下着 女装 強制

公開日: 29.02.2020

面白いと言えば、みんなが、こちらを男だと知りながら喜んで そ こ を見ているのもまた面白い現象だが、これは理論ではなく男の本能に制御されることなのだから仕方がない。私だって立場が逆なら見てしまうだろう。. 新宿二丁目という所は、その道の方なら外国人でも必ず知っているほどのゲイのメッカ。土曜日の夜ともなれば、短髪、口ひげ、肉体美、男のフェロモンが横溢する世界だ。ゲイ=女装者、女装者=ゲイと思っている人も世間には多いことだろうが、その認識が必ずしも正鵠を射ていないことは、この街に来てみればよくわかる。上半身裸で、鍛え上げられた筋肉を誇示している人たちの迫力に圧倒され、こちらは道路の隅っこをコソコソと忍び足。純女はもとより女装者も思いっ切り場違い。そんな二丁目の中にあって、あきちゃんの勤めたお店は女装者の 集 ( つど ) うスナックだったから、ちょっと異色だったと言えよう(どこにあっても異色かな?)。.

Ai Takayama. 面白いと言えば、みんなが、こちらを男だと知りながら喜んで そ こ を見ているのもまた面白い現象だが、これは理論ではなく男の本能に制御されることなのだから仕方がない。私だって立場が逆なら見てしまうだろう。. つけ乳房を固定する必要から、ブラジャーは装着しないわけにはいかなかったが、これも正直言うと苦手だった。背中のホックのつけはずしは厄介だし、これはフロントホックブラで解消できたとしても、つけたあとの圧迫感が苦痛。世の中には一度つけたら病みつきになったという男性も多いようで、実際、男性用ブラジャーまで販売されているらしいが、私には単に窮屈に感じられるだけだった。帰宅してブラをはずした時に 清々 ( すがすが ) しさを感じるほどだから、残念ながら私は下着フェチにはなれそうもない。.

応援コメント 0 件 のコメント. 廊下を流れる冷たい空気が僕の肌を撫で、今の自分の格好を自覚させる。 教室とは違う広がった空間が羞恥心を掻き立て、不安感を倍増させる。 「誰か来て見られたとして、俺らにいじめられたなんて言わずにこれは遊びです、 その格好はみずきの趣味ですって言えよ」 佐伯先輩がニヤついた表情で言ってくる。. この格好で学校に行くと思うと泣きそうになってしまう。 ワイシャツを着て、胸の膨らみがそんなに目立たないことを確認して安心したのも束の間、 鏡で確認するとブラジャーが透けて見えることが分かってまた気分が落ち込む。 Tシャツを着ることも考えたけど、いじめっ子の機嫌を損ねることを恐れてやめた。 ズボンを穿き、ブレザーを着ればさすがに下着は全くわからなくなる。 それでも全く落ち着かない。特にブラジャーを着けた肩と胸の違和感を無視できず、憂鬱な気分で家をでた。 学校までの道中、みんなが僕を見ているような気がしていた。 制服の下が見えるはずも無いのに、恥ずかしくて俯きながら歩き、ようやく学校へ到着する。.

私と彼氏は顔を見合わせた。さすがは本音で生きる関西人。今度は逆だから特に許可をもらうこともなく胸を彼女のほうへ突き出すと、こちらは軽く押さえるように触って、「張り具合が高校生みたいですね」と女性ならではの感想を述べた。それまで女性に触られたことがなかったので(美緒ですら着用中に触ったことはない)、そんなことを言われたのは初めてで驚いたが、考えてみればこれは当然すぎる感想だ。造り物が 弛 ( たる ) むわけはないのだから。.

2 ….

何回繰り返しただろう。少し疲れて動きが鈍ったところで彼女が口を開いた。 「はい、ストップ。優しくしてくれないと写真ばら撒くぞ。 それとも今からその格好で連れ回されたい?」 その言葉で一気に頭が冷える。 冷静に考えると、のしかかったり足を踏んだりと結構えらいことをしてしまった。 ど、どうしよう。謝るだけで許してくれるかな。 「ご、ごめんなさい」 「ん、そうそう。素直でいれば写真ばら撒いたりしないから。だからもう何枚か写真撮らせて」 こうなるともう何もいえない。この後、様々なポーズの写真を撮られた。. 文字サイズ 小 中 大 特大 背景色 白 黒 生成り 水色 フォント 明朝 ゴシック 組み方向 横組み 縦組み.
  • そして、それは会社の子たちだけではなかった。プライベートの知人女性や行きつけのスナックの女の子たちも揃って好意的な反応を示した。中でも一番喜んだのが池袋の「カンナ」というスナックのママで、そこは私が以前から 贔屓 ( ひいき ) にして繁々と 通 ( かよ ) っていた店だった。身長も体重も年齢も私よりちょっぴり数値が大きくて、性格も大雑把なママと、反対に小柄で落ち着いた性格の由美ちゃんという女の子と、店は二人でやっていた。. 実は僕がいじめられてた当初、いずみさんは止めに入ってくれたことがあった。 それに、友達が全然できない僕に積極的に話しかけてくれた人でもある。 根は優しい人だと信じてる!.
  • フォロー機能を活用しよう カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう! 新規ユーザー登録 ( 無料 ).

この作品の前後に投稿された作品

応援コメント 0 件 のコメント. 当然のことだが、それまでの人生で痴漢に対する危機意識など持ったことがなかった私は、自分の身に起こった緊急事態に 咄嗟 ( とっさ ) に対応することができなかった。もしこれが女性なら、抱きつかれた瞬間に悲鳴を上げていたことだろう。ところが私はというと、「放して」とか「なにするんですか」とか「やめてください」とか、相手を押しのけようとしながら、か細い裏声でゴチャゴチャと言っただけだった。相手はやめるどころか、こちらを組みし易いと見てますます図に乗り、お尻にまで手を伸ばして来た。.

やがて、父親も息子の照れている様子に気づき、「あのお姉さんに遊んでもらいな」と面白半分に彼を私のほうへ押し出すようにした。最初は恥ずかしがっていた彼も徐々に慣れて来て、見よう見まねのぎこちない手つきでアイスペールのトングを使い、私のグラスに氷を入れて水割りを作る手伝いをしてくれたりした。そんな愛らしい仕草を見ているうちに、私のほうも自分の心身に異変が起こって来るのを感じたのだ。心臓の辺りが熱くなって、その熱が周りに放散する。体の内側から見えない手が私をくすぐり続けて、顔が自然と 綻 ( ほころ ) ぶのをどうしても止めることができない。まるで強い向精神薬の副作用ででもあるかのように、じっとしていられないような焦燥感に煽られる。これらはまさに相手に恋心を抱いた時の状態ではないか。. こうして、私はススムの部屋へ上がり込み、お母さんに種明かしをすることになった。お母さんは気さくな人で、一杯喰わされたことを怒りもせず、いい土産話ができたと笑っていた。もっとも、そういうお母さんの性格を 予 ( あらかじ ) めススムから聞いていたからこそ、こんな悪戯をする気にもなったわけだけど。.

下駄箱で靴を履き替えていると、いずみさんが手招きしていることに気づいた。 「おはよう……ございます」 情けないけど同級生に敬語で挨拶する。 「おはよう、ちゃんと着てきた?」 楽しそうな表情で聞いててくる。『可愛らしい笑顔』の見本みたいな顔で、僕をいじめる相手だと 分かっていても惹きつけられてしまう。その質問内容は今すぐ逃げたくなるものだけど。 「…はい」 僕は蚊の泣くような声で答える。その答えを聞いて、いずみさんはさっきより意地悪い笑顔になる。 「そっか…いやぁ、みずきとの共通点が増えてうれしいなぁ。」 ニヤニヤしながらそう言って歩き出す。いつもの空き教室に向かっているみたいだ。.

夏の薄手になる季節の女装は女性用のブラジャーやショーツ(パンツ)次第でエロ可愛く見える?

自分でするのとは全く違う感触に思わず腰が引けてしまう。 僕の動きに合わせて彼女の手も動いてくる。 だんだん尿意に似た、でも明らかに異なる感覚が高まってくる。 「ん、んぅ、あっ…あ、あのもうダメです。やめてください。」 息を乱しながらとっさに口走った。自分の想像以上に喘ぎながらの言葉となる。. そして、それは会社の子たちだけではなかった。プライベートの知人女性や行きつけのスナックの女の子たちも揃って好意的な反応を示した。中でも一番喜んだのが池袋の「カンナ」というスナックのママで、そこは私が以前から 贔屓 ( ひいき ) にして繁々と 通 ( かよ ) っていた店だった。身長も体重も年齢も私よりちょっぴり数値が大きくて、性格も大雑把なママと、反対に小柄で落ち着いた性格の由美ちゃんという女の子と、店は二人でやっていた。.

誠先輩も出て行き、残ったのはいずみさんと裕人くん、小川さん、弓削恵さんだ。 小川さんを除いた3人が1年生のいじめっ子主犯格と言っていい。 僕が服を着るとみんな空き教室から出ていく。 1年教室棟へ向かう途中、恵さんから突然股間をつかまれた。 「おぉ、しっかり勃ってるね。でも、前から思ってたけどみずきのモノってちっちゃくない?」 こんな風にからかわれるのが僕の日常だ。. 状況的に僕がいじめられてるというは理解してくれるはずだ。 でも、たぶん僕を助けてくれる事はない。 このイジメグループは非常に強い勢力だ。 優秀な上に外見もよく、なんていうか華のある人たち、各学年の人気者たちが集まっている。 それでいてやることは残酷だから、他の生徒たちからは恐れられてもいる。 裏でネチネチいじめるのも上手いけど、 それ以上に表立っていじめることも躊躇ないように見えるのが恐ろしい。 おまけに華村姉弟といずみさんは、こんな公立校にいるのが不思議なほどの名家の子だ。 単に裕福なだけではなく、様々な権力を持った家だという噂を聞いた。 そんな人たちにわざわざ敵対するような人はいないだろう。.

onanii!

Pixivへようこそ

フォロー機能を活用しよう カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック! 新規ユーザー登録 ( 無料 ). 下駄箱で靴を履き替えていると、いずみさんが手招きしていることに気づいた。 「おはよう……ございます」 情けないけど同級生に敬語で挨拶する。 「おはよう、ちゃんと着てきた?」 楽しそうな表情で聞いててくる。『可愛らしい笑顔』の見本みたいな顔で、僕をいじめる相手だと 分かっていても惹きつけられてしまう。その質問内容は今すぐ逃げたくなるものだけど。 「…はい」 僕は蚊の泣くような声で答える。その答えを聞いて、いずみさんはさっきより意地悪い笑顔になる。 「そっか…いやぁ、みずきとの共通点が増えてうれしいなぁ。」 ニヤニヤしながらそう言って歩き出す。いつもの空き教室に向かっているみたいだ。.

四十路も半ばのオヤジが挑戦する、『女装コスプレ』というハードル。 皇 将.

……   . onanii.

この作品の前後に投稿された作品

応援すると応援コメントも書けます 応援する. フォロー機能を活用しよう カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック! 新規ユーザー登録 ( 無料 ). 実は僕がいじめられてた当初、いずみさんは止めに入ってくれたことがあった。 それに、友達が全然できない僕に積極的に話しかけてくれた人でもある。 根は優しい人だと信じてる!.

知っておきたい:

コメント

  1. 新宿二丁目という所は、その道の方なら外国人でも必ず知っているほどのゲイのメッカ。土曜日の夜ともなれば、短髪、口ひげ、肉体美、男のフェロモンが横溢する世界だ。ゲイ=女装者、女装者=ゲイと思っている人も世間には多いことだろうが、その認識が必ずしも正鵠を射ていないことは、この街に来てみればよくわかる。上半身裸で、鍛え上げられた筋肉を誇示している人たちの迫力に圧倒され、こちらは道路の隅っこをコソコソと忍び足。純女はもとより女装者も思いっ切り場違い。そんな二丁目の中にあって、あきちゃんの勤めたお店は女装者の 集 ( つど ) うスナックだったから、ちょっと異色だったと言えよう(どこにあっても異色かな?)。. 私という人格の外側にある俺という体 俺&私.
  2. 誠先輩も出て行き、残ったのはいずみさんと裕人くん、小川さん、弓削恵さんだ。 小川さんを除いた3人が1年生のいじめっ子主犯格と言っていい。 僕が服を着るとみんな空き教室から出ていく。 1年教室棟へ向かう途中、恵さんから突然股間をつかまれた。 「おぉ、しっかり勃ってるね。でも、前から思ってたけどみずきのモノってちっちゃくない?」 こんな風にからかわれるのが僕の日常だ。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 social-blockchain.org | 利用規約 | 連絡先 |