熊野 重巡洋艦

/ 13.09.2020 / Midori

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 水交社でクラスメイトの土井輝章中尉に会った。軽巡「木曽」に乗り込んでいる。 11 月 13 日の空襲で沈座したが、大部分の機銃は水面上に出ているので、毎日交代で出かけて対空警戒に当たり、米機が来襲したら射撃しなければならないという。沈むことはないのだから、これでは機銃か乗員が直撃されない限り戦闘を続けることになる。.

若い中、少尉のガンルームは、小沢甲板士官(応急班指揮官)井ノ山機関長付、渡辺通信士、機銃群指揮官岡野一郎少尉、電機部付中村治哉少尉、飛行部付平井有幸少尉の6名が戦死した。ブルネイ出撃時の 20 名が 10 名戦死、3名重傷、残るは7名。私の火傷まで軽傷に入れれば、6名が軽傷で、無傷は藤島航海士だけだった。. 午後9時 30 分、「熊野」は横付けを離し行進を起こした。針路を南西ないし南南西にとり、クリオン島東側の小さな島々を縫うようにして進む。横付け中に機関を整備した成果であろう、測定すると約 12 ノット出ている。.

人見艦長はコロン行きを変更して、パラワン島中部の西岸にあるウルガン湾に向うことにした。針路を南西にとり7ノットで進む。左前方の水平線にマストが見えてきた。フネなら味方である。駆逐艦らしい。もう1隻、妙高型だ。1水戦の「霞」と 21 戦隊の「足柄」だった。両艦とも 24 日の夜にスリガオ海峡へ突入した第2遊撃部隊の所属である。救援にきてくれたのだ。. この辺がよかろうと高橋少尉らと艦橋のすぐ下の機銃台に腰を下ろしたが、いささか涼しすぎた。おまけにうそかまことか知らないが、艦橋でやたらに潜水艦探知の報告をしているのが耳に入る。艇長は慣れているからか舵もとらない。幾度か水中探知機伝令の声に眠りを妨げられているうちに夜が明けた。水道を通過してマニラ湾に入り、今度は空襲を気にしている間に無事マニラ着、上陸した。さあ 機でも来いと言いたい気分である。.

最終時 21号電探 1基 22号電探 2基 13号電探 1基. 重巡洋艦熊野の 艦内神社 は 熊野坐神社 現・熊野本宮大社 [11] 。本艦建造時、熊野坐神社本殿を模した艦内神社が寄贈されたという [12] 。毎月1日には熊野神社例祭が行われていた [13] 。.

20323171205 USS Spadefish, SS 1 28253921. 19. 21 .

  • 士官室士官は湘南閣、士官次室士官は海軍クラブと、別れて宿泊することになった。私は新井田中尉と海軍クラブの8畳の間をもらい、寒いので早速寝床にもぐりこむ。昼食、夕食ともなかなかのご馳走であった。なにしろマニラの食事は悪かったからか・・・。久しぶりに畳の上で床の間の花を眺めたりドテラを着たりして故郷の情緒を楽しんだ。夕食後、羊羹 かん やバナナを詰め込んで動けなくなっていると、青山中尉がメリヤスのシャツを持ってきてくれた。赤い顔をしている。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.
  • がぜん艦橋は色めきたった。次いで艦橋の左2番見張員が目標を捕らえる。私はすぐ代わって大型眼鏡についた。灰色の水平線上にマストがずらりとならび、濛 もう 気にゆれて見える。空母や巡洋艦らしきものも見える。まさしく敵艦隊、距離はまだ3万メートル以上はあろう。.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宿舎では 10 数人の社員が、 20 人ほどの士官のために、親身になって世話をやいてくれた。交代で小さな風呂に入り、油と塩水を流す。服は生乾きだったが、さっぱりとした気分になった。. この船団は3千トン以下の油槽船3隻と海上トラックと呼ばれる小型貨物船3隻より成り、駆潜艇5隻が護衛する。平均速力は9ノットで、ルソンの西を陸岸ぎりぎりに北上するが、米潜の襲撃を顧慮して。走るのは昼間だけに限り、毎夜、港に入る計画なので、高雄着は1週間後の 11 日になる。. 最も驚かされたのは、工作分隊長、木原通信大尉の話であった。木原大尉は 10 名ほどの部下と、右舷の下の方の1室にいたが、艦はあっという間に沈んでしまった。「熊野」は左に 度か 度くらい回転して着底したらしい。水深 26 メートルだったから、水圧もその区画を押し潰すようなことはなかった。.

翌 26 日の朝、食堂に山県航海長以下の士官が集まり、今後のことについて打ち合わせが行われた。いずれマニラに移ることになろうが、少なくとも数日は自給自足するほか、いろいろ仕事がある。重傷者の処置、遺体の収容、戦死者、生存者の名簿の作成、その他の作業の分担が決められた。. 妙高 那智 足柄 羽黒. やがてDC - 3は晴れ上がった空に向かって台北をあとにし、快適な飛行を続けた。空間の1点で静止しているかのようである。.

10 26. 48. 61 33 ? 45 23 .

あまり下品な史実は嫌よ?

栗田健男中将が率いる遊撃部隊主力は、昭和1 9 年 10 月 22 日の午前8時、ブルネイを出撃した。第1(第2)部隊に分かれ、戦艦3(2)、重巡6(4)、軽巡1(1)、駆逐艦9(6)から成っている。. 戦いは終わった。敵機は集結してから姿を消し、零戦も去った。夜のとばりが下りてきた。命中した魚雷、爆弾はなく、至近弾で艦底の1部に浸水したが、航海に支障はない。しかし、機銃掃射による死傷者が各部に出ている。朝の魚雷命中前の対空戦闘のとき、1発は天蓋にあった高射指揮官付 葮葉 よしば 利定少尉の腹部を貫き、足下の甲板、つまり艦橋の天井を抜けて、私の左隣にいた電測士宮地睦雄少尉の臀部から右足を貫いた。宮地少尉は重傷を負い、葮葉少尉は間もなく死亡した。.

若い中、少尉のガンルームは、小沢甲板士官(応急班指揮官)井ノ山機関長付、渡辺通信士、機銃群指揮官岡野一郎少尉、電機部付中村治哉少尉、飛行部付平井有幸少尉の6名が戦死した。ブルネイ出撃時の 20 名が 10 名戦死、3名重傷、残るは7名。私の火傷まで軽傷に入れれば、6名が軽傷で、無傷は藤島航海士だけだった。.

32. 12 .

ごきげんよう、概要ですわ

道了丸は海防艦 26 号とともに翌日午前7時出港、マタ31船団の後を追った。こうして内地回航の出鼻をくじかれた「熊野」は、ここサンタクルーズにおいて、掃海艇 21 号(8日午前、海防艦 18 号と交代)ただ1隻を警戒艇として、前途多難を予想される停泊状態に入ったのである。. 間もなく、艦橋のふるえが止まった。幸い、錨か錨孔が海底に食い込んだらしい。探照灯の光源の方位が変わらなくなった。危機は去った。時間の経過とともに風は次第に弱まってきた。朝になって、艦位を出してみると、南東に メートルほど流されている。さしたる被害はなかった。.

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. ほどなく雁ノ巣飛行場着。5ヵ月ぶりに内地の土を踏んだ。 12 月4日の午後4時ごろであったろうか。. 隠しカテゴリ: ウィキデータにある座標 ISBNマジックリンクを使用しているページ.

30 40 20. 30. 11 30. 30. 16 7. 18 26 ?

各 仕様 はそれぞれ 鈴谷改二 、 鈴谷航改二 とほぼ同じなため、使う際の注意点も 鈴谷 に準じる。 ステータス 的にはほぼ 誤差 の範疇ではあるが、 鈴谷 と 比 較すると 若干 防御より( 鈴谷 のほうが攻撃より)な位置付けとなっている。. あたかもラッパを合図にしたかのように、つぎつぎと敵機が現れた。TBF約 20 機、SB2C 10 数機、計 30 数機である。やっかいな相手だ。1番砲塔の国旗が急いで引っ込められた。増速が令されて航跡はますます大きい。編隊は1万数千メートル離れて「熊野」の周囲を旋回する。. 表示 閲覧 編集 履歴表示. カッターが帰艦して揚収された。司令部付の最後の1人は索 なわ はしごに手をかけようとしたとたんに「鈴谷」が動き出したため、乗れずにまた「熊野」に戻ってきた。.

10 26. 4 [6]. 20 !

その他の: