氷菓 愚者 の エンドロール

公開日: 01.03.2020

伊原:本郷から誰が犯人役か聞いていなかったか? A:鴻巣に頑張れよとかなんとかいっていたような。 伊原:では役者の人に聞いてないか、誰かそういう話を受けていないか? A:誰も。 伊原:物理的なトリックなのか、心理的なトリックなのか? A:どうちがうんだ?. 名前: コメント:. 翌日、里志とあるいていた奉太郎は休日に自らいくなんて珍しいという里志に入須先輩から問題解決の勅令を預かったという。里志はいつかそうなるだろうと思っていたという。千反田さんだろ?と。しかしそれを否定、そしてお前はお前にしか出来ないことはあるか?と訊いた。しかしないねと里志。最初に言ったろう福部里志には才能がないと。わかった入須先輩にのせられたねと。それでも自分の資質を危ぶむわけだ。  奉太郎は自分は里志を高く買っている。お前はいつか日本でも指折りのシャーロキアンになれると。すると里志はシャーロキアンよりもこころ惹かれるものはあると。そして羨ましい限りだよねと意味ありげに呟くといってしまった。.

アニメ【氷菓】 11話、愚者のエンドロールについて 古典部のメンバーで、唯一、奉太郎だけが、本郷女子の脚本 ラストを読み取れなかったのは、何故なのでしょう? 智志、まやか、えるたちが、それぞれ、本郷ならどんなラストシーン を書いたかと推理していたのに、奉太郎だけがそうは考えず ミスリードされてしまった要因は、どこにあったのでしょう? また、入須との会話で、『心からの言葉ではなかった。それを、嘘と とるかは、あなたの自由よ』と言われた奉太郎が、『それを聞いて 安心しました』と言ったのは、なぜなのでしょう? わかる人いますか? わたし、気になります! 補足 奉太郎としては、珍しく、本郷なら・・・と言う基本的な部分を 推理の支柱から除外してしまった。ただ、本郷の謎賭けを 解く側に回って、惨敗。 入須の『君は特別よ』と言う言葉に最後まで、踊らされてしまいました。 その時の奉太郎は、バラ色だったのか、灰色だったのか。. 現在JavaScriptが無効になっています。 Yahoo! JAPAN IDを暗号化するなど、個人を特定することができない情報に処理したうえで投稿内容、投稿日時などの投稿に関する情報を大学、独立行政法人などの研究機関に提供します。 Yahoo!

そこで羽場案が披露。計画的犯行ではなく、たまたま条件がそろったため犯人は犯行に及んだ。その理由は海藤が自発的に上手袖の鍵を選んだから。そしてこれは密室殺人。唯一のルートの窓の外には足跡などはない。つまり海藤を殺した犯人は普通には逃げられなかった。では犯人はマスターキーで侵入。しかしこれは成立しない。鍵がある事務室には玄関ロビーを通らなければならないがどの人物にも見られてしまう。つまり右手通路自体に近づくことが出来ない。  トリックを仕掛けるのに密室に近づくことさえ出来ないから。  羽場は続ける。被害者が密室を作ったことも否定される。他の可能性、機械仕掛けの殺人や、早業殺人も不可能。  そこでもってきた袋から登山用のザイルを出す。小道具班だった羽場は本郷から人が乗っても切れないロープをと要求されていた。これの使い方わかるだろ?という。誰も答えないので羽場は続ける。一階から入れないなら二階からはいればいいと。二階の右通路には鴻巣がいた。鴻巣は華奢にみえて登山部。二階からザイルで1階に侵入、海藤を殺し2階へ逃走した。あの映画にタイトルをつけるなら「不可視の侵入」というところだろうと。  そこで君らの意見を聞こうかというところで千反田しゃっくり。奉太郎はザイルのほかになにか本郷から注文はなかったかと。羽場はむらっけがあったのか、指示されていた血糊が全然たりなくて大量にこちらで用意したと。最後に奉太郎は聞いた。出来てる映像はみたか?しかし羽場は実はまだみていないんだといった。.

古典部のメンバーで、唯一、奉太郎だけが、本郷女子の脚本 ラストを読み取れなかったのは、何故なのでしょう? 智志、まやか、えるたちが、それぞれ、本郷ならどんなラストシーン を書いたかと推理していたのに、奉太郎だけがそうは考えず ミスリードされてしまった要因は、どこにあったのでしょう? また、入須との会話で、『心からの言葉ではなかった。それを、嘘と とるかは、あなたの自由よ』と言われた奉太郎が、『それを聞いて 安心しました』と言ったのは、なぜなのでしょう? わかる人いますか? わたし、気になります!.

知恵袋カテゴリ 一覧を見る.

11……  . 3    .

帰り道。千鳥足で伊原に付き添われてかえる2人を見て奉太郎達も帰途につく。里志と雑談をしながらわかれ、道路を渡ると彼女がいた。  入須冬実。ちょっと、茶を飲むだけの時間をもらえないかな。. あれはあれだろと。密室ってやつだ。他のやつが誰も入れない部屋の中で海藤が死んでいた。さて、犯人はどうやって殺したんでしょう、ってこと。伊原がではどうやってと促すと中城は言う。簡単さ、窓だよ、と。犯人は海藤を殺した後に窓から出て行ったに決まっているじゃないかと。  窓、どうも記憶が曖昧なんですがと奉太郎。里志に見取り図を出すように言うと巾着からだして広げる。里志がペンを交えて説明。海藤が死んでいたのは上手袖。みんなが駆けつけたときは鍵がかかっていた。下手袖にいこうとしたが舞台と通路はガラクタでふさがっていた、そうなると右側通路のドアと窓の2箇所しかなくなる。  そこで千反田が本郷もしっていたのかと言った。里志はそれは重要で、現場の状態も分からず見取り図だけで脚本だけを書いていたら、別のルートも考えていた可能性もある。しかし中城は否定。本郷も1度下見にいったらしい。5月の終わりごろに。  つまりだ、と中城。犯人は窓から出入りした。こうすればドアから出入りせずに海藤が殺せるシーンが取れると。そしてなぜか奉太郎にいきなり「どうだぁあ!」と一括。奉太郎はびっくりして両手で口を塞いだ。.

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

各話概容 氷菓 愚者のエンドロール クドリャフカの順番 遠まわりする雛 連峰は晴れているか 二人の距離の概算. JAPAN IDを暗号化するなど、個人を特定することができない情報に処理したうえで投稿内容、投稿日時などの投稿に関する情報を大学、独立行政法人などの研究機関に提供します。 Yahoo!

用語集 第十一話「愚者のエンドロール」の質疑応答 作中登場の小物、その他. 伊原がだめだこりゃという感じになりほかに質問はないかと中城。俺の話を聞いてもらおうと。いよいよオブザーバーの役割を果す。  中城曰く、普通の客はトリックなんて気にしない、要はもりあがればいいんだと。犯人はお前だ!ときめつけて、犯人が涙ながらに私情を語る。これで話が決まる。  その話を聞いた奉太郎達はあっけに取られ、なぜか千反田だけうん、と肯く。  そういう意味では海藤の死ぬ所はよかった、あの小道具の腕もと。  ミステリーの作法やらなんやら。そんな細かい話よりドラマだ。タイトルもストレートに「古丘廃村殺人事件」とかにして客を呼べる様にしないと。本郷だってそのあたりのことわかってたさ。  しかし中城の話にピンとこない古典部の面々。それで中城先輩のお考えは?. あれはあれだろと。密室ってやつだ。他のやつが誰も入れない部屋の中で海藤が死んでいた。さて、犯人はどうやって殺したんでしょう、ってこと。伊原がではどうやってと促すと中城は言う。簡単さ、窓だよ、と。犯人は海藤を殺した後に窓から出て行ったに決まっているじゃないかと。  窓、どうも記憶が曖昧なんですがと奉太郎。里志に見取り図を出すように言うと巾着からだして広げる。里志がペンを交えて説明。海藤が死んでいたのは上手袖。みんなが駆けつけたときは鍵がかかっていた。下手袖にいこうとしたが舞台と通路はガラクタでふさがっていた、そうなると右側通路のドアと窓の2箇所しかなくなる。  そこで千反田が本郷もしっていたのかと言った。里志はそれは重要で、現場の状態も分からず見取り図だけで脚本だけを書いていたら、別のルートも考えていた可能性もある。しかし中城は否定。本郷も1度下見にいったらしい。5月の終わりごろに。  つまりだ、と中城。犯人は窓から出入りした。こうすればドアから出入りせずに海藤が殺せるシーンが取れると。そしてなぜか奉太郎にいきなり「どうだぁあ!」と一括。奉太郎はびっくりして両手で口を塞いだ。.

: :.    .

第八話「試写会に行こう!」

翌日、放課後、入須をまっていた奉太郎は来た入須に「打ち上げに来ないか?」と誘われるが行きませんと断った。そしてお話がありますと。  場所を前の茶店「一二三」にかえて、奉太郎が切り出す。先輩は前俺にここで技術があるといいましたね?と。確かにと入須。奉太郎はその技術というものは「探偵」ではなく「推理作家」という技術だったといった。. 話し終わり、だから却下した旨を伝える。そこで入須が中城案を却下したのは誰だったと聞いた。羽場も沢木口も。全て奉太郎だった。入須は続ける。  最初妙な期待は困るといった。しかし奉太郎はことごとく中城達の案を葬った。私がそうなると思ったとおりに。彼ら最初から器ではなかった。彼らには最初からあの問題を解く技術がなかいのはわかっていた。そこであれは茶番ですかと言った奉太郎に割って続けて言う入須、とはいっても彼らは無能だとはいわない。ただあの難局に役立つわけじゃないと思っていた。そこでも奉太郎は割って入ろうとするが入須に押し通される。もし君がいなければ、私たちは彼らの案のどれかを採用し、失敗していただろう。それに奉太郎が冷徹ですね、それに非常だ、というと入須は必要ならそうすると揺るがない。  だが期待できる人物はいる。その人物については千反田える、遠垣内将司、学外の人間の3人から聞いていた。この人物なら私の期待に答えてくれるだろうと。そう最初から君が目的だった。古典部などではなく。そして居住まいを正す入須。  折木君、私は君はこれまでの一件で君自身の技術を証明したといえる。君は、特別よと。  さらに入須は言う。君は、特別よ。そこでもう一度頼みたい、2年F組に力を貸して。あのビデオの正解を見つけてほしい。奉太郎は俺に技術などない、ただ運がよかっただけと、しかし入須は歯がゆいなと諦めない。そこでとある話をする。.

このページでは、アニメ「氷菓」についての各話あらすじについて分かりやすく詳細に紹介していきます。 初見さんにでも理解できるよう、解説などを交えながら紹介します。 多少のネタバレがあります。また真相や種明かしに関しては反転処置を取らせていただきます。ネタバレを見る場合、自己責任でお願いします 加筆・修正・編集大歓迎。.

2F2   ? javaScript JavaScript JavaScript. JavaScript Yahoo.

ベストアンサーに選ばれた回答

アイコンの説明 知恵コイン 画像投稿. 各話概容 氷菓 愚者のエンドロール クドリャフカの順番 遠まわりする雛 連峰は晴れているか 二人の距離の概算. JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。 お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。.

2  2  F    .      2  . HP2F3  2F3. JavaScript Yahoo.

氷菓 愚者のエンドロール 入須先輩の行動まとめ【ネタバレ注意】

先入観だと思います。 それは、奉太郎が羽場 智博に対して抱いた嫌悪感から来た物だと思います。 アニメでみても羽場は、実に鼻持ちならない先輩として描かれています。 奉太郎は意図的にか無意識にか、羽場の証言を考察から外してしまったのでしょう。 簡単言えば、あんなやつのいい加減な証言なんか無視してかまわないと思った。 当然、羽場の提示したザイルのことも忘れてしまった。 さらに言えば、ザイルを使って二階から降りるというトリックは、何とも陳腐すぎる。 また他に、ミスリードの原因としては、必要以上に使われた血のりもですね。 奉太郎はそれで、この映画は殺人事件を描いた物だという前提を作り上げてしまった。 要するに、奉太郎は主観で推理してしまい、それですべての材料から客観的に推理しようとした他のメンバーとずれがでてしまった。 ただ、えるに関しては、「人が死ぬ話は好きじゃ無い」という主観も入ったが。 「心からの言葉では無い云々」に関しては私もよくわからないのですが、入須先輩にしろ奉太郎の姉に操られていたわけだが、本人としてはだますことに心苦しさがあったのでしょう。 奉太郎は、鉄の女みたいな先輩の中にそんな心配りというか優しさのようなものを感じ取ったんじゃ無いでしょうか。 ナイス 0 違反報告.

翌日、里志とあるいていた奉太郎は休日に自らいくなんて珍しいという里志に入須先輩から問題解決の勅令を預かったという。里志はいつかそうなるだろうと思っていたという。千反田さんだろ?と。しかしそれを否定、そしてお前はお前にしか出来ないことはあるか?と訊いた。しかしないねと里志。最初に言ったろう福部里志には才能がないと。わかった入須先輩にのせられたねと。それでも自分の資質を危ぶむわけだ。  奉太郎は自分は里志を高く買っている。お前はいつか日本でも指折りのシャーロキアンになれると。すると里志はシャーロキアンよりもこころ惹かれるものはあると。そして羨ましい限りだよねと意味ありげに呟くといってしまった。.

現在JavaScriptが無効になっています。 Yahoo!

A:  A:  A:?

知っておきたい:

コメント

  1. 用語集 質疑応答 作中登場の小物、その他.
  2. アイコンの説明 知恵コイン 画像投稿. アニメ【氷菓】 11話、愚者のエンドロールについて 古典部のメンバーで、唯一、奉太郎だけが、本郷女子の脚本 ラストを読み取れなかったのは、何故なのでしょう? 智志、まやか、えるたちが、それぞれ、本郷ならどんなラストシーン を書いたかと推理していたのに、奉太郎だけがそうは考えず ミスリードされてしまった要因は、どこにあったのでしょう? また、入須との会話で、『心からの言葉ではなかった。それを、嘘と とるかは、あなたの自由よ』と言われた奉太郎が、『それを聞いて 安心しました』と言ったのは、なぜなのでしょう? わかる人いますか? わたし、気になります! 補足 奉太郎としては、珍しく、本郷なら・・・と言う基本的な部分を 推理の支柱から除外してしまった。ただ、本郷の謎賭けを 解く側に回って、惨敗。 入須の『君は特別よ』と言う言葉に最後まで、踊らされてしまいました。 その時の奉太郎は、バラ色だったのか、灰色だったのか。.
  3. 翌日、里志とあるいていた奉太郎は休日に自らいくなんて珍しいという里志に入須先輩から問題解決の勅令を預かったという。里志はいつかそうなるだろうと思っていたという。千反田さんだろ?と。しかしそれを否定、そしてお前はお前にしか出来ないことはあるか?と訊いた。しかしないねと里志。最初に言ったろう福部里志には才能がないと。わかった入須先輩にのせられたねと。それでも自分の資質を危ぶむわけだ。  奉太郎は自分は里志を高く買っている。お前はいつか日本でも指折りのシャーロキアンになれると。すると里志はシャーロキアンよりもこころ惹かれるものはあると。そして羨ましい限りだよねと意味ありげに呟くといってしまった。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 social-blockchain.org | 利用規約 | 連絡先 |