織田 信長 本願寺 焼き討ち

/ 25.09.2020 / Wattan

年月日 : 元亀 2年 9月12日 ( 年 9月30日 ). 九月十二日、・・・大鉄炮にて城中へ打ち入れ、攻められ候。・・・敵身方の鉄炮、誠に日夜天地も響くばかりに候。・・・然らば野田、福島種々懇望致し、・・・、御許容これなく、・・・野田、福島落去候はば大坂滅亡の儀と存知候歟。・・・、一揆蜂起候と雖も、異る子細なく候。・・・ (引用: 『信長公記 巻三 野田福島御陣の事の条』インターネット公開版 ).

経済的に封鎖された本願寺は、毛利輝元に援助を要請した。輝元は要請に応じ、7月15日に 村上水軍 など 毛利水軍 の船から艘(実際は艘程度と言われる)が兵糧・弾薬を運ぶために大坂の海上に現れた。織田軍はすぐさま、配下の 九鬼水軍 など余艘で 木津川 河口を封じたが、毛利水軍は数の利を生かして 焙烙火矢 で織田軍の船を焼き払い、大勝して本願寺に兵糧・弾薬を届けた( 第一次木津川口海戦 )。信長は仕方なく、三方の監視のみを強化して一旦兵を引いた。.

加えて『信長公記』でも焼き討ちの理由は比叡山が浅井、朝倉方についたのでその憤りを散ぜんがためと記しており、「年来の御胸朦(わだかまり)を散ぜられおわんぬ」としている。すなわち焼討ちは敵対した者に対する攻撃であったというのが本質である [7] 。『信長公記』の記す「天道のおそれをも顧みず、淫乱、魚鳥を食し」云々の下りは(事実ではあるが)大義名分であり、討伐するための論理である [8] という指摘がある。. 先の比叡山の攻防戦では、比叡山側は信長が横領した寺領の返還を約束する講和も拒絶し、浅井・朝倉連合軍を援けたりもしたので、軍事的拠点を完全に破却しようと考えたとしている [2] 。 信長包囲網 で各勢力から包囲される中、近江の平定と比叡山の無力化が戦線打破の重要課題と考えられていた。比叡山の無力化とは、比叡山が信長方に属さない以上、軍事的役割の抹殺つまり比叡山の徹底的破壊を意味している。. 顕如退去後に教如が講和に反して石山を占拠したため、本願寺は顕如と教如の2派に分かれ、顕如は誓約違反を問われることになってしまった。結局、教如も石山を出ることで内紛には決着がつき、天正10年( 年 )6月の 本能寺の変 の信長の死の直後に顕如と教如は朝廷の仲介により和解するが、顕如は内紛の核となった教如を廃嫡し3男の 准如 を嫡子と定めた。 文禄 元年( 年 )11月、顕如が死没すると豊臣秀吉の命で教如が本願寺を継ぐが、 如春 (顕如の妻、教如・准如らの母)らが顕如の遺志にもとづき秀吉に働きかけたため、翌年に教如は隠居させられ弟の准如が跡を継いだ。しかしその後も教如は大坂の大谷本願寺(難波御堂、現在の 真宗大谷派難波別院 )を本拠地として、各地の門徒へ本尊の下付などの法主としての活動を続けたため、この時点で本願寺は准如を支持する派と教如を支持する派に事実上分裂した。 慶長 7年( 年 )、教如は以前より昵懇だった 徳川家康 による土地の寄進を受け、京都の七条烏丸に 東本願寺 を建てたために、本願寺は東西に分かれることとなった。.

いつもご高覧賜りまして、深く御礼申し上げます。 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。.

: Wikipedia. 32. 88211 ?

  • 比叡山焼き討ち (ひえいざんやきうち)は、 元亀 2年 9月12日 ( 年 9月30日 )に現在の 滋賀県 大津市 の 比叡山 延暦寺 で行われた戦い。この戦いで 織田信長 は 僧侶 、学僧、 上人 、 児童 の首をことごとく刎ねたと言われている。またこの戦いは ルイス・フロイス の 書簡 [1] にも記載されている。一方、近年の 発掘調査 から、施設の多くはこれ以前に廃絶していた可能性が指摘されている。. メールでお知らせ 新規記事追加をメールで受信.
  • 場所 :現在の 滋賀県 大津市 比叡山 周辺.

地形で解く日本史の謎

Time limit is exhausted. この他『信長公記』には退城の期限は7月20日だったと書かれている。また、講和条約に署名したのは顕如の3人の側近 下間頼廉 ・下間頼龍・ 下間仲孝 だった。. 一部の資料などでは、本願寺側が突然裏切り攻めかかって来たので、信長は非常に驚いたとありますが、 あの戦略家の信長が不意打ちを受けたとは考えにくい ので、プロセスとしては 『陰徳太平記』あたりが述べていることが、流れとしては納得できそう ですね。.

大坂石山本願寺は、元は本願寺第8世法主 蓮如 が隠居先として選んだ場所であり、大坂御坊(石山御坊)と呼ばれた。畿内では本願寺は京都山科を本拠としていたが、一向一揆を背景として本願寺の影響力が強くなると、その武力を恐れた 細川晴元 は 日蓮宗 徒の 法華一揆 らと結託し、 天文 元年( 年 )8月に 山科本願寺 を焼き討ちした( 山科本願寺の戦い 、 天文の錯乱 )。これにより山科は廃墟となり、本願寺は本拠を新たに定めなければならなくなった。本願寺は当時、 加賀 に大きな勢力を持っていたが、加賀は信者の往来には不便であり、京都からも遠かった。また、山科焼失の前年に 大小一揆 と呼ばれる本願寺一門内の内戦を加賀で起こしており、現地の門徒の間には本願寺への不信感があった。そこで10世法主 証如 は京都に近く、交通の便の良い大坂御坊を本願寺の本拠とし、石山本願寺と改称した。こうして、石山本願寺は本願寺の本拠として発展した。.

織田信長 九鬼嘉隆. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

717. 24. 1011 UTC - Cookie. 12 9 .

日本の歴史を動かした戦国武将伝 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康など約1100記事、比較的マイナーな武将も詳しくご紹介 senjp.com

九月十二日、・・・大鉄炮にて城中へ打ち入れ、攻められ候。・・・敵身方の鉄炮、誠に日夜天地も響くばかりに候。・・・然らば野田、福島種々懇望致し、・・・、御許容これなく、・・・野田、福島落去候はば大坂滅亡の儀と存知候歟。・・・、一揆蜂起候と雖も、異る子細なく候。・・・ (引用: 『信長公記 巻三 野田福島御陣の事の条』インターネット公開版 ). 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 顕如 下間頼廉 鈴木重秀 乃美宗勝 村上武吉.

715 ? 717 ! 1124 [6] .

昭和 後期に大講堂の建替え工事や 奥比叡ドライブウェイ の工事に伴う発掘調査が断続的に行われ、比叡山焼き討ちに関する 考古学 的再検討が行われた。. この時の戦いの様子については「 高屋城の戦い 」を参照. 織田信長と本願寺の間で和睦成立後に、 石山御坊の伽藍から出火して全焼 してしまいますが、その原因は?. Twitter で フォローしよう! Follow jpreki. 織田信長 と 石山本願寺 の戦いが始まった本当の理由をお話します。.

4 414 1. 2 81117103! - -. [5]. 10. 2 912 930 .

反権力的な民衆の抵抗運動ではなかった?

名前空間 ページ ノート. 石山合戦 (いしやまかっせん)は、 元亀 元年 9月12日 ( 年 10月11日 )から 天正 8年 8月2日 ( 年 9月10日 )にかけて行われた、 浄土真宗 本願寺 勢力と 織田信長 との戦い。本願寺法主の 顕如 が 石山本願寺 に篭って戦った。.

年月日 : 元亀 2年 9月12日 ( 年 9月30日 ).

4 414 1 ?

その他の: