シュレースヴィヒ ホルシュタイン戦争

/ 01.10.2020 / Tsuna

こうした経緯の中、再び反乱は起こされた。 ホルシュタイン公国 においてドイツ系の暫定政府が成立し、デンマークからの独立を画策したのである。暫定政府は、 ドイツ連邦 で有力な地位を占める プロイセン王国 の支援と分離の支持を受けていた。一方、 シュレースヴィヒ公国 はデンマーク残留を望んでいた。. デンマークは 2月26日 にはシュレースヴィヒ=ホルシュタインのすべての港、 3月8日 にはプロイセンの全ての港を封鎖の対象と宣言した。.

Slesvigske Krig 、 年 )の開始である。 オーストリア帝国 と同盟したプロイセン軍は、圧倒的な軍備とビスマルクの外交政策により、スウェーデンと欧州列強の中立を導き出し、デンマークを屈服させた。汎スカンディナヴィア主義はこの戦争の敗北により挫折した。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国は、プロイセンとオーストリアに引き渡された。.

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン問題は、結局力によって解決された。 年 には 普墺戦争 が起こり、両公国はプロイセン王国によって併合される。この後デンマークは、挫折から立ち直るために「外で失ったものを内で取り戻そう( Hvad udad tabes, skal indad vindes )」と言うスローガンの元に復興を目指すのである。. カテゴリ : シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争 オスカル1世. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. プロイセン軍は正面からの攻撃が困難と見ると北方のバレガルドからの渡海を企画し、輸送船隻で1隻当たり人分乗することで約20,人の兵員をアルス島に上陸する計画とした。波浪によって二度の延期を挟み、三度目の機会となった6月29日午前2時の夜半から反撃の砲火の中を渡海し、午後3時に上陸に成功した。占領地を拡充し、即日にゾンダーブルクを攻撃。攻略した。7月1日にはアルス島全島の占領に成功した。アルス島の占領が首都 コペンハーゲン に報じられるとデンマークは動揺し、クリスチャン9世はプロイセン・オーストリア両国に和議を提出した。.

最終更新 年12月20日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

226 38. 15 2. [2].

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 終戦交渉は続き、 年 5月8日に ロンドン で最終的に ロンドン議定書 として妥協が成立した。戦争終結は、デンマーク王 フレデリク7世 を英雄に仕立て上げ、スウェーデン王 オスカル1世 に名声を与えたが、事実は勝者無き休戦であった。.
  • この節の 加筆 が望まれています。 主に: 脚注形式での出典明記 ( 年3月 ).
  • カテゴリ : デンマークの歴史 ドイツの歴史 年年 ドイツ帝国 プロイセン王国の国際関係 北欧史 シュレースヴィヒ=ホルシュタインの歴史 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争. シュレースヴィヒ=ホルシュタイン問題は、このようにして終末を迎えたが、デンマーク人が多数定住していた北シュレースヴィヒは、 第一次世界大戦 での ドイツ帝国 の敗退により、戦勝国である 連合国 によって 民族自決 権を与えられた。 シュレースヴィヒの住民投票 ( 英語版 ) を経て、 年 シュレースヴィヒ北部はデンマークに復帰した。中部及び南シュレースヴィヒは、ドイツに残留している。.

1848/03/24~1851年

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 同年に フレデリク7世 が死去すると、 オレンボー家 は断絶し、その後継者として同家の支流 グリュックスブルク家 から クリスチャン9世 が登極した。しかしシュレースヴィヒ=ホルシュタインを巡る争いは決着しておらず、ロンドン議定書で結ばれた内容は現状維持であった。フレデリク7世が生前に布告した「継承令」には、当時の王家による両公国の継承も含まれていた。これを「11月憲法」と言うが、その条目はロンドン議定書には含まれていなかった。この盲点を突いて、プロイセン王国首相 ビスマルク は、条約違反を主張し、「継承令」及び「11月憲法」の撤回を要求した。しかもビスマルクは、 オーストリア帝国 も誘ってデンマークに圧力をかけた。ビスマルクには、多数の住民がドイツ人であることから、同地を併合してキール港を入手し、北海とバルチック海を結ぶ運河を構築する狙いがあった [1] 。.

最終更新 年10月30日 水 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。.

第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争の始まる2年前、モルトケは対デンマーク作戦の諮問を受けて、正面攻撃を避けて側面に迂回し、デンマーク軍が島に撤退して長期戦となることを防ぐ戦略を答申していた。しかし実際の戦争が始まると、プロイセン・オーストリア連合軍の総司令官のフリードリヒ・フォン・ヴランゲル元帥とその参謀長のフォーゲル・フォン・ファルケンシュタインは作戦を認めず、参謀本部も半世紀前の兵站部程度にしか見ていなかった。モルトケはベルリンを離れられず、戦況はフリードリヒ・カール親王の軍団参謀長であるブルーメンタールからの私信で知りうるに過ぎなかった。戦況はモルトケの危惧通り、侵攻には成功したがデンマーク軍は要塞に撤退して長期戦の様相を呈した。プロイセン王国の軍事大臣 アルブレヒト・フォン・ローン はモルトケの正しさを認め、長期戦によるイギリスの干渉を防ぐための戦争指導を仰ぐように国王 ヴィルヘルム1世 にモルトケを推薦した。.

  • 名前空間 ページ ノート. 最終更新 年12月20日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.
  • カテゴリ : シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争 オスカル1世.

: Wikipedia. EU 2 [ ]. [5]. 512 626.

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争

最終更新 年10月30日 水 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。 出典 がまったく示されていないか不十分です。内容に関する 文献や情報源 が必要です。 ( 年3月 ) 出典 は 脚注 などを用いて 記述と関連付けて ください。 ( 年3月 ).

15 2. 1220 UTC - Cookie. 7 [3]. : 3 .

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

Slesvigske Krig 、 年 )の開始である。 オーストリア帝国 と同盟したプロイセン軍は、圧倒的な軍備とビスマルクの外交政策により、スウェーデンと欧州列強の中立を導き出し、デンマークを屈服させた。汎スカンディナヴィア主義はこの戦争の敗北により挫折した。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国は、プロイセンとオーストリアに引き渡された。. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 表示 閲覧 編集 履歴表示. 休戦条約により軍事行動は制限されていたが、シュレースヴィヒ=ホルシュタインの自治獲得運動は継続されていたため、これを看過できなくなったデンマークは休戦期間を2か月残したまま独断で軍事行動を起こした。 年 4月5日 にはデンマーク海軍が シュレースヴィヒ公国 のエッカーンフェルデ湾を襲撃し、艦隊4隻で 艦砲射撃 を行ったが、守備隊の ドイツ連邦 軍砲兵と湾内で撃ち合いとなり、デンマーク艦隊の2隻が降伏し、ドイツ側指揮官の ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト2世 が名を挙げた。.

48 1. 2 45 4 2 2. [5] .

休戦条約により軍事行動は制限されていたが、シュレースヴィヒ=ホルシュタインの自治獲得運動は継続されていたため、これを看過できなくなったデンマークは休戦期間を2か月残したまま独断で軍事行動を起こした。 年 4月5日 にはデンマーク海軍が シュレースヴィヒ公国 のエッカーンフェルデ湾を襲撃し、艦隊4隻で 艦砲射撃 を行ったが、守備隊の ドイツ連邦 軍砲兵と湾内で撃ち合いとなり、デンマーク艦隊の2隻が降伏し、ドイツ側指揮官の ザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト2世 が名を挙げた。.

他のプロジェクト コモンズ. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

814. 15 2. Slesvigske Krig .

その他の: