに9月15日、二俣城に幽閉されていた信康に切腹を命じた。.

826 1174. [8] .

当時の最大の要注意隣国である甲斐・ 武田氏 の 最前線に位置する浜松城と、裏方の役割を荷わされた岡崎城 ・・・この二つの城の荷った役割が大きな亀裂を生む事になったのです。. 歴史好きの管理人・茶々が、日頃見聞きした事、思った事を趣味の範囲で書いております。 なので、出来事によっては諸説ある場合もございますが、どのような説に沿って話を進めていくかは、管理人の好みによる物である事をご理解いただければ幸いです。 また、参考資料として、絵巻物や肖像などパブリックドメインの画像を一部使用していますが、悪意はありませんので、関係者様からご連絡をいただいた場合は速やかに削除させていただきます。. 家康の妻 20名の略歴 2.

天正7年( 年 )8月3日、家康が岡崎城を訪れ、翌日信康は岡崎城を出ることになり、大浜城に移された(『家忠日記』)。その後、信康は遠江の堀江城、さらに 二俣城 に移されたうえ、9月15日に家康の命により 切腹 させられた [4] 。 享年 21(満20歳没)。信康の首は一度信長の元に送られ、その後、 若宮八幡宮 に葬られた。なお、岡崎城から信康を出した後に 松平家忠 をはじめとした徳川家臣たちに「信康に通信しない」という起請文を書かされている(『家忠日記』) [4] 。.

家康を悩ませたものとして、信康や築山殿の乱暴不行状については『 松平記 』『 三河後風土記 』の両書が詳しい。信康については、. 作家の 典厩五郎 は、この時期の徳川家は、常に前線で活躍し武功と出世の機会を多くつかんでいた 浜松城派 と、怪我で戦えなくなった者の面倒や後方支援や(織田家との)外交問題を担当していた 岡崎城派 に分裂する兆しがあり、両者の対立が家康と岡崎城派に担がれた信康との対立に発展し、最終的に信康が幽閉先で服部正成に暗殺された疑いがあるとして、この事件から甲斐武田家における 武田義信 事件のように信康を担いで岡崎衆による「家康追放」未遂事件があったとする説を唱えている。また信康の処刑と前後して岡崎城に勤める多くの重臣や奉公人が次々と懲罰や処刑に追い込まれ、逐電(逃亡)する者が続出し、派閥抗争の末の粛清や懲罰があったと唱えている [注釈 2] 。歴史研究家の 谷口克広 も典厩の説を支持し、岡崎衆は家康への不満か家康の旗本に対する反発から信康を担いでクーデターを起こすことを企み、築山殿もそれに関係していたのではないかと推測している [18] 。.

それとも、 「大改革はしたいけど、息子だけは何とか助けたい」という家康の親心だったのでしょうか?. 平岩仙千代(せんちよ、年) 家康の八男、母はお亀。家康の譜代家臣・平岩親吉の養嗣子になるも、6歳で夭折した。. お六(おろく、年) 今川家臣・黒田氏の娘。元々はお梶の小間使い(=身の回りの雑用係)であったが、家康が目をつけて側室とした。 生誕年で計算すると家康との年の差は55もあるため、2人の間に子はなかったと思われる。 家康死後には出家して「養儼院」と号し、のちに喜連川義親の継室になったという。.

: 124 1511. : 124 2357.

見たいページを探すメニュー

お松(おまつ、?-?年) 法名を「法光院」という。年(天正10年)に家康の落胤とされる松平民部を産んだというが定かではない。. この記事へのトラックバック一覧です: 家康はなぜ、長男・信康を殺さねばならなかったのか? :. 遠江の百姓の娘といい、はじめ遠州金谷宿の鋳物職人と結婚して一女を産んだが、彼女に言い寄る土地の代官に夫が殺害されたという。このとき茶阿局は路上で鷹狩に来ていた家康に仇討ちを直訴したことがきっかけで、家康に召しだされたという。 家康に寵愛され、六男忠輝と七男松千代を産んでいる。また、四女松姫の生母という説もある。 聡明な彼女は家康に深く信頼されて奥向きのことも任されたという。.

915. 7 915 105. About My Blog. - 10. : Wikipedia.

家康の子 16人の略歴

えびすこさん、おはようございます。 生存説には、妄想が尽きませんね。. 徳川義直(よしなお、年) 家康の九男、母はお亀。慶長19年(年)の大坂冬の陣のとき、14歳で初陣を果たす。家康死後に尾張へ入国し、徳川御三家の一つである尾張徳川家の始祖となった。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 最終更新 年4月13日 月 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

19 5. About My Blog. URL :. 826 1174. 915. [2] .

あわせてお読みください

徳川義直(よしなお、年) 家康の九男、母はお亀。慶長19年(年)の大坂冬の陣のとき、14歳で初陣を果たす。家康死後に尾張へ入国し、徳川御三家の一つである尾張徳川家の始祖となった。. コメントを書く 名前: メールアドレス: ウェブ上には掲載しません アドレス URL :. アドレス URL :. 手荒な一大改革をしてでも、徳川家を一つにまとめなければならない状況に陥っていた ・・・と、考えるのはどうでしょう?.

4 15. URL :.

その他の: