エルク・ ドメル

公開日: 25.02.2020

第13話から登場。総統のデスラーにヤマト撃破を志願し、銀河系方面軍作戦司令長官に任命され、 バラン星 基地司令官に就任。この人事により、基地司令官から副司令官に降格してドメルの副官にされた ゲール は不満を抱く [6] 。また、ドメルのゲールに対する態度もかなり横柄・傲慢であったため、ゲールの不満は蓄積・増幅され、やがてドメルは思わぬ形で報復を受けることになる [6] 。. 手始めに 異次元 空 洞に迷いこんだ ヤマト に対し3,隻の大艦隊で攻撃をしかけるも、 沖田艦長 の素 早 い判断と スター シア からの 支援 により 逃げ られてしまう。この攻撃の帰還後、 「 ヤマト に遭遇。侮りがたし!」 と自身の 日記 に記している。.

スターシャ サーシャ. ヤマト 乗組員が予想もしない作戦や戦術でヤマトを追い詰めるなど、戦術家としては優秀だったが、戦術的な勝利のために地球攻略の最重要拠点であるバラン星基地を囮に使ってヤマトごと破壊しようとする作戦は、 デスラー から「浪費家」と非難されている [注 2] 。. ズォーダー サーベラー ゲーニッツ ラーゼラー バルゼー ゴーランド ザバイバル ミル. 戦局は当初ドメルの想定通りに進み、ユリーシャ奪取にも成功(実際に拉致されたのは森雪)し、勝利の目前まで迫ったが、特殊削岩弾の起爆失敗や戦闘機隊・雷撃機隊の壊滅を受け、砲撃戦で直接ヤマトを沈めようと機動部隊を前進させた際、特殊削岩弾を逆用され、その爆発とヤマトの反撃によって旗艦 ドメラーズIII世 以外の戦力を全て失う。さらにイオン乱流に誘い込まれ、ドメラーズIII世も轟沈寸前になり、敗北を悟ったドメルは、艦本体から分離させた 独立戦闘指揮艦 をヤマト艦底部に接舷させ、軍人としての責務を全うするため自爆を敢行し、戦死する。旧作同様、自爆の直前には沖田十三と交信し、お互いを祖国の命運を担う戦士と認め合い、ガミラスのみならず地球への栄光と祝福をも願い、自爆スイッチを押している。.

物語 中盤で何度 目 かの デスラー 勲章授与に凱旋。小 耳 に挟んだ ヤマト の活躍を聞き自ら討伐に出たいと 総統 に依願し、 総統 からの 認可 をえて 銀河 方面 作戦 司 令 長官として ヤマト 征伐の任につく。. 彼女 から 語 られる言葉から推察すると、その日は幼くして 夭 折した彼らの 子供 の 命日 であった模様である。    多忙で帰 国 できなかったドメルとその妻は、再び ヤマト 討伐のため 銀河系 に向かうまでの短い時間を、二人で静 かに過ごすこととなった。. 容姿はオリジナルと若干変わっている。濃かった揉み上げは短くなり、顎はやや割れている。またガッシリした印象がある(ほんの僅かではあるが)。その他は変わっておらず、オリジナル同様の逞しい身体つきに、野戦服と思われるスーツを着用している。  また、オリジナルでは着用しなかった、ガミラス将校のマント付の制服(タラン等が着ているグリーンカラー)を、このリメイクで着用している姿が見られるのも、違いの一つである。ただ、こちらはあくまで式典等で着用するらしく、その他はスーツ服が殆どであった(総統の暗殺疑惑が掛けられた時も、スーツ服の姿である)。.

[6] [7]. 15. 915 UTC - Cookie .

  • 戦局は当初ドメルの想定通りに進み、ユリーシャ奪取にも成功(実際に拉致されたのは森雪)し、勝利の目前まで迫ったが、特殊削岩弾の起爆失敗や戦闘機隊・雷撃機隊の壊滅を受け、砲撃戦で直接ヤマトを沈めようと機動部隊を前進させた際、特殊削岩弾を逆用され、その爆発とヤマトの反撃によって旗艦 ドメラーズIII世 以外の戦力を全て失う。さらにイオン乱流に誘い込まれ、ドメラーズIII世も轟沈寸前になり、敗北を悟ったドメルは、艦本体から分離させた 独立戦闘指揮艦 をヤマト艦底部に接舷させ、軍人としての責務を全うするため自爆を敢行し、戦死する。旧作同様、自爆の直前には沖田十三と交信し、お互いを祖国の命運を担う戦士と認め合い、ガミラスのみならず地球への栄光と祝福をも願い、自爆スイッチを押している。.
  • 迎えた 七色 星 団戦では、後にドメル戦法( デスラー 戦法)と呼ばれる小 ワープ による奇襲攻撃戦法で ヤマト を苦しめ、中盤には ドリル ミサイル を 波動砲 口から ヤマト 内部に侵入させ 波動砲 を使用 不能 にし、最終的に ヤマト の 戦闘力 を 完 全に沈黙させた。 しかし ドリル ミサイル 起爆のあと一歩のところで 真田 技師長とアナ ライザ ーによる排除 工作 で ミサイル が逆回転し ヤマト から分離、さらにその ミサイル が 戦闘空母 に 激 突し他の3 空母 も 爆発 に巻き込まれ艦隊が壊滅してしまう。.

2199におけるドメル上級大将

カテゴリ : 宇宙戦艦ヤマトシリーズの異星人の登場人物 架空の将軍. ドメルのモットーは臨機応変である。この教えは、シュルツにも伝授されており、冥王星基地での勇戦に繋がっている。また、部下達もそれを熟知しており、カレルでの戦闘でも、即座に集結するなど、行動の速さが見て取れる。  戦闘では艦隊の数も重要である一方、ドメルは機動戦術をもっとも重視している。これは小説版にて補足されており、今の地位になる前の激戦区において、限られた戦力で可能な限りの戦果を上げた実績があるとされている。また、情報収集も怠らず、そこからの情報分析にも長けていることも書かれている。  この機動戦術は、対ガトランティスとカレルで見事なまでに連携し、動いている様子が描かれている。ガトランティス相手には、常に動き回って的確な場所に攻撃を加えて、直ぐに離脱するという戦法を駆使した。このことから「幽霊師団」とも呼ばれる。  カレルでの、一糸乱れぬ包囲網はドメル軍団の力量の高さを示しているとも言えるだろう。.

第13話から登場。総統のデスラーにヤマト撃破を志願し、銀河系方面軍作戦司令長官に任命され、 バラン星 基地司令官に就任。この人事により、基地司令官から副司令官に降格してドメルの副官にされた ゲール は不満を抱く [6] 。また、ドメルのゲールに対する態度もかなり横柄・傲慢であったため、ゲールの不満は蓄積・増幅され、やがてドメルは思わぬ形で報復を受けることになる [6] 。.

誤解を恐れずに言えば、 ガミラス 側の 主人公 の一人といって良い待遇である。. 物語 中盤で何度 目 かの デスラー 勲章授与に凱旋。小 耳 に挟んだ ヤマト の活躍を聞き自ら討伐に出たいと 総統 に依願し、 総統 からの 認可 をえて 銀河 方面 作戦 司 令 長官として ヤマト 征伐の任につく。.

濃いモミアゲと目立つ 割れ顎 に、筋骨隆々とした身体が特徴。服装は他のガミラス将軍と異なり、 レオタード のようにピッチリした戦闘服のようなものを常時着ている。. 更には は非常に キャスト 陣 が多いため、普段は ヤマト 側と ガミラス 側の レコーディング は別撮りで行われるのに対し、 ヤマト とドメルの対決に際しては、 菅生隆之 氏と 大塚明夫 氏 揃 っての、 迫真 の演技で命が吹き込まれている。.

: Wikipedia. 13 [6] [6]. [4] [5] 20 [ 5] [4] [5] 12. 3    .

『宇宙戦艦ヤマト』における概要

その後、デスラーが生存していたことにより、第19話において総統暗殺容疑が晴れて釈放され、バラン崩壊によるワープネットワークの崩壊によって戦力に事欠く中、ヤマト討伐とユリーシャ奪取の勅命を受けて出陣する。ヤマト討伐のために与えられた戦力は老朽艦を含む空母4隻と老兵・少年兵だけだったが、ヤマト討伐には試作兵器の 物質転送機 を用いた航空機による奇襲と波動砲封じを兼ねた止めの特殊削岩弾、ユリーシャ奪取には次元潜航艦と特務潜入部隊の投入とをそれぞれ立案し、さらに敵将沖田が常人なら迂回するはずの難所「七色星団」をあえて通ると読み切った上で待ちかまえ、決戦に臨む。. その後は バラン 星 にて積極的な攻撃は控えるものの、 リレー 衛星 を仕掛け ヤマト と 地球 の交信を復活させるなど心理 作戦 で ヤマト クルー を揺さぶっている。ようやく バラン 星 に到着した ヤマト に対し基地そのものを囮とした人工 太陽 による挟み撃ち 作戦 で ヤマト を仕留めようとするも、ゲールの密告により デスラー総統 からの中止命 令 が下り、一 瞬 の隙を突いて ヤマト が人工 太陽 を破壊、その余波で バラン 星 基地が壊滅してしまう。.

エルク・ドメルに関する ニコニコミュニティ を紹介してください。. 第20話でバラン星にヤマトが到達した時には、バラン星を周回する 人工太陽 をヤマトに落とし、バラン星基地諸共ヤマトを撃滅する作戦計画を立案・遂行する。しかし、味方の犠牲をも厭わず事前に全く知らされていない作戦に驚愕したゲールによってガミラス本星に密告され、あと一歩の所でデスラーから作戦中止を命令される。そしてドメルの一瞬の躊躇がヤマトに反撃の隙を与え、人工太陽を破壊されてしまい、バラン星基地はその残骸が直撃したため結局失われてしまう [注 4] 。.

[6] [7].    . 38 [4] [5] [4] [14] 6 [4] [5] [4] [5] .

第21話でガミラス本星に召還されたドメルは 軍法会議 で基地を失った責任を問われたが反省の色も見せず、その態度がさらなる怒りを買って 死刑 判決を受ける。しかし、デスラーは「ドメル以外にヤマト撃破は不可能」とドメルに汚名返上の機会を与え、ドメルは各戦線から糾合した 空母 機動艦隊(旗艦 ドメラーズ2世 ・戦闘空母1・三段空母3の計5隻)を率いて 七色星団 で決戦を挑むべくヤマトに挑戦状を出し、ヤマトは 沖田十三 の判断でそれを受諾する。 瞬間物質移送器 を使った雷爆撃と秘密兵器 ドリルミサイル によってほぼ勝利を手にしたかに見えたが、逆回転させられたドリルミサイルが止めを刺しに接近してきていた空母4隻に命中し、全てを失う。そして、ドメルは自らが乗るドメラーズ2世をヤマトの第三艦橋に密着させて自爆し、壮烈な戦死を遂げる。自爆の直前には沖田と交信し、お互いを祖国の命運を担う戦士と認めると、ガミラスのみならず地球の未来をも願い、自爆スイッチを押している。.

情報 省による ヤマト 拿捕 作戦 が 失敗した 後、 ヤマト に対し散発的な威 力 偵察を仕掛け ヤマト クルー を疲弊させる。そして偵察の結果、 ヤマト がビー メラ 星 系を 目 指 す航路を 特定 しその途中にある中性子 星 の影 響 から、 ワープア ウト地点を複数箇所に絞込み、それぞれに十分な戦 力 を配置。何処に ヤマト が ワープア ウトしてきても、直ちに他の地点から艦隊が増援として包囲できる、万全の体制で迎え撃った。.

表 話 編 歴 宇宙戦艦ヤマトシリーズの登場人物 ( オリジナルシリーズの一覧 ・ リメイクアニメの一覧 ) ヤマト 古代進 森雪 沖田十三 島大介 真田志郎 佐渡酒造 ミーくん アナライザー 徳川彦左衛門 相原義一 加藤三郎 山本明 南部康雄 太田健二郎 藪助治 土方竜 斉藤始 徳川太助 山崎奨 山南修 加藤四郎 平田一.

38 [4] [5]. 194. [1] [2] [3]. BD 6. 915 UTC - Cookie .

濃いモミアゲと目立つ 割れ顎 に、筋骨隆々とした身体が特徴。服装は他のガミラス将軍と異なり、 レオタード のようにピッチリした戦闘服のようなものを常時着ている。. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

[4] [5] [15] .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 social-blockchain.org | 利用規約 | 連絡先 |