戦国 無双 柴田 勝家

/ 23.09.2020 / Tani

戦場こそ武士に相応しき死に場所。 なれど、無謀の末に死しては、それは功とは呼べぬぞ。 光秀「受けるダメージ量は決して無視できるものではない故、採用は慎重に検討するべきでしょう。 勝家殿ならば、猛砕の方がまだ割に合うかと。」 光秀、べらべらと五月蝿いわ!. Go to the comment page. 尚、本作の流浪演武を含め、創作物での勝家はお市との結婚以前は生涯独身だったという説が採用される場合が屡あるものの、 勝家自身若年時代の詳細が不明なため、あくまで創作物におけるフィクションとの説も強い。 一部史料では側室や幼い実子だと推定される人物の名が載っている上に、後の配偶者であるお市が正室としての立場であったことから、 恐らくは「若いころに元の正室と結婚したが、勝家が織田家臣として活躍している最中に死別したために最終的に晩年にお市と再婚した」 ということが考えられる。 しかしながら、一部資料などで勝家がお市に惚れ続けていたというエピソードがあることに加え、「地位的に主君の女性を娶るだけの力を持っていた」 「妻帯していない武将が当時としては異常であったとは言え、同じく生涯独身であった 上杉謙信 とは違い晩年に妻を娶ったのだから、 謙信のケースとは別物である」といった反論も一部であり、彼に纏わる資料に乏しい以上、現在も憶測・論争は絶えない。.

ライコウブジンフ 雷公武神斧. 上述のように勇猛であっただけでなく、 信長 からも強い信頼を得ていた。また 前田利家 とも親しく、利 家 が 信長 のお気に入りの 茶 坊主 を 斬 って 織田 家 を出奔した際も、利 家 を気にかけていたとされる。. 晩年の勝 家 もVe r2 で登場。 コスト は2. 戦場こそ武士に相応しき死に場所。 なれど、無謀の末に死しては、それは功とは呼べぬぞ。 光秀「受けるダメージ量は決して無視できるものではない故、採用は慎重に検討するべきでしょう。 勝家殿ならば、猛砕の方がまだ割に合うかと。」 光秀、べらべらと五月蝿いわ!. 反逆の章:「 金ヶ崎撤退戦(反逆の章) 」クリア. 織田家筆頭家老の地位にある重鎮。 「鬼柴田」や「かかれ柴田」など、数多くの異名を持つ猛将であるが、 一時は 織田信長 に背き、信長の弟・信勝に仕えたこともあった(長良川の戦い)。 本能寺の変では同僚の 羽柴秀吉 に後れを取り、織田家の後継者争いで後手に回る。 政略結婚で織田家に戻っていた お市 と再婚するが、 賤ヶ岳の戦い で敗れた後、彼女と共にこの世を去った。.

此度のわしはパワータイプ。いずれ自力で防御を打ち崩せよう。 癖のない火力補助としてならば悪くは無い。天舞天攻を用いるのあれば、神速攻撃やチャージ攻撃が差し込みやすくなろうが.

CV. 1 2. CV 398   .

戦国とはパラレルな関係にある 鬼畜王ランス でも登場、どちらにも織田家武将である。 どちらの勝家も ロリコン 趣味である。戦国~では同僚の乱丸に惚れられているが、 彼からすれば対象外だが、乱丸は戦災孤児の幼女を養子にすることで、 結婚することに成功する。ちなみに 合法ロリ も対象外という筋金入りである。 戦力としては攻撃より防御面に秀でた足軽部隊として重宝するなど、 見た目や言動は猛将だが、一般的な勝家のイメージとはまるで違うと言って良い。. II 4-IIでは扱いに殆ど変更なし…の筈だったのだが。 上記のおかん属性が「百花繚乱の章」であまりにも意外な展開を見せてくれている。 「…突き抜けすぎよ」( 支配人 談). 無 骨 な性分で古い気質の 武士 と評されることが多い。 お市 に対して慕情を抱きつつも直接表したりはせず、 男女 関係などは 不器用 。2ではそれが お市 との 微妙 な 距離 感にあらわれ、3ではその 力 強さが 彼女 の新しい支えとなる。.
  • 通称「六」。大柄で巨乳な姫武将。 詳細は 柴田勝家 織田信奈の野望 を参照。.
  • 佐久間盛政 さくまもりまさ.

柴田勝家の強さと人物像考察!

CV: 弦徳 赤髭の猛将として描かれている。コストは3で武力9、統率力8で特技は攻城持ちと、「鬼柴田」の名に恥じぬ能力値である。 固有の陣計略である「掛かれ柴田」を持つ。陣を発動した自分自身が敵陣目指して強制的に一直線に進んでしまうようになるデメリットを持っているものの、範囲内の味方の武力を大きく上昇させる事が出来る為、大抵のぶつかり合いでは負ける事は無い。 そのデメリットゆえ、自陣の防衛は不向きであるものの、攻めで力を発揮する勇猛さと武骨な性格が表現された味わい深いカード。 『 掛かれ、掛かれいっ! 邪魔する者はなぎ倒せっ! 』. 紅蓮88 金剛79 体力77 攻撃89 防御85 馬術86 無双増加68 攻撃速度70 こちらは金剛属性が文字通りに付加されている。 修羅が無い以外はほぼ万全の業物。.

初段の範囲が甘いのはやや気になる所。無論、出し切った方が安全である。 全段属性付加 。. 信長 が 織田 家 中を統一すると、以後は 天下統一 の為に奔走。 朝倉 攻め、 長島 一向一 揆 、 姉 川 の戦いなどに参戦し各地を転戦する。. 織田信長 ・ お市 ・ 前田利家. このような名前の武器等は無いが、武器の形状等から考えると仏教の守護神・金剛力士(コンゴウリキシ)が由来だと思われる。 金剛力士は金剛杵(コンゴウショ)という武器を持って仏法を守護する神で、仁王という別名でもよく知られている。 この守護神は二体の神をもって一つとするのが通例で、一般的には阿形(アギョウ)像、吽形(ウンギョウ)像という名が知られているが、 それぞれ那羅延(ナラエン)金剛力士、密迹(ミッシャク)金剛力士という正式名がある。 ちなみに、この武器はなぜか「コンゴウブフ」「コンゴウブセン」の二種類の読み方が存在する。 今回はルビがふっていないのだが、どちらの読み方なのだろうか?.

二丁斧の柄頭同士を合致させて更に大きな一つの武器と見立てる荒業。範囲も速度も優秀である。 全段属性付加 。.

Ve r2 2. 1 2. 2 NPC 2 3Z 2 Em p ire s .

■プレイアブルキャラクター

出自は不明、尾張の武将である柴田勝義の子と言われるがはっきりしない。また生年についても大永6年(年)など諸説入り乱れている状態である。 若年の頃より、尾張にて急速に勢力を拡大しつつあった 織田信秀 に仕え重用された。その信秀が死去すると、信秀の子にあたる 信勝 ( 信長 の弟)の家老となり、信秀の主筋であった 織田信友 と信長・信勝との間で繰り広げられた尾張国内の覇権争いでも武功を立てている。 しかし主君・信勝が次第に信長との対立姿勢を鮮明に打ち出す中で、勝家もまた 林秀貞 らと共に信勝を当主の座に据えようとするも、両者の激突は信長側の勝利に終わり、勝家らは 土田御前 (信長・信勝の生母)のとりなしによって辛うじて助命されるに至っている。 この敗戦を機に、勝家は信長の器量を認めるようになった一方で、主君である信勝は勝家ではなく新参者の 津々木蔵人 を重用。この事への遺恨から信勝による再度の謀反の企てを信長へと密告し、信勝を見限る格好となった。そしてこの密告を受けた信長は信勝を粛清し、跡目争いを収束させている。その際、勝家は信勝の遺児・ 津田信澄 の養育を信長から任された。.

また 越前 を治めていた頃に 刀 狩を行い、集めた武具を作り変えて農具にし、 領民 に渡したと言う。. Online: - Today: - Yesterday: - Total: -. 筋骨隆々の巨体に鬼のような強面で、怪力を誇る猛将。 若い頃は信長の弟・ 織田信行 のシンパだったが、お市を可愛がっていることを 平手政秀 に見抜かれ、信長陣営に何度も勧誘される。 信長が尾張を統一した後も腹心として仕えるが、お市が浅井家に嫁いだ際には意気消沈し 青鬼 のようになっていた。 特技 は甕割り 頭突き 。.

CC. CV. 1134 1 .

Ve r2. また 越前 を治めていた頃に 刀 狩を行い、集めた武具を作り変えて農具にし、 領民 に渡したと言う。. S 真田丸では、一部シナリオで敵として登場するのみ。 副戦場の賤ヶ岳が省略されたため、 茶々 との直接の絡みも無いのは残念。 兼ね役のためか、一部に追加台詞はあるのは救いか。. 瓶割り柴田 かめわりしばた.

Ve r2 2.

天正10年(年)、勝家率いる北陸方面軍は越中の上杉方の拠点・魚津城の攻囲に乗り出し、3か月に亘る戦いの末これを陥落せしめた。しかしその魚津城が落城したのは6月3日、その前日に発生した 本能寺の変 により、主君・信長が横死した直後の事であった。 勝家らがその事実を知ったのはさらに数日後の6月6日の事で、これにより北陸方面軍は北ノ庄城まで引き上げ、大坂にて四国攻めに備えていた 織田信孝 や 丹羽長秀 らと連携の上、信長を討った 明智光秀 への弔い合戦を挑む計画を立てた。 しかし上杉側による妨害工作もあり、実際に北陸方面軍が近江へ発ったのはそれから10日以上後になっての事であり、その途上で羽柴秀吉率いる中国方面軍が光秀を討ち果たしたという報せに接する事となった。 光秀は倒れたとはいえ、信長と嫡男・ 信忠 亡き後の織田氏を誰が率いるか、そしてその遺領をどのように配分するか、この二点を中心に勝家を始めとする主だった家臣の間で討議が行われる事となった。世に言う「 清州会議 」である。 この時、勝家は信長の三男で関係も深かった信孝を後継者として推し、対して秀吉が信長の嫡孫・三法師( 織田秀信 )を擁して対立、同席していた丹羽長秀や 池田恒興 が最終的に秀吉に与した事で、三法師の家督擁立が決したとされている。しかし実際のところは勝家も含め、会議に参加した重臣達の間では三法師の家督擁立は既定路線であり、清州会議にて話し合われたのはあくまで「三法師を支える体制」についてであったと見る向きもある。 また領地の再配分については勝家の希望に沿う形で北近江の三郡、そして秀吉の旧領であった 長浜城 を得る形となった一方、石高の上では河内・山城を加増された秀吉が勝家を逆転し、光秀討伐の立役者である事も追い風となって織田家中での立場においても、勝家が秀吉に取って代わられる格好となった。 ちなみに、この会議をきっかけに勝家は信長の妹・ お市 と再婚している。かつては信孝の仲介によるものとされてきたこの再婚であるが、一方で会議の結果に対する勝家の不満を抑えるべく、秀吉の計らいにより再婚に向けた動きが進められた、とも見られている。.

初段の範囲が甘いのはやや気になる所。無論、出し切った方が安全である。 全段属性付加 。. Ve r2. 衝撃波を伴った攻撃を中心に恩恵を受けられよう。 固有神術にも反映される故、そちらを中心に立ち回るならば選択肢に入ろうぞ。.

その他の: