キエフ・ ルーシ継承権

/ 04.08.2020 / Sato

交易は公国の経済活動の主要な要素であり、対外交易は非常に発達していた。 ドニエプル川 を軸とした水路は、ルーシとビザンツをつないでいた。さらに商人たちはキエフから モラヴィア 、 ボヘミア 、ポーランド、ドイツ南部へ、 ノヴゴロド や ポロツク からは バルト海 を経てスカンジナビアや ポメレリア 、その西へと出かけていた [31] 。. ヴラディーミル大公位争奪戦にモスクワ公が勝利を収めた要因、あるいはそもそもモスクワ公国が発展した要因として、モスクワ公国の首長権(モスクワ公位)が兄弟ではなく父子によって継承されたこと、また領土についても分領をつくらず一括相続を採用したことがしばしば挙げられる。  しかしそれはどちらも偶然の要素によるものと思われる。公家の歴史の初期においては、実際にモスクワ公位を継いだ者以外にはモスクワ公位を狙う有力なライバルがいなかった。.

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. イスラム諸国の弱体化により、10世紀末に東方からの貨幣の流入が衰えると [30] 、上記の貨幣は物品貨幣に取って代わられた。この時期に相当する ウラジーミル1世 、 スヴャトポルク1世 の治世には、固有の貨幣の鋳造が企画されたが、原材料の不足によってまもなく中止された [29] 。. カテゴリ : キエフ・ルーシ. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

また、市民によって構成される ヴェーチェ (民会)が各都市に組織されていた。 年 に イスコルテニ の ドレヴリャーネ族 は、 ダーニ (貢税)を求めた公のイーゴリを殺害するが、この殺害に至るまでの討議は『 原初年代記 』に記述されており、討議は既にヴェーチェが機能していたことを示すものであるとみなす説がある [11] 。ヴェーチェは自由民階級の 戸主 である成人男子に参加権がある 直接民主制 であり、事項の決定は全員一致を原則としていた [12] 。開催は鐘を打ち鳴らすことで住民に周知させ、時には公や貴族に対する蜂起をも引き起こした [13] 。. ゴート族 - アント族 - フン族 - ヴェネド族 - 東スラヴ人 - ハザール - キエフ・ルーシ - クマン人 - テオドロ公国 - ヘルソネソス.

10 1 7. [55]. ru [ 12] 50 [43] ! 12c-14c, キエフ・ ルーシ継承権. [ 4] [9] 1 - [9] [10] 1215 ru [ 5] .

ハザール 7c—10c.

ベストアンサーに選ばれた回答

ピョートル3世もクーデタで廃位され、近衛兵の支持を得たその妃エカテリーナ2世が即位する。  エカテリーナ2世の即位には問題がふたつある。ひとつはエカテリーナ1世と同じく、彼女がロマーノフ家の血を一滴も継いでいないこと。未亡人が後を継ぐという例はないではないが、前王朝の血を引いていないとなっては、近代国家ではベルナドットとふたりのエカテリーナぐらいしかないのではないか。  もう一点は、正統な跡継ぎパーヴェルの権利を無視した即位であった、という点である。ピョートル3世を廃位したというのはいいとしても、なぜ後継にパーヴェルを担がなかったのか、という点は、普通に考えれば疑問である(すでにピョートル3世の即位に際して、パーヴェルは皇太子とされていた)。もちろん、当時パーヴェルがまだ7歳だった、ということもあろう。何より、ピョートル大帝の皇位継承法制定以来、皇位継承が皇室の自律的意志とはほぼ無関係に行われてきた、という事実も大きくモノを言っていたに違いない。.

職人の一部は金属加工業に関する手工業を営んでおり、 溶接 、 鋳造 、 鍛造 、 鍛接 、 焼き入れ の技術を応用した生産品が、その技術水準の高さを証明している。職人たちは種以上の鉄・銅製品を生産した。これらの生産品は、都市と農村との間の物流を促進させる上で、大きな役割を演じた。また、宝石工は 非鉄金属 の貨幣の鋳造技術を有していた。人々は職人を通して、農具・工具類( 犂 、斧、 鑿 など)、武具類(盾、鎖かたびら、槍、兜、剣など)、生活用品(鍵など)、装飾品(金、銀、 青銅 、銅などで作られた。)等を用立てた [36] 。.

これによりルーシは完全に分裂し、北東ルーシの ノヴゴロド公国 、 ウラジーミル・スーズダリ大公国 や南西ルーシの ハールィチ・ヴォルィーニ大公国 などが割拠する時代に入ることになる。. 農民たちは血縁的に近い世帯が集まり農村での共同体(ヴェルヴィ ru もしくはミール [注 12] )を形成し、自分たちの土地と家畜を持ち生活していた。共同体では牧草地や狩猟権などを共有し、納税やその他公共の義務に関しても負担しあっていた。キエフ時代には森のある地域が主に耕作された。なぜなら農業には水が欠かせず、これら森林地帯には河川が存在したからである。ただ、その土壌は豊かとは言えず、肥沃な 黒土 はキエフの南西にのみ存在した。ルーシの領土はほとんどが北緯50度以北に位置し植物の生育には向いていない [43] 。.

書き残された史料によって、キエフ・ルーシ期の 伝承 の豊富さと多様性が証明されている [46] 。その大部分は年中行事の儀式のための 韻文 である。すなわち、農業に関する祈りに欠かすことのできない 呪術 、 祈祷 、歌である。他には婚礼の歌、葬儀の 哀歌 、労働の歌、酒宴の歌、トリズナ en [注 13] の歌なども含まれる。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 都市の職人は注文に応じる形でも、 市場 で販売する形でも商品の生産を行った。ボリス・ルィバコフ ru は、都市と農村での産業を分類した。すなわち都市では鉄工業・ 小鍛冶 業、兵器産業、鍛造・鋳造業、伸線(針金)・宝石細工・ 陶器 ・ 琺瑯 ・ガラス製品産業などが発達した。一方農村では、鍛冶・宝石細工・陶器・ 木材加工 ・皮革加工・織物業などの産業が発達したと述べている [37] 。種々の製品によって、ルーシの名は当時のヨーロッパで広く知られるところとなっていた。たとえば、12世紀以前のフランスにおいては、絹織物を「ルーシ物」と呼んでいた [38] 。.

[31]. [48] [49] [50]. ru [37] 12 [38]. : Wikipedia! 1 キエフ・ ルーシ継承権 ru 1 ru .

質問した人からのコメント

最終更新 年1月1日 水 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. 宗教的な伝承としては、古代ルーシの観念を反映した神話が広範囲に広まっていた。キリスト教が導入(「ルーシの洗礼 ru 」)されると、教会は長年に渡って、教会からみて異教の残滓である忌わしい慣習、悪鬼のような娯楽、冒涜に値するものを排除しようとした。しかしこの種の伝承は人々の風俗の間に保持された。それは初期の宗教的な意味合いを失い [46] 、儀式が娯楽へと変質した [31] 、世紀の直前まで残されていた。.

この項目では、キエフ・ルーシについて説明しています。その他のルーシについては「 ルーシ 」をご覧ください。.

- - - - - - -. - - - - - -キエフ・ ルーシ継承権. [ 1] [1] - 13 [2] ? 11 UTC - Cookie. [46] [46] [51] [52] [46] [53] .

Account Options

キリスト教の導入によって、 識字 力の幅広い層への普及・記述文化の急激な発達が促進された。 カトリック が宗教的な場面で用いる言語を限定したのに対し [54] 、ルーシの地での 正教会 は、キエフ大公国の人々の母語に非常に近い 古代教会スラヴ語 での礼拝を許容した [51] からである。このことは母語で読み書きする力の発達のために好ましい環境を作り上げた [46] 。.

宗教的な伝承としては、古代ルーシの観念を反映した神話が広範囲に広まっていた。キリスト教が導入(「ルーシの洗礼 ru 」)されると、教会は長年に渡って、教会からみて異教の残滓である忌わしい慣習、悪鬼のような娯楽、冒涜に値するものを排除しようとした。しかしこの種の伝承は人々の風俗の間に保持された。それは初期の宗教的な意味合いを失い [46] 、儀式が娯楽へと変質した [31] 、世紀の直前まで残されていた。. 交易は公国の経済活動の主要な要素であり、対外交易は非常に発達していた。 ドニエプル川 を軸とした水路は、ルーシとビザンツをつないでいた。さらに商人たちはキエフから モラヴィア 、 ボヘミア 、ポーランド、ドイツ南部へ、 ノヴゴロド や ポロツク からは バルト海 を経てスカンジナビアや ポメレリア 、その西へと出かけていた [31] 。. 最終更新 年8月20日 月 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

本項は、 キエフ大公国 (ルーシあるいはキエフ・ルーシ)中に 複数の公国 が分立した時代 (年 - 年)についてまとめたものである。.

1 1 2. [25] [26] [27] [26]. 101. - - - - - - -. 11 UTC - Cookie. ru ru ru ru ru ru [28] ruキエフ・ ルーシ継承権.

ヤロスラフ1世は 年 に没した。死に際してヤロスラフは、子供たちを重要な都市へ配して国家を安定させようと図ったが、かえって争いが頻発してしまった。また、ペチェネグ人に代わって ポロヴェツ族 によって度々ルーシが攻撃された。こうしてキエフ大公の権威は低下し、諸公が自立傾向を強めることになった。. ロシア帝国 : 小ロシア - スロボダ・ウクライナ - 新ロシア - クバーニ オスマン帝国 : チョルトムルィークのシーチ - オレーシュコのシーチ - ドナウ川のシーチ オーストリア=ハンガリー帝国 : ハルィチナー - ブコヴィーナ.

本項は、 キエフ大公国 (ルーシあるいはキエフ・ルーシ)中に 複数の公国 が分立した時代 (年 - 年)についてまとめたものである。.

: - - -. 8- 9 [29] 931.

その他の: