トラップ・ オブ・ アルガリア

公開日: 14.03.2020

マリー・アントワネット Fate まりーあんとわねっと. 生前の親友。 『シャルルマーニュ十二勇士』筆頭にして聖剣「デュランダル」の担い手。 脱衣癖持ちの変態だったらしくアストルフォ曰く 「ボクが新聞に載るタイプの問題児なら、アイツは警察に捕まるタイプの問題児」 との事。 とはいえ『FGO material』では、早いとこ来てくれないと困ると文句を言っているため実力は認めている模様。 「ん? 珍しい奴からメール来てる。」 「『空港で』『興奮して』『全裸に』削除削除。身元引受人はノーサンキュー、ノーメルシー。」 「あいつは全裸にならなければいいやつなんだけどなあ……。」.

カタイの王子アルガリアが愛用した黄金の馬上槍。 その名の通り、触れた相手を転倒させる効果があり、サーヴァント相手の場合には相手の足だけを強制的に霊体化させて実体化も封じる。 この効果はバッドステータス付与扱いなので、受けるとしばらく起き上がれなくなるうえに、鎧などによる防御も無視して作用する。 ある意味「必殺」の宝具ではあるが、 ランサークラス に適正を持っていない点からも判るように、彼自身の槍捌きは達人とは言い難いので、不意打ちでない限り格上相手には当たらない。 FGOにおいてはランクDのスキル扱いで、効果は敵単体に確率でスタンを付与するものとなっている。 なお原典においてこの槍は十二勇士全滅をもくろむアルガリア王子が馬上槍試合に持ち込み、まずアストルフォを突き落とす事に成功。しかし二番手の騎士フェローがついカッとなって剣による試合を望んだため フルボッコにされてしまう。 そして馬上槍試合を再開するにあたって折れた槍のかわりにアストルフォが手にしたのが、アルガリアの槍だったのである。 そしてアストルフォの大暴れがはじまるのだが、こういった経緯のため 十二勇士は誰もこれが魔法の槍と気づいていない というオチがつくのである。 そしてそれ故、アストルフォは親友 ブラダマンテ が恋人を救う冒険に出る際、この槍を惜しげもなく託している。.

伝承では金持ちでハンサム、だけどおっちょこちょいという憎めない人物。 功名心が強いのか好奇心旺盛なのか、本編を通じてほとんどどこかに冒険に出ている。 その度にトラブルに巻き込まれたり、起こしたり、解決したりと結構な活躍である。. エドワード・ティーチ Fate えどわーどてぃーち. タグ一覧 登録が多い順.

この世に並ぶもの無き美形ながら、「理性が蒸発している」と例えられるほどのお調子者。 冒険好きのトラブルメーカーで、どこにでも顔を出し、トラブルに巻き込まれ時には巻き起こす。 悪事を働くという概念がなく、好き放題暴れまわるが最悪の事態には踏み込まないというお得な性格。. シャルルマーニュ 生前使えていた主君。どうやら「気持ちのいいバカ」らしく、 誰にどう思われようと、自分の願いを貫いて落命したバカ と並べた上で言っているので、悪感情は持っていないようである。 ローラン 生前の友人。「ボクが新聞に載るタイプの問題児なら、アイツは警察に捕まるタイプの問題児」との事。 早い話が 脱衣癖持ちの変態 。ついでに言うと、 ランスロット と同じ 口説き魔 。 気の置けない友人の様で、扱いは割と雑。 ブラダマンテ 生前の同僚であり従姉妹でもあり親友でもある女騎士。 彼女からは「アーちゃん」と呼ばれ、女装に対しても好意的に受け入れられている。.

Fate. Fate. A… .

世界中を飛び回って様々な伝説を打ちたてた英雄である彼は、角笛、本、幻馬(ヒポグリフ)、黄金の馬上槍など多種多様な 宝具 、魔術礼装を所有している。その為、真名が知られても問題がないタイプの英霊。 しかし、作中ではとある理由から能力の自制をしている。 ちなみに他のクラスだと セイバー に該当するという。. しかし小説版では、大きく吸い込んだ息を角笛に向けて吐き出す事で、龍の咆哮・巨鳥の雄叫び、神馬の嘶きに比肩するほどの魔音を発生させ、レンジ内に存在するものに爆音の衝撃を叩きつける。 純粋な音波によって竜翼兵( 竜牙兵 と妖鳥を合わせた代物)体を一瞬で消し飛ばすほどの破壊力がある、極めて剣呑な広域破壊兵器となり、彼にとっての切り札となった。 対象のHPがダメージ以下だった場合、塵になって四散する。. 性能面では 沖田さん 以来のQ単体セイバー。意識してるのかしてないのか勝利セリフもパクった。 カード構成もカード性能も同じ十二勇士仲間のブラダマンテに非常に近いが、あちらよりQ性能が低め。 スキルは持ってくる宝具の優秀さからかやけに高性能であり、微妙なカード性能をスキルなどで補っていくタイプである。 宝具は事前にQバフが入り、追加効果で宝具封印を付与する。ヒット数が多いため星は結構出るが、リチャージは相変わらず乏しい。.

Fate/Apocryphaの関連商品

注目 StayHome 竈門炭治郎 クラウド・ストライフ ディオスクロイ Fate 竈門禰豆子 ティファ・ロックハート 我妻善逸 カイニス Fate 栗花落カナヲ セフィロス. 伝承では金持ちでハンサム、だけどおっちょこちょいという憎めない人物。 功名心が強いのか好奇心旺盛なのか、本編を通じてほとんどどこかに冒険に出ている。 その度にトラブルに巻き込まれたり、起こしたり、解決したりと結構な活躍である。. 見た目は ピンク髪 の ボーイッシュ な美少女だが、性別は 男 。 いわゆる「 男の娘 」であり、華奢な体格だが骨格はれっきとした男性である。 また、イタズラでステータス画面の性別欄を塗りつぶしたりしているため、作中ではたびたび女の子扱いされている。 そして 彼だけ男性サーヴァントであるに関わらずスリーサイズが用意されている。 純真無垢で明朗快活な少年。 非常に前向きで、かつて多くの失敗や敗北を重ねたにも関らず それらを「挫折」とは考えないスーパーポジティブな性格。 マスターであるセレニケから 一方的に慰み物 にされる という、普通のサーヴァントなら耐え難い屈辱に黙って耐え続けた(むしろ 特に気にしていない )あたり、精神的にも相当タフであることが伺える。 ただ 「理性が蒸発した」 の文言に違わずかなり能天気で、自分から名乗るだけならばまだしも、同じ黒陣営の仲間のこともうっかり真名で呼んでしまうことが多い。 一方で、強大な敵にも立ち向かい、助けを請われれば手を差し伸べる 英雄 らしさも持ち合せている。 一応作者からも ヒロイン のひとりとして扱われているため、 ジャンヌ と並ぶ公式ヒロイン。 イロモノキャラの様だが、その性格と作中の行動から「主人公を救い、導き、救われ、そして共に歩む」王道ヒロインの道を突き進んで…あれ?

目次 [ 非表示 ]. ちなみにQメインサーヴァントなので スカディ システムしたいところだが、Hit数が3しかない上にNP効率もアレなのでリチャージは絶望的。 その代わり宝具の色を自在に変えられる スペース・イシュタル を除くQ全体宝具のサーヴァントで唯一のNP50チャージスキルを持つため、Wスカディとオーダーチェンジ孔明、凸カレを組み合わせると相手のクラスに関係なく宝具が3連射できる。 もちろんカードバフはしっかり乗るので火力底上げ的な意味での相性も良い。.

私服は女性のものを好んで着用し、平然とスカートを履きこなす。 男性のものでも着用に抵抗感は(当然)ないが、 「地味なものが多いからイヤ」 らしい。.

  • 性能面では 沖田さん 以来のQ単体セイバー。意識してるのかしてないのか勝利セリフもパクった。 カード構成もカード性能も同じ十二勇士仲間のブラダマンテに非常に近いが、あちらよりQ性能が低め。 スキルは持ってくる宝具の優秀さからかやけに高性能であり、微妙なカード性能をスキルなどで補っていくタイプである。 宝具は事前にQバフが入り、追加効果で宝具封印を付与する。ヒット数が多いため星は結構出るが、リチャージは相変わらず乏しい。.
  • 理性が蒸発しておりあらゆる秘密を堪えることができない。味方側の真名や弱点をうっかり喋る、大切な物を忘れるなど最早呪いの類い。 このスキルは「直感」も兼ねており、戦闘時は自身にとって最適な展開をある程度感じ取れることが可能。.

Fate. 11 Twitter .

《 『Apocrypha』での活躍 》

シャルルマーニュ 生前使えていた主君。どうやら「気持ちのいいバカ」らしく、 誰にどう思われようと、自分の願いを貫いて落命したバカ と並べた上で言っているので、悪感情は持っていないようである。 ローラン 生前の友人。「ボクが新聞に載るタイプの問題児なら、アイツは警察に捕まるタイプの問題児」との事。 早い話が 脱衣癖持ちの変態 。ついでに言うと、 ランスロット と同じ 口説き魔 。 気の置けない友人の様で、扱いは割と雑。 ブラダマンテ 生前の同僚であり従姉妹でもあり親友でもある女騎士。 彼女からは「アーちゃん」と呼ばれ、女装に対しても好意的に受け入れられている。.

生前の親友。 『シャルルマーニュ十二勇士』筆頭にして聖剣「デュランダル」の担い手。 脱衣癖持ちの変態だったらしくアストルフォ曰く 「ボクが新聞に載るタイプの問題児なら、アイツは警察に捕まるタイプの問題児」 との事。 とはいえ『FGO material』では、早いとこ来てくれないと困ると文句を言っているため実力は認めている模様。 「ん? 珍しい奴からメール来てる。」 「『空港で』『興奮して』『全裸に』削除削除。身元引受人はノーサンキュー、ノーメルシー。」 「あいつは全裸にならなければいいやつなんだけどなあ……。」. Apocrypha本編では黒のライダーとして参戦。 お調子者ではあるものの、黒の陣営では ケイローン先生 と並ぶ人格者であり、英雄らしい人格の持ち主。 自分がやりたくないと思ったことは絶対にやらないが、助けたいと思えば無償で人を助けることも厭わない。.

Apocrypha. Fate .

目次 - Contents

わっはっは! わーはっはっは!来たよ来たよついに来たとも! クラス、セイバー! アストルフォ! ホントホント、ホントに最優のセイバーだってば!何だったら出るとこ出てもいいから! コホン。ともかくよろしくね、親愛なるマスター!. 性能面では 沖田さん 以来のQ単体セイバー。意識してるのかしてないのか勝利セリフもパクった。 カード構成もカード性能も同じ十二勇士仲間のブラダマンテに非常に近いが、あちらよりQ性能が低め。 スキルは持ってくる宝具の優秀さからかやけに高性能であり、微妙なカード性能をスキルなどで補っていくタイプである。 宝具は事前にQバフが入り、追加効果で宝具封印を付与する。ヒット数が多いため星は結構出るが、リチャージは相変わらず乏しい。.

伝承では金持ちでハンサム、だけどおっちょこちょいという憎めない人物。 功名心が強いのか好奇心旺盛なのか、本編を通じてほとんどどこかに冒険に出ている。 その度にトラブルに巻き込まれたり、起こしたり、解決したりと結構な活躍である。. 見た目は ピンク髪 の ボーイッシュ な美少女だが、性別は 男 。 いわゆる「 男の娘 」であり、華奢な体格だが骨格はれっきとした男性である。 また、イタズラでステータス画面の性別欄を塗りつぶしたりしているため、作中ではたびたび女の子扱いされている。 そして 彼だけ男性サーヴァントであるに関わらずスリーサイズが用意されている。 純真無垢で明朗快活な少年。 非常に前向きで、かつて多くの失敗や敗北を重ねたにも関らず それらを「挫折」とは考えないスーパーポジティブな性格。 マスターであるセレニケから 一方的に慰み物 にされる という、普通のサーヴァントなら耐え難い屈辱に黙って耐え続けた(むしろ 特に気にしていない )あたり、精神的にも相当タフであることが伺える。 ただ 「理性が蒸発した」 の文言に違わずかなり能天気で、自分から名乗るだけならばまだしも、同じ黒陣営の仲間のこともうっかり真名で呼んでしまうことが多い。 一方で、強大な敵にも立ち向かい、助けを請われれば手を差し伸べる 英雄 らしさも持ち合せている。 一応作者からも ヒロイン のひとりとして扱われているため、 ジャンヌ と並ぶ公式ヒロイン。 イロモノキャラの様だが、その性格と作中の行動から「主人公を救い、導き、救われ、そして共に歩む」王道ヒロインの道を突き進んで…あれ?

StayHome Fate Fate ! FGO Grand Order. Q Q Q. : :. Fate .

このためメインストーリーではなかなかに不遇な目に合っている事に。 現在セミラミス、ケイローン、アキレウスなど未実装のApocrypha勢がそれなりに残っている為に 彼らに合わせて断章や第二部で出番がある事を祈るとしよう。. ライダー フラグメンツ らいだー. シャルルマーニュ 生前使えていた主君。どうやら「気持ちのいいバカ」らしく、 誰にどう思われようと、自分の願いを貫いて落命したバカ と並べた上で言っているので、悪感情は持っていないようである。 ローラン 生前の友人。「ボクが新聞に載るタイプの問題児なら、アイツは警察に捕まるタイプの問題児」との事。 早い話が 脱衣癖持ちの変態 。ついでに言うと、 ランスロット と同じ 口説き魔 。 気の置けない友人の様で、扱いは割と雑。 ブラダマンテ 生前の同僚であり従姉妹でもあり親友でもある女騎士。 彼女からは「アーちゃん」と呼ばれ、女装に対しても好意的に受け入れられている。.

FGO material   …….

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 social-blockchain.org | 利用規約 | 連絡先 |