現実 世界 ゲーム

/ 18.09.2020 / Maria

人類(あるいは他の知的生命体)が滅亡する前にそのような技術レベルに到達する可能性は、 ドレイクの方程式 の値に大きく依存している。ドレイクの方程式は、ある時点で星間通信可能な技術レベルに達している宇宙における知的種族の数を与えるものである。この方程式を解くと、人類以上に進んだ文明が存在するという結果が得られる。実際の宇宙とシミュレートされた宇宙の全ての平均値が 1 以上であれば、そのような文明が歴史上必ず存在するということになり、そのような文明がシミュレーションを行う意志を持っていれば、平均的な文明がシミュレーション内にある可能性は非常に高くなる。.

量子論 増補第4版 ニュートン別冊.

人間の身体のエーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体などのエネルギーの体の存在はどう説明するんだろう。 正直いって単なるデータだったらますますやる気がなくなります。こうなりたいとかないし、何が楽しい?って感じ。人に遊ばせてもらうのとかも嫌いだったし、何でもやりたいことあったら言ってと言われても、それをやったからといってどんな意味があるのやらって思ってしまう。ばかばかしい。それなりにいやなことを避けて、ささやかな趣味やら食欲で時間を経過させてるけどそれは退屈しのぎ。これ以上ここにいるのはもう飽きた。そう何回かいえば この世界から消える呪文でしたね。怖い目にあうのはイヤなんでムリにログアウト希望はしないですけど残酷ですね。これが実験やらゲームだとしたら。 この感情もAIの作ったパターンなのかな。魂はあるのか?単なるデータ?心と言われる物も情報の産物? どうなんだろう。地球で言うところの人間って 人間で言うところの皮膚についた細菌みたいな存在ですよね。小さすぎて事の全容がわからなすぎて歯がゆいです。 長々失礼しました。.

物理学における連続体の仕様が、物理的宇宙のシミュレーションを不可能にしているとする見方もある。 実数 すなわち 不可算無限 を物理学から排除すると、コンピュータシミュレーションの可能性が生まれる。. など世界は数学を基本に成り立っている。 スイス人工知能研究所のJuergen Schmidhuberは ほんの僅かな初期パラメーターと数行のプログラムで 宇宙すべてを記述できる可能性を示唆した。.

難しい理論的な部分は抜きにして、非科学的だけど仮想現実って考えたほうが合理的というおもろいパラドックスのなかにぼくらがいると思います。 あと、仮想現実なので、年齢や過去は案外関係ないかもしれませんね(笑) こちらいつもコメントやリアクションくださって本当にありがとうございます!!. 楽しく拝読させていただきました。 この世が仮想現実であろうがなかろうが、目の前にある出来事を日々こなしていかないといけないと思います。その中で何か自分が安らげるようなものと出会えればとても幸せだと思いました。.

Elizabeth S. しかし、シミュレーションが現代の MMORPG の進化したものだとすれば、何らかの道徳観念がそこに生まれると考えることもできる。例えば、シミュレーションのある参加者が別の参加者の手をハンマーで打ったとしたら、感覚のインタフェースによって痛みが感じられ、その被害者が現実世界に戻っても何らかの影響を被っている可能性がある。.

神は万物の原理であるために、かえって神に作られた万物は原理としての神を完全に理解できないとするのが否定神学である。 私たちは神について直接知ることはできないという考え方である。 例えば、あなたは飼い犬に朝刊を持ってくるように訓練したとするが、この飼い犬はどのように訓練してもその新聞に書かれている内容を理解することはない。同様に、私たちの知性は制限されており、究極の真実を知ることができないように作られているのだ。何が分からないのかそれすら理解できないようになっているのだ。 ただし中途半端に人類に知性を与えたお陰で、近年では科学というツールを用いてこの世の成り立ちがさまざまに調べられ、 (量子力学に代表される) この世のほころびがあちこちで見つかっている。 我々が「宇宙」の演算結果であるとしたら、それを解明することが本質的に困難なのは、「演算結果が演算を理解する」困難さなのかもしれない。 宇宙の始まり、生命の始まり、意識の始まり、これら3つの究極の謎の解明に常に立ちはだかるのが量子力学の壁である。そして我々人類はこの量子力学を理解できないように作られているのかもしれない。 「人間には思い描くことのできるものがあり、できないものもある。実在の本質はそうした理解を超えたところにある」(レオナルド・サスキンド).
  • この世がというか地球が仮想空間だとしたら、ゲームのsimシティ的な感じなんですかね。そうだとしたらぞっとします。1人1人には何の制約もなく死んだら終わりでただのデータだったらむなしいです。前世の記憶がある人も前作った人のデータのコピーである可能性ありますよね。全部作るの面倒で。 スピリチュアル的な話 魂は永遠ってのがいいです。 地球は監獄惑星で犯罪者の魂を地球に捨てに来てるとか、地球は隔離されていて、人間は牧場の牛と同じで感情を生産する植物としての存在で刈り取りの時期が来たら、災厄で殺していまわの際に出るエネルギーを収穫し、それを宇宙人が薬として使ってるとかいうのはしってましたが、単なるデータってのが一番辛辣です。 確かに人間は見たり聞いたり感じたりできる範囲が狭くこれを現実とするには知らない範囲が多すぎると思います。.
  • あまりに精巧に作りすぎたがゆえの失敗 人類に知性を与え、宇宙を理解することを可能にしたお陰で、 仮想現実世界の住人に仮想世界であることが悟られちゃった、糞ゲーム。しかも、世界には敵意と憎しみを蓄積させ、プレイヤーには苦痛を与える悪魔のようなシステム。クソゲー・オブ・ザ・ユニバース。. Ross Cambridge: Cambridge University Press, — reprinted with corrections , Volume I,

この世界が現実である可能性は10億分の1

Haldane and G. コンピュータによるシミュレーションには、ボイドと呼ばれる隙間や バグ があって、内部からも判る場合があるかもしれない。そのようなものを見つけ、検証できるなら、それによってシミュレーテッドリアリティの内部にいることを証明できる可能性がある。しかし、物理法則に反する事柄は、他にも説明できる仮説が考えられる(神など)。映画『 マトリックス 』で描かれたように、 既視感 などの日常的な奇妙な体験も何らかのバグとして説明できる可能性がある。.

人間の身体のエーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体などのエネルギーの体の存在はどう説明するんだろう。 正直いって単なるデータだったらますますやる気がなくなります。こうなりたいとかないし、何が楽しい?って感じ。人に遊ばせてもらうのとかも嫌いだったし、何でもやりたいことあったら言ってと言われても、それをやったからといってどんな意味があるのやらって思ってしまう。ばかばかしい。それなりにいやなことを避けて、ささやかな趣味やら食欲で時間を経過させてるけどそれは退屈しのぎ。これ以上ここにいるのはもう飽きた。そう何回かいえば この世界から消える呪文でしたね。怖い目にあうのはイヤなんでムリにログアウト希望はしないですけど残酷ですね。これが実験やらゲームだとしたら。 この感情もAIの作ったパターンなのかな。魂はあるのか?単なるデータ?心と言われる物も情報の産物? どうなんだろう。地球で言うところの人間って 人間で言うところの皮膚についた細菌みたいな存在ですよね。小さすぎて事の全容がわからなすぎて歯がゆいです。 長々失礼しました。.

意識は、フロイトも述べているように、脳内部を知覚対象とした感覚器官の一種です。「意識する。」と言ったら、「意識感覚器官で知覚する。」ことを意味しています。 この意味で、意識知覚している世界は、脳内部の事象なので、『仮想現実』と呼んでも間違いではありません。 知的生命体が意知覚している世界は、古来の言葉を使えば、『ゆめ、うつつ、まぼろし』の3つが存在しています。 うつつ(現)体験は、通常の覚醒時の体験です。この時、意識知覚している世界は、外部感覚器官からの信号によって構成されています。現実世界をスクリーンに映して、そのスクリーンを見ているようなものです。だから、日常体験では、現実と意知覚が一対一に対応しているので、「我々は現実世界を体験している。」と見なしても、不都合は生じません。 ゆめ(夢)体験は、夜寝ているいる時に体験します。夢の原因は、心の中に蠢いている様々なストレスやテンションです。外部感覚器官から流入した信号ではありません。この意味で、夢は完全な現実に基づかない架空体験(仮想現実)です。 まぼろし(幻)体験は、別名、『死後幻覚』とか『もののけ』『お迎え現象』と呼ばれています。ほとんどの方は、体験が無いと思います。この為、この現象は、現象の存在自体が認められていません。うつう体験と区別が付かないほど、リアルな体感を伴っているので、しかも、今まで体験したことの無い程の深い満足体験を伴っているので、しばしば、「死後の世界に迷い込んだ。」「お花畑を見た。」「UFOに拉致された。」「神と遭遇した。」と語られています。夢以上に完全な仮想現実の世界です。 返信する.

私たちには自由意志が与えられていないのに、自由に振舞っているという幻想が与えられている。私など存在しないのに、記憶によって繋がれることで、私という自我が存在するように感じている。全能で完全な善である神などいないことは明らかなのに、その存在を信じるようにプログラムされている。この世界は「外部から創造がなされた」ことは明白なのに、「無からの創造」を信じている。 」.

1 Meditations on First Philosophy … [5] [5]. Haldane and G. sim11   .

コンピュータによるシミュレーションには、ボイドと呼ばれる隙間や バグ があって、内部からも判る場合があるかもしれない。そのようなものを見つけ、検証できるなら、それによってシミュレーテッドリアリティの内部にいることを証明できる可能性がある。しかし、物理法則に反する事柄は、他にも説明できる仮説が考えられる(神など)。映画『 マトリックス 』で描かれたように、 既視感 などの日常的な奇妙な体験も何らかのバグとして説明できる可能性がある。. シミュレーション仮説 (シミュレーションかせつ)とは、人類が生活しているこの世界は、すべて シミュレーテッドリアリティ であるとする 仮説 のこと。シミュレーション理論と呼ぶ場合もある。.

しかし、シミュレーションが現代の MMORPG の進化したものだとすれば、何らかの道徳観念がそこに生まれると考えることもできる。例えば、シミュレーションのある参加者が別の参加者の手をハンマーで打ったとしたら、感覚のインタフェースによって痛みが感じられ、その被害者が現実世界に戻っても何らかの影響を被っている可能性がある。.

: Wikipedia. Elizabeth S. … … .

この世は全てバーチャルである

コメントを残す コメントをキャンセル メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前 メールアドレス サイト. 意識は、フロイトも述べているように、脳内部を知覚対象とした感覚器官の一種です。「意識する。」と言ったら、「意識感覚器官で知覚する。」ことを意味しています。 この意味で、意識知覚している世界は、脳内部の事象なので、『仮想現実』と呼んでも間違いではありません。 知的生命体が意知覚している世界は、古来の言葉を使えば、『ゆめ、うつつ、まぼろし』の3つが存在しています。 うつつ(現)体験は、通常の覚醒時の体験です。この時、意識知覚している世界は、外部感覚器官からの信号によって構成されています。現実世界をスクリーンに映して、そのスクリーンを見ているようなものです。だから、日常体験では、現実と意知覚が一対一に対応しているので、「我々は現実世界を体験している。」と見なしても、不都合は生じません。 ゆめ(夢)体験は、夜寝ているいる時に体験します。夢の原因は、心の中に蠢いている様々なストレスやテンションです。外部感覚器官から流入した信号ではありません。この意味で、夢は完全な現実に基づかない架空体験(仮想現実)です。 まぼろし(幻)体験は、別名、『死後幻覚』とか『もののけ』『お迎え現象』と呼ばれています。ほとんどの方は、体験が無いと思います。この為、この現象は、現象の存在自体が認められていません。うつう体験と区別が付かないほど、リアルな体感を伴っているので、しかも、今まで体験したことの無い程の深い満足体験を伴っているので、しばしば、「死後の世界に迷い込んだ。」「お花畑を見た。」「UFOに拉致された。」「神と遭遇した。」と語られています。夢以上に完全な仮想現実の世界です。.

これらの主張は、チューリングマシンよりも強力とされる仮説的な ハイパーコンピュータ 上でのシミュレーションには当てはまらない [8] 。しかし、シミュレーションを行っているコンピュータが、シミュレートされている世界にあるコンピュータ以上の能力を持っているかどうかを知る方法が全く存在しない。シミュレーションの中と外で同じ物理学的法則が成り立つ必要はないので、シミュレーションの外部では違う物理法則にしたがってコンピュータがより強力であるかもしれない。. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用.

You know, you come from nothing - you're going back to nothing!

我々が暮らす現実は巨大なマルチプレイヤー・ゲーム

わかりやすくて面白かったです! 持論ですが、 この世界は自分の意識が創り出したモノだとしても、このコメントを見た誰かが「いやいや、私の意識も存在してるよ」と書き込むかもしれない。 それは本当に他人の意識が存在しているのか、世界が自分にバレないようにその様な振る舞いをしているのか、今の技術では絶対に突き止められないと思う。 どちらかの証明は出来ないけれど、自分一人の意識だけでは世界がつまらなくなっちゃうから、誰かが創ったこの世界に色んな人がログインしている様な感じであることを祈っています笑 後者の場合は、その誰かがいる世界も創られた世界かもしれないワケで、キリがないのですが… 返信する えっふさん コメントありがとうございます。 こういうの妄想し始めると止まらないですよね笑 >誰かが創ったこの世界に色んな人がログインしている様な感じであることを祈っています笑 後者の場合は、その誰かがいる世界も創られた世界かもしれないワケで、キリがないのですが… この世界観めっちゃ好きです。そうなると、その創られた世界も創られて、一体始まりはなんのかってところまで妄想しますよね。笑 返信する.

神は万物の原理であるために、かえって神に作られた万物は原理としての神を完全に理解できないとするのが否定神学である。 私たちは神について直接知ることはできないという考え方である。 例えば、あなたは飼い犬に朝刊を持ってくるように訓練したとするが、この飼い犬はどのように訓練してもその新聞に書かれている内容を理解することはない。同様に、私たちの知性は制限されており、究極の真実を知ることができないように作られているのだ。何が分からないのかそれすら理解できないようになっているのだ。 ただし中途半端に人類に知性を与えたお陰で、近年では科学というツールを用いてこの世の成り立ちがさまざまに調べられ、 (量子力学に代表される) この世のほころびがあちこちで見つかっている。 我々が「宇宙」の演算結果であるとしたら、それを解明することが本質的に困難なのは、「演算結果が演算を理解する」困難さなのかもしれない。 宇宙の始まり、生命の始まり、意識の始まり、これら3つの究極の謎の解明に常に立ちはだかるのが量子力学の壁である。そして我々人類はこの量子力学を理解できないように作られているのかもしれない。 「人間には思い描くことのできるものがあり、できないものもある。実在の本質はそうした理解を超えたところにある」(レオナルド・サスキンド).

CantGoTu環境の概念は、 ゲオルグ・カントール の 対角線論法 、 クルト・ゲーデル の 不完全性定理 、 アラン・チューリング などに代表される 計算可能性理論 の三つを基礎として、それらを バーチャルリアリティ 環境に適用したものである。 デイヴィッド・ドイッチュ が The Fabric of Reality (年)の中で提唱した。.

[4].

その他の: