サッカー 主審 コーナー キック 立ち 位置

公開日: 15.03.2020

身体的接触を伴う反則が起きた時は直接FK(またはPK)で罰せられる。 〈接触を伴う反則の時は直接FKになることを明確化。〉. 第17条 コーナーキック コーナーキックは、プレーを再開する方法のひとつである。 コーナーキックは、グラウンド上または空中にかかわらず、最後に守備側競技者が触れたボールの全体がゴールラインを越え、第10条による得点とならなかったときに与えられる。 相手チームのゴールに限り、コーナーキックから直接得点することができる。. 第 2 条 ボール 品質と規格 ボールは、次のものとする。 ・球形 ・皮革または他の適切な材質 ・外周は、70cm(28インチ)以下、68cm(27インチ)以上 ・重さは、試合開始時にg(16オンス)以下、g(14オンス)以上 ・空気圧は、海面の高さの気圧で、0.

フィールドの 大きさ. ものが含まれる。 ・フィールドやその周辺の状態または天候の状態が試合を開催できるかできないかの決定 ・なんらかの理由による試合中止の決定 ・試合中に使用するフィールドの設備およびボールの適合性に関する決定 ・観客の妨害または観客席でのなんらかの問題により、試合を停止するかしないかの決定 ・負傷した競技者を治療のためにフィールドから退出させるために、プレーを停止するかしないかの決定 ・負傷した競技者を治療のためにフィールドから退出させる必要があるかないかの決定 ・競技者がある種の衣服や用具を着用することを認めるか認めないかの決定 ・(主審の権限が及ぶ場所において)いかなる者(チームまたはスタジアムの役員、警備担当者、カメラマン、その他メディア関係者を含む)のフィールド周辺への立ち入りを許可するかしないかについての決定 ・競技規則またはその試合が行われるFIFA、大陸連盟、または加盟協会およびリーグの規約や規程にある任務に従って主審が下したその他の決定 決定 2 第 4 の審判員が任命されているトーナメントまたは競技会においては、その役割と任務はこの冊子に記載されている国際サッカー評議会で承認されたガイドラインに従ったものでなければならない。 決定 3 ゴールライン・テクノロジー(GLT)が各競技会規定に従って使用される場合、主審は試合前に、このテクノロジーの機能をテストする義務がある。実施すべきテストについては「FIFAクオリティ・プログラム」の「GLTテストマニュアル」に示されている。テクノロジーが「テストマニュアル」に沿って機能しない場合は、主審はGLTシステムを使用してはならず、この事実を各関係機関に報告しなければならない。.

職権と任務 主審は、 ・競技規則を施行する。 ・副審および第 4 の審判員がいる場合はそれらの審判員と協力して試合をコントロールする。 ・使用するすべてのボールを確実に第 2 条の要件に適合させる。 ・競技者の用具を確実に第 4 条の要件に適合させる。 ・タイムキーパーを務め、また試合の記録をとる。 ・競技規則のあらゆる違反に対して、主審の裁量により試合を停止し、一時的に中断し、または中止する。 ・外部からのなんらかの妨害があった場合、試合を停止し、一時的に中断し、または中止する。 ・競技者が重傷を負ったと主審が判断した場合、試合を停止し、確実に負傷者をフィールドから退出させる。負傷した競技者は、試合が再開されたのちにのみフィールドに復帰できる。 ・競技者の負傷の程度が軽いと主審が判断した場合、ボールがアウトオブプレーになるまでプレーを続けさせる。 ・負傷によって出血した競技者を確実にフィールドから離れさせる。その競技者は、止血を確認した主審の合図を受けてからのみ復帰できる。 ・反則をされたチームがアドバンテージによって利益を受けそうなときは、プレーを続けさせる。しかし、予期したアドバンテージがそのときに実現しなかった場合は、そのもととなった反則を罰する。 ・競技者が同時に 2 つ以上の反則を犯した場合、より重大な反則を罰する。 ・警告または退場となる反則を犯した競技者に懲戒処置をとる。主審は、ただちにこの処置をとる必要はないが、次にボールがアウトオブプレーになったときにその処置をとらなければならない。 ・責任ある態度で行動しないチーム役員に対して処置をとり、さらに主審の裁量により、役員をフィールドおよびその周辺から立ち退かすことができる。 ・主審が見ていなかった出来事に関しては、副審の助言によって行動する。 ・認められていない者をフィールドに入らせない。 ・停止された試合の再開を合図する。 ・関係機関に審判報告書を提出する。f)報告書には、試合前、試合中または試合後の、競技者あるいはチーム役員に対する懲戒処置やその他の出来事に関する情報が含まれる。.

第15条 スローイン スローインは、プレーを再開する方法のひとつである。 スローインは、グラウンド上または空中にかかわらず、ボールの全体がタッチラインを越えたとき、最後にボールに触れた競技者の相手競技者に与えられる。 スローインから直接得点することはできない。. 反則ではない 競技者が次のことからボールを直接受けたときはオフサイドの反則ではない。 ・ゴールキック ・スローイン ・コーナーキック. 明らかな得点の機会を除き、退場を命じるべき状況(2回目の警告を含む)では、アドバンテージを適用すべきでない。主審は、次にOOPになったときに退場を命じなければならないが、その競技者がボールをプレーしたり相手選手に挑んだり妨害したりした場合、プレーを停止し、その競技者を退場させ、間接FKでプレーを再開する。 〈 退場になる反則があったとしても、目前の得点機会などでアドバンテージを適用して、レッドカードの対象となる選手がその後のプレーに関わって得点に影響することはフェアではないため、試合を停止しなければならない、ということを明確化。 〉.

自陣ゴールエリアでの間接FKはエリア内の任意の位置。 ゴールエリア内で与えられた間接FKは、違反の起きた地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上にボールを置いて行う。 (相手ゴールエリアの中からは行わないということ).

90m  m  45m50  90m 12cm5. FIFA FIFA FIFA. IP … FK9. IPFKPK 2FK PK.

国際サッカー評議会の決定 決定 1 テクニカルエリアが設置される場合、この冊子の「テクニカルエリア」と題する部分に記載の国際サッカー評議会が承認した要件を満たさなければならない。 決定 2 ゴールライン・テクノロジー(GLT)を使用する場合、ゴールの枠の修正が認められる。修正は「FIFAクオリティ・プログラム」のGLTマニュアルの規定、および前述の「ゴール」の記述に従って行わなければならない。. 決定 2 FIFAの競技会ならびに各大陸連盟および加盟協会の主催下で行われる公式競技会の試合では、ボールに一切の商業広告を付けることは認められない。ただし、競技会、競技会の主催者のエンブレムおよびメーカーの承認された商標は認められる。.
  • ペナルティー マーク. 大きさ タッチラインの長さは、ゴールラインの長さより長くなければならない。 長さ(タッチライン) 最小 90m(ヤード) 最大 m(ヤード) 幅(ゴールライン) 最小 45m(50ヤード) 最大 90m(ヤード) すべてのラインの幅は同じで、12cm(5インチ)を超えてはならない。.
  • 第 7 条 試合時間 プレー時間 主審と両チームとが相互に合意しないかぎり、試合は、前、後半ともに45分間行われる。プレー時間の長さを変更する(明るさが十分でないために前、後半を40分間に短縮するなど)ための合意は、プレーの開始前になされ、また競技会規定に従ったものでなければならない。. 空費された時間の追加 次のことで時間が空費された場合、前、後半それぞれ時間を追加する。 ・競技者の交代 ・競技者の負傷の程度の判断 ・負傷した競技者の治療のためのフィールドからの退出 ・時間の浪費 ・その他の理由 空費された時間をどれだけ追加するかは主審の裁量である。.

2012年07月31日

キックオフ ・一方のチームが得点したのち、他方のチームがキックオフを行う。 ・すべての競技者は、フィールドの自分たちのハーフ内にいなければならない。 ・キックオフをするチームの相手競技者は、ボールがインプレーになるまで9. コーポレートトップ ブランドコンセプト 会社概要 採用について. 進め方 ・主審は、競技者が競技規則どおりの位置についたことを確認した上で、ペナルティーキックを行うための合図をする。 ・ペナルティーキックを行う競技者は、ボールを前方にけらなければならない。 ・他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしてはならない。 ・ボールは、けられて前方に移動したときインプレーとなる。 ペナルティーキックを通常の時間内に行う、あるいは前、後半の時間を延長して行うまたは再び行うとき、ボールが両ゴールポスト間とクロスバーの下を通過する前に、次のことがあっても得点は認められる。 ・ボールがゴールポスト、クロスバー、ゴールキーパーのいずれかまたはそれらに触れる。 主審は、ペナルティーキックがいつ完了したか決定する。.

ゴール サイズ. 進め方 直接フリーキック、間接フリーキック、いずれの場合もキックが行われるときボールは静止していなければならず、キッカーは、他の競技者がボールに触れるまでボールに再び触れてはならない。. ボールと競技者の位置 ボールは、 ・ペナルティーマーク上に置かなければならない。 ペナルティーキックを行う競技者は、 ・特定されなければならない。 守備側のゴールキーパーは、 ・ボールがけられるまで、キッカーに面して、両ゴールポストの間のゴールライン上にいなければならない。 キッカー以外の競技者は、次のように位置しなければならない。 ・フィールドの中 ・ペナルティーエリアの外 ・ペナルティーマークの後方 ・ペナルティーマークから少なくとも9.

3 GLTFIFA FIFA 1. GLTFIFAGLT. A 6 6 .

2018年02月16日

警告となる反則 競技者は、次の7 項目の反則のいずれかを犯した場合、警告され、イエローカードを示される。 ・反スポーツ的行為 ・言葉または行動による異議 ・繰り返し競技規則に違反する ・プレーの再開を遅らせる ・コーナーキック、フリーキックまたはスローインでプレーが再開されるときに規定の距離を守らない ・主審の承認を得ず、フィールドに入る、または復帰する ・主審の承認を得ず、意図的にフィールドから離れる 交代要員または交代して退いた競技者は、次の 3 項目の反則のいずれかを犯した場合、警告される。 ・反スポーツ的行為 ・言葉または行動による異議 ・プレーの再開を遅らせる. ボールがゴールに入る キックされたのち、ゴールに入る前に他の競技者がボールに触れた場合のみ得点となる。 ・間接フリーキックが行われ、ボールが相手ゴールに直接入った場合、ゴールキックが与えられる。 ・間接フリーキックが行われ、ボールが自分のゴールに直接入った場合、相手チームにコーナーキックが与えられる。. 空費された時間の追加 次のことで時間が空費された場合、前、後半それぞれ時間を追加する。 ・競技者の交代 ・競技者の負傷の程度の判断 ・負傷した競技者の治療のためのフィールドからの退出 ・時間の浪費 ・その他の理由 空費された時間をどれだけ追加するかは主審の裁量である。.

ゴール サイズ.

FIFA GLTFIFAGLTGLT.

Sanspoスペシャル

第 3 条 競技者の数 競技者の数 試合は、11人以下の競技者からなる 2 つのチームによって行われる。各チームの競技者のうちの1 人はゴールキーパーである。いずれかのチームが7 人未満の場合、試合は開始されない。. 国際サッカー評議会の決定 決定 1 ボールは、第 2 条の要件に加え、FIFAや各大陸連盟の主催下で行われる公式競技会の試合において、次のいずれかのロゴが付けられていることを条件として使用が認められる。 ・公式の〝FIFA承認〟のロゴ ・公式の〝FIFA検定〟のロゴ ・〝国際試合ボール基準〟のロゴ.

ソックス  (ストッキングと呼ばれていた). 退場となる反則 競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、次の7項目の反則のいずれかを犯した場合、退場を命じられる。 ・著しく不正なファウルプレー ・乱暴な行為 ・相手競技者またはその他の者につばを吐く ・意図的にボールを手または腕で扱い、相手チームの得点または決定的な得点の機会を阻止する(自分のペナルティーエリア内でゴールキーパーが行ったものには適用しない) ・フリーキックまたはペナルティーキックとなる反則で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する ・攻撃的な、侮辱的な、または下品な発言や身振りをする ・同じ試合の中で二つ目の警告を受ける 退場を命じられた競技者、交代要員または交代して退いた競技者は、フィールド周辺及びテクニカルエリア周辺から離れなければならない。.

FKPK FK.   4540.

明らかな得点の機会を除き、退場を命じるべき状況(2回目の警告を含む)では、アドバンテージを適用すべきでない。主審は、次にOOPになったときに退場を命じなければならないが、その競技者がボールをプレーしたり相手選手に挑んだり妨害したりした場合、プレーを停止し、その競技者を退場させ、間接FKでプレーを再開する。 〈 退場になる反則があったとしても、目前の得点機会などでアドバンテージを適用して、レッドカードの対象となる選手がその後のプレーに関わって得点に影響することはフェアではないため、試合を停止しなければならない、ということを明確化。 〉.

フィールドの 大きさ. 国際サッカー評議会の決定 決定 1 主審(また適用されるものに関しては、副審、第 4 の審判員)は、以下のことに法的な責任を負わない。 競技者、役員または観客のあらゆる負傷すべての財産についてのあらゆる損害 主審の競技規則による決定または試合の開催、競技、管理に必要な一般的な進め方に基づく決定によって起きた、あるいは起きたであろうと思われる、個人、クラブ、会社、協会またはその他の団体に対するその他の損失これらの決定には、以下の. イベント企画運営 PR広告掲載 プレスリリース メディア掲載.

0  1 .

知っておきたい:

コメント

  1. ペナルティーエリア ゴールポストの内側から、
  2. 警告となる反則 競技者は、次の7 項目の反則のいずれかを犯した場合、警告され、イエローカードを示される。 ・反スポーツ的行為 ・言葉または行動による異議 ・繰り返し競技規則に違反する ・プレーの再開を遅らせる ・コーナーキック、フリーキックまたはスローインでプレーが再開されるときに規定の距離を守らない ・主審の承認を得ず、フィールドに入る、または復帰する ・主審の承認を得ず、意図的にフィールドから離れる 交代要員または交代して退いた競技者は、次の 3 項目の反則のいずれかを犯した場合、警告される。 ・反スポーツ的行為 ・言葉または行動による異議 ・プレーの再開を遅らせる. IP中にペナルティーエリア内(上の方に記載があるフィールド外の状況も含む)で直接FKの反則をすると、ボールの位置に関係なくPK。 〈上に記載がある「 2人の競技者がプレーの一環としてフィールドの外に出て、そこでファウルを犯した場合でもFKを与える」という内容をここでも記載。 〉 (ペナルティーエリア内に足がかかっている選手がファールを受けたらPKなのか?それとも足がかかっている選手がファールしたらなのか?エリア内ということの判断基準はよくわからない。).
  3. 国際サッカー評議会の決定 決定 1 競技者は、スローガンや広告のついているアンダーシャツを見せてはならない。身につけなければならない基本的な用具には、政治的、宗教的または個人的なメッセージをつけてはならない。 スローガンや広告を見せるためにジャージーまたはシャツを脱いだ競技者は、競技会の主催者によって罰せられる。 身につけなければならない基本的な用具に、政治的、宗教的または個人的なメッセージをつけた競技者のチームは、競技会の主催者またはFIFAにより罰せられる。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 social-blockchain.org | 利用規約 | 連絡先 |