足利 氏 子孫

/ 30.09.2020 / Hayami

動画・番組 8. 数字は室町幕府歴代将軍。 貞氏.

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 平成29年現在、足利家の当主(尊氏から起算して27代目)である足利浩平氏(こうへい)は、今年6月に宝島社から刊行されたムック「別冊宝島 日本史再検証 名家のその後」の中で、以下のように述べています。 『 学習院で昭和天皇と同窓だった先代の惇氏(あつうじ)は、歴史の授業に足利の名が出るたびに、クラス中から憎悪の目で見られ、校長だった乃木希典に校長室に呼ばれて、「悪かったのは尊氏であって君じゃない」といわれて非常に腹が立ったと述懐しています。鎌倉の長寿寺境内に尊氏を弔う五輪塔があり、小学校の先生黙認のもと、児童が塔を崩すこと度々だったと、惇氏は聞いたそうです。明治維新後、特に昭和初期から戦中まで、日本中に身の置き所がない。そういう家だったのです。 一方で、学者仲間だった故三笠宮殿下と惇氏は親交があり、「(北朝系の)うちが天皇をやっているのは足利のお蔭だ」といわれたそうです。祖父の伝聞では、明治天皇は尊氏を大人物として評していたそうですから、おもしろいものです。 』.

不適切な投稿でないことを報告しました。 閉じる. カテゴリ: 室町幕府・足利将軍家 関東公方・関東管領. 並び替え:回答日時の 新しい順 古い順.

[16] [17].

暦応 元年( 年 ): 足利尊氏 延文 3年( 年 ): 足利義詮 応安 元年( 年 ): 足利義満 応永 元年( 年 ): 足利義持. しかし、国朝の代は長くは続きませんでした。 文禄の役が起こり朝鮮出兵のために召集されると、国朝は~騎を率いて喜連川を発ち、朝鮮出兵の拠点となった肥前の名護屋(現在の佐賀県唐津市)に向かいましたが、その道中、安芸の梅田(現在の広島県梅田町)で病死したのです。 真相は分かりませんが、この件について現在の足利家(関東足利氏の子孫)には、「名護屋へと向かうまでに、国朝の軍勢には足利家に心を寄せる武将が次々と参集し、その数は十数万騎にも膨れ上がったため、国朝の人望を恐れた秀吉によって国朝は毒殺された」と伝わっているそうです。. なお、足利義政の弟・ 足利政知 から始まる 堀越公方 家は、第2代公方・ 足利茶々丸 の時代に 北条早雲 によって滅ぼされた。第2代古河公方である 足利政氏 の次男・ 足利義明 から始まる 小弓公方 家も 天文 7年( 年 )に 北条氏綱 によって滅ぼされた。こうして 戦国時代 までに、関東足利氏は政治の表舞台からことごとく姿を消すこととなる。.
  • しかし、華族に列せられたとはいっても、足利家の人達は、明治・大正・昭和という時代を通して、相当な苦労を味わったようです。 というのも、明治時代以降は、 後醍醐天皇 から始まった南朝を正統とする説が主流となり、その後醍醐天皇と対立して北朝を擁立した尊氏は「皇室に弓を引いた逆賊」とか「日本三悪人のひとり」(あとの二人は道鏡と平将門です)などと陰口を叩かれて その名を徹底的に貶められた 事から、その子孫である足利家の人達は、「逆賊の家の者」として、特に戦前・戦中は非常に肩身の狭い思いをせざるを得なかったのです。.
  • 表示 閲覧 編集 履歴表示.

質問した人からのコメント

カテゴリ: 室町幕府・足利将軍家 関東公方・関東管領. 暦応 元年( 年 ): 足利尊氏 延文 3年( 年 ): 足利義詮 応安 元年( 年 ): 足利義満 応永 元年( 年 ): 足利義持. しかし義明の孫・ 足利国朝 は室町幕府滅亡後、天下人となった 豊臣秀吉 に関東公方の足利氏再興を許されて、 足利義氏の娘 と結婚した上で 下野 喜連川 に領地を与えられた。のちに 喜連川氏 に改め、その子孫は 江戸時代 には禄高 石 ながら10万石格の 国主 大名 待遇の家として存続し 喜連川藩 、 明治 以後足利氏に復した。.

ウィキメディア・コモンズには、 足利将軍家 に関連するカテゴリがあります。. 神社仏閣・史跡探訪 足利義種 4.

  • アイコンの説明 知恵コイン 画像投稿.
  • 応仁の乱後に幕府の衰退が明らかになると、朝廷との関係に変化が生じた。 明応の政変 以降に将軍家が事実上分裂し、幕府から朝廷への財政援助も望めなくなると、朝廷はどちらの陣営からでも正式な申請と御訪(必要経費の献上)があれば任官申請を認めるという一種の機械的処理を行うことで、将軍家の内紛が朝廷に影響するのを回避しようとした [2] 。.

JAPAN ID Yahoo. : 15 : 11 : 11 :. 2 [8] [9] [10] 3 .

Account Options

足利尊氏 表示 閲覧 編集 履歴表示. 江戸幕府は、喜連川家を足利氏の祭祀を営む正統(事実上の足利氏の宗家)と認めて厚遇し、喜連川藩は、江戸時代を通して表高無高(おもてだかむだか)、実高は高家旗本並みの五千高程度でありながら、格式は十万石の国主大名並みという破格の待遇を受けました。 しかも、喜連川家は武家官位を受けず無位無官でありながら自称の名乗りが公式の場でも許され、喜連川家は「天下ノ客位」「無位ノ天臣」などと自称していたそうですが、その自称からは徳川将軍家との主従関係すら曖昧であり、喜連川家は、幕藩体制の枠組みに収まらない極めて例外的な存在だったといえます。.

最終更新 年2月17日 月 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

[1] .

足利氏家系図(室町幕府将軍家・清和源氏足利流)

カテゴリ: 室町幕府・足利将軍家 関東公方・関東管領. 義輝の実弟・ 足利義昭 は、永禄11年( 年 )に 織田信長 に擁されて 上洛 し、第15代将軍となった。この時、14代将軍であった 義栄 は 阿波 に逃れた。彼の系統は 平島公方 家と呼ばれる。やがて将軍の義昭は信長と対立して元亀4年( 年 )に京都を追放( 槇島城の戦い )され 備後 に移り、室町幕府は終焉を迎えた。なお 公卿補任 は、天正16年( 年 )に 豊臣政権 が確立し足利義昭が京都で 出家 するまでは将軍職にあったと記録している。.

南北朝 の動乱下にあって、急激に力を持つに至った足利氏一族は必ずしも、宗家当主(尊氏・ 義詮 )の意向に忠実とは言えず、宗家に対する反乱や 南朝 への離反などが相次いだ。尊氏は、正室所生で早逝した 足利高義 の庶弟で、本来、足利宗家の 家督 を継承する立場になかった、という上述の事情も存在した。足利一族の一人である 今川貞世 が『 難太平記 』の中で祖父( 今川基氏 、今川氏2代目当主)以前の歴史を十分に知らないことを告白するとともに [8] 、幕府成立後も一族内に尊氏の系統を 宗家 ・ 嫡流 であることを認めない者がいたこと [9] や今川氏が他の庶流と違って宗家に忠実であったことを主張している [10] 。 このような状況において、 室町幕府 は常に存亡の危機に立たされたが、そのたびに乗り越え、尊氏の孫であり第3代将軍・ 足利義満 の時代になって 南北朝合一 を達成することとなる。.

10 ! 4 5 6. 3 3. : ISBN. : Wikipedia.

ベストアンサーに選ばれた回答

数字は室町幕府歴代将軍。 貞氏. 義栄 表示 閲覧 編集 履歴表示.

JAPAN .

その他の: