ネオ・ コーポラティズム論

公開日: 17.02.2020

コーポラティズム ( 伊 : Corporativismo 、 英 : Corporatism )とは、 政治 ・ 経済 分野における 共同体 の概念の1つで、 国家 や社会などの集団の、 有機体 的な関連性と相互の協調を重視する [1] [2] 。. 国家コーポラティズムの典型例としては、イタリアのファシズムにおける「コーポラティスト国家」が挙げられる。これは元 マルクス主義者 でファシストの アルフレド・ロッコ [18] が理論化した。このほか、 ポルトガル の エスタド・ノヴォ など、 戦後 の イベリア半島 や ラテンアメリカ の権威主義諸国も国家コーポラティズムの性格を有していた。. 市場 - 物々交換 - 経済計画.

コーポラティストの共同体や社会的相互作用の視点では、 キリスト教 や イスラム教 、 ヒンドゥー教 、 仏教 、 儒教 などの 宗教 が、多くの主要な世界では一般的である [16] 。またコーポラティズムは 政治的スペクトル をまたがった多くの イデオロギー を使用してきており、それには 絶対主義 や 資本主義 、 保守主義 、ファシズム、自由主義、 進歩主義 、 反動主義 、 社会民主主義 、 社会主義 、 サンディカリスム などが含まれる [17] 。. コーポラティズム的な着想は、 19世紀 後半以降の非常に多種多様な思想の中に垣間見ることができる。具体的には、. 利益集団システムのとしてのネオ・コーポラティズムに対して対極に位置づけられるのが 多元主義 である。すなわち、.

第二段階は、一九七〇年代以降に提出された(ネオ)コーポラティズム像であり、国家主導型ではなく、戦後のオーストリアやスウェーデンに代表されるような「下からの要請」に基づく団体主導型のモデルを指す。シュミッターは次のように特徴づけている。 1 義務的・資格制限的加入ないし高い組織率、 2 組織内セクター間の非競争性、 3 的・設計的秩序、 4 指導者の自選、 5 独占的に利益を代表し協議することの認可、 6 利益団体の集中と統合(単一性)、および、 7 協調的で圧力や闘争のない政策決定過程である。これに対して、 4 以外の特徴のすべてを満たさない社会、すなわち利害団体が産業内において競合しているような社会を「多元主義」という。また 2 以外の特徴をすべて満たさない社会を「サンディカリズム」という。シュミッターは西欧諸社会がコーポラティズムからサンディカリズムへ向かっていると捉えたが、その後の研究は、 1 ~ 7 の特徴を用いた分類装置の考案と実証的研究によって、様々な傾向を指摘している。.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

[26]. Berger ed.

戦後のヨーロッパの小国(北欧諸国やオーストリアなど)では、集権的な利益集団システムや、政府・労働組合・経営者団体の協調に基づく政策過程が観察された。シュミッターや ゲルハルト・レームブルッフ は、国家コーポラティズムとの外見的類似性から、このような政治システムをネオ・コーポラティズムと呼称した。. 特に 年代 に 先進諸国 が スタグフレーション に喘ぐ中で、ネオ・コーポラティズム体制を構築していた 開放経済 の諸国は比較的良好な経済パフォーマンス(低 失業率 、低 インフレ率 )を維持していた。ネオ・コーポラティズムは、このことを説明する政治的要因としても着目された。.
  • 経済部門 公的セクター と私的セクター 第三セクター ( NPO 、 NGO ). 体制変更 国有化 と 民営化 - 公営化 自由化 - 企業化 - 規制緩和 社会化 - 集産主義 - 共同所有権 市場化 - 収用 - 金融化.
  • 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 利益集団システムのとしてのネオ・コーポラティズムに対して対極に位置づけられるのが 多元主義 である。すなわち、.

労使の利益集団システムが高度に集権化されている場合、政府は、それぞれ頂上団体にそれぞれのセクターの利害を包括的・独占的に代表させ、利害調整のパートナーとして政策決定過程に組み込むことがある(利益表出)。また、政策決定における独占的な地位と引き換えに、政労使の利害調整を経て決定された政策について、労使の頂上団体が円滑な政策実施に対して責任を負う。そして、頂上団体は、当該政策が自分たちの利益に適うことを下位組織に説明し、その受容を強要する(利益媒介)。さらに、 行政機関 に代わって労使の利益集団が政策実施の一部を担うこともある [20] 。このように、利益集団が政策過程に組み込まれる度合いが高いほど、コーポラティズム度は高く位置づけられる。.

第二段階は、五〇~八〇年代、社会主義国で実際に市場的要素を導入する動きと、それに対応した現実的な諸構想である。ソ連ではスターリンを批判したフルシチョフが、経済に市場メカニズムを導入するという改革を行った 一九五六-六八年 。利潤指標や最終需要責任などによって企業に自主性をもたせ、中央当局は十数個の指標のみを用いるという改革案であったが、このもくろみは、ソ連がチェコ-スロバキアの急進的な市場社会主義運動を武力で弾圧するや頓挫してしまった。一方、その他の東欧諸国および中国では、市場経済の導入が徐々に進んだ。コルナイ、ノーヴ、ブルス、セルツキーらは、現実の計画経済の非効率性(ソフトな予算制約やインセンティヴのなさ)を批判し、新たに、マクロ経済政策と労働者の自主管理企業の複合、分権的決定、市場の大幅な導入などを提案した。.

利益集団システムのとしてのネオ・コーポラティズムに対して対極に位置づけられるのが 多元主義 である。すなわち、. 第二段階は、一九七〇年代以降に提出された(ネオ)コーポラティズム像であり、国家主導型ではなく、戦後のオーストリアやスウェーデンに代表されるような「下からの要請」に基づく団体主導型のモデルを指す。シュミッターは次のように特徴づけている。 1 義務的・資格制限的加入ないし高い組織率、 2 組織内セクター間の非競争性、 3 的・設計的秩序、 4 指導者の自選、 5 独占的に利益を代表し協議することの認可、 6 利益団体の集中と統合(単一性)、および、 7 協調的で圧力や闘争のない政策決定過程である。これに対して、 4 以外の特徴のすべてを満たさない社会、すなわち利害団体が産業内において競合しているような社会を「多元主義」という。また 2 以外の特徴をすべて満たさない社会を「サンディカリズム」という。シュミッターは西欧諸社会がコーポラティズムからサンディカリズムへ向かっていると捉えたが、その後の研究は、 1 ~ 7 の特徴を用いた分類装置の考案と実証的研究によって、様々な傾向を指摘している。.

其の他の経済形態 アングロサクソン - 封建制 グローバル - 狩猟採集社会 情報経済 新興工業経済地域 宮殿 - 農園 - プランテーション経済 ポスト資本主義 - 脱工業化 社会市場 - 社会主義市場経済 象徴 - 伝統 移行 国家資本主義 - 統制経済.

経済体制 市場経済 と 計画経済 と 混合経済 開放経済 と 閉鎖経済 デジタル経済 - 二重経済 贈与経済 - 非公式経済 自然経済 - 連帯経済 - 自給自足経済 地下経済 - 仮想経済. ネオ・コーポラティズムは主に 賃金 政策や マクロ経済 政策の分析に使用される概念である。これを例にとって定義すると以下のとおりである。.

[21] [22] [23] 1. Miriam Golden, vol?

関連語をあわせて調べる

Schmitter, "Interest Intermediation and Regime Governability in Contemporary Western Europe and North America," Organizing Interests in Western Europe , Suzanne D. 戦後になって新たな社会民主主義の理念が表明されたのは、社会主義インターナショナルが採択したフランクフルト宣言 一九五一年 においてである。そこでは、ソ連型社会主義への反対と非妥協、経済的民主主義の確立などが謳われている。この時期の社会民主主義は、経済面では生産手段の私有にもとづくケインズ主義政策、政治面では民意に基づく自治・参加型の社会労働運動を意味している。これに対して「社会 主義的 民主主義」とは、生産手段の公的所有をめざす政策理念をいう。また「民主的社会主義」とは、この時期の社会民主主義と同じ意味であり、ただしその蔑称的なニュアンスを消し去っている。.

ネオ・コーポラティズム論において、インフレ率などの経済指標と労働組合の強さの関係について、通説と異説の見解に分かれる [24] 。. コーポラティズム的な着想は、 19世紀 後半以降の非常に多種多様な思想の中に垣間見ることができる。具体的には、.

- - - - - - -. [21] [22] [23] 1. 427 UTC - Cookie.

コーポラティズム的な着想は、 19世紀 後半以降の非常に多種多様な思想の中に垣間見ることができる。具体的には、. ドイツにおける両党は、やがてドイツ社会主義労働党 一八七五年 へと合同し、マルクス主義を支持してドイツ社会民主党 一八九〇年 へ改称する。このドイツ社会民主党が主導した国際的労働組織=「第二インターナショナル」 一八八九-一九一四 の初期には、社会民主主義は、理論・理念上はマルクスの社会革命論と歴史法則主義を支持しつつ、実際の政策的要求は改良主義的・自由民主主義的なものを掲げていた。.

また、普遍主義的な社会保障政策は、失業率が上昇すると一気に財政負担が増大してしまうことから、 完全雇用 の実現が前提条件となる。このため、普遍主義を志向する 福祉国家 では 積極的労働市場政策 が推進されることが多い。ネオ・コーポラティズムの性格が強い国では、生産性の高い産業への労働者の移動や、産業の再編・合理化に対して、労働組合が協力(もしくは率先して推進)することがある(たとえば レーン=メイドナー・モデル や フレキシキュリティ )。.

  • 他のプロジェクト コモンズ.
  • 戦後になって新たな社会民主主義の理念が表明されたのは、社会主義インターナショナルが採択したフランクフルト宣言 一九五一年 においてである。そこでは、ソ連型社会主義への反対と非妥協、経済的民主主義の確立などが謳われている。この時期の社会民主主義は、経済面では生産手段の私有にもとづくケインズ主義政策、政治面では民意に基づく自治・参加型の社会労働運動を意味している。これに対して「社会 主義的 民主主義」とは、生産手段の公的所有をめざす政策理念をいう。また「民主的社会主義」とは、この時期の社会民主主義と同じ意味であり、ただしその蔑称的なニュアンスを消し去っている。.
  • 第二段階は、一九七〇年代以降に提出された(ネオ)コーポラティズム像であり、国家主導型ではなく、戦後のオーストリアやスウェーデンに代表されるような「下からの要請」に基づく団体主導型のモデルを指す。シュミッターは次のように特徴づけている。 1 義務的・資格制限的加入ないし高い組織率、 2 組織内セクター間の非競争性、 3 的・設計的秩序、 4 指導者の自選、 5 独占的に利益を代表し協議することの認可、 6 利益団体の集中と統合(単一性)、および、 7 協調的で圧力や闘争のない政策決定過程である。これに対して、 4 以外の特徴のすべてを満たさない社会、すなわち利害団体が産業内において競合しているような社会を「多元主義」という。また 2 以外の特徴をすべて満たさない社会を「サンディカリズム」という。シュミッターは西欧諸社会がコーポラティズムからサンディカリズムへ向かっていると捉えたが、その後の研究は、 1 ~ 7 の特徴を用いた分類装置の考案と実証的研究によって、様々な傾向を指摘している。.
  • 経済部門 公的セクター と私的セクター 第三セクター ( NPO 、 NGO ).

: Corporativismo : Corporatism 1 [1] [2] ? [12] [13] ネオ・ コーポラティズム論 [15] ! [24]. Cameron, ? 1 2 3 4 5 6 7 4 2 1 7. [21] [22] [23] 1.

たとえばスウェーデンは従来からネオ・コーポラティズムの典型例と言われてきたが、 社会民主労働党 の下野( 年 、 年 )に象徴される労働組合の退潮、年代以降の賃金交渉の分権化、 行政改革 、 税制改革 、福祉政策の削減など、ネオ・コーポラティズムの著しい衰退が指摘されている [26] 。. カテゴリ : コーポラティズム ファシズム サンディカリスム 労働運動 経済思想 労働社会学 政治システム 有機体論. 戦後のヨーロッパの小国(北欧諸国やオーストリアなど)では、集権的な利益集団システムや、政府・労働組合・経営者団体の協調に基づく政策過程が観察された。シュミッターや ゲルハルト・レームブルッフ は、国家コーポラティズムとの外見的類似性から、このような政治システムをネオ・コーポラティズムと呼称した。.

ただし、 フィリップ・シュミッター は、思想としてのコーポラティズムも、政治システムとしての国家コーポラティズムも、検討が十分ではないと指摘している [19] 。.

[20]. - - - - - - -. 19 .

知っておきたい:

コメント

  1. 市場 - 物々交換 - 経済計画.
  2. コーポラティズムは、階層的な機能という 社会学 的な概念に関連している [12] 。集団的で社会的な相互交流や相互作用は、家族や一族や民族などの 親族 集団の中では一般的である [13] 。人間以外でも ペンギン などの一部の動物の種は、強い集団的な社会組織を示す事が知られている [14] 。自然では 有機体 の 細胞 は、集団的な組織体と相互作用を含むことが認識されている [15] 。.
  3. ドイツにおける両党は、やがてドイツ社会主義労働党 一八七五年 へと合同し、マルクス主義を支持してドイツ社会民主党 一八九〇年 へ改称する。このドイツ社会民主党が主導した国際的労働組織=「第二インターナショナル」 一八八九-一九一四 の初期には、社会民主主義は、理論・理念上はマルクスの社会革命論と歴史法則主義を支持しつつ、実際の政策的要求は改良主義的・自由民主主義的なものを掲げていた。. また、普遍主義的な社会保障政策は、失業率が上昇すると一気に財政負担が増大してしまうことから、 完全雇用 の実現が前提条件となる。このため、普遍主義を志向する 福祉国家 では 積極的労働市場政策 が推進されることが多い。ネオ・コーポラティズムの性格が強い国では、生産性の高い産業への労働者の移動や、産業の再編・合理化に対して、労働組合が協力(もしくは率先して推進)することがある(たとえば レーン=メイドナー・モデル や フレキシキュリティ )。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 social-blockchain.org | 利用規約 | 連絡先 |