推理 小説 中学生 向け

/ 13.08.2020 / Azumi

玉木宏さん主演の『悪と仮面のルール』は、主人公(玉木宏)は悪になるために生まれてきたと父親から聞かされます。 完璧な悪にさせるため、初恋である香織に危害を加えることを知り父親を殺害。顔を変え、 香織を守るために殺人を繰り返す のです。そして、過去の事件を追う刑事も現れ、ハラハラの展開で進んでいきます。 ミステリー小説なのに、「これは恋愛小説なのでは?」と錯覚してしまう瞬間も。最後まで展開が読めないので、ドキドキしたい人にぴったりの作品です。. 会員登録 カートを見る お気に入り お知らせ.

悪いことばかりする主人公と同居人なのに、なぜか憎めない 読んだ後は、なぜか爽やかな気持ちになるミステリー小説 緊張感やほっこりなど感情が揺さぶられるポイントが散りばめられ、最後まで楽しめる. 詐欺を生業とする2人組の男のもとへ、1人の少女が加わり奇妙な同居生活がスタートします。 やがて5人が大計画を立て始めるというストーリー。読んでいるとハラハラ、ドキドキ感がたまらなく「やられた」と言ってしまうほど、衝撃のラストです。タイトルの『カラスの親指』という意味が最後によく分かるミステリー小説。 映画化もされているので、 映画と原作を比べて楽しむのもイチオシ 。読後感もよく、スッキリとした気持ちになりたい人におすすめです。. 館ものミステリー 社会派ミステリー クローズド・サークルミステリー 女性が主役のミステリー 主婦が主役の小説 児童向け学園小説(小中学生向け) トリックがすごいミステリー ミステリーゲーム 青春ミステリー ノワール・ミステリー 理系ミステリー 安楽椅子探偵ミステリー 新本格ミステリ名作100選 読者挑戦ミステリー 文庫本小説ランキング コンゲーム映画 児童向けスポーツが上達する本(小中学生向け) 警察小説 ミステリーライトノベル(女性向け) 読みやすいミステリー 児童向け歴史・伝記本(小中学生向け) シリーズ小説 時代物ミステリー コンゲーム小説 メタミステリー 鉄道小説 女性ミステリー作家 日本推理作家協会賞長編部門 歴史ミステリー ミステリーライトノベル 児童向け怪談小説(小中学生向け) サイコサスペンス小説 有名ミステリー作家デビュー作 アンフェアなミステリー小説 医療ミステリー SFミステリー バカミス ショートショート 北欧ミステリー 日常ミステリー 伝奇・オカルト・宗教ミステリー 恋愛ミステリー小説 探偵ものアニメ スポーツ小説 ミステリーアニメ 海外ミステリー傑作100選 泣けるミステリー 児童向け冒険小説(小中学生向け) 本格ミステリ大賞 ネタバレ厳禁ミステリー 児童向けノンフィクション小説(小中学生向け) 児童向けファンタジー小説(小中学生向け) 劇中劇(作中作)ミステリー 短編小説 児童向けなりたい職業がわかる本(小中学生向け) 長編ミステリー 女装・男装マンガ 極道・ヤクザマンガ イヤミス 児童向け名作小説(小中学生向け) コージー・ミステリー 日本ホラー小説大賞 推理マンガ ハードボイルドミステリー.

謎解きはディナーのあとで 東川篤哉 著  税込 円 ミステリー初心者も気軽に楽しめる、コメディタッチの一冊です。根っからのお嬢様と執事のテンポのよい掛け合いに、すらすらと読み進めることができるでしょう。トリックも難解なものではないので、主人公たちと一緒に推理している感覚で読み進められます。お嬢様なのに刑事、執事なのに毒舌など、個性的なキャラクターがたくさん登場します。 電子書籍を見る.

夜行観覧車 湊 かなえ 税込 円 よそ者に冷たい、閉鎖的な高級住宅街に越してきた一家。唯一仲良くしてくれていたご近所さんの夫が自宅で死亡し、直後に次男、妻も姿を消します。2つの家族がそれぞれ崩壊の一途を辿っていく姿に本当に嫌な感じを味わえます。最後で明らかになる衝撃の真実に、読者は作中に取り残されてしまいます。 紙の本を見る.

DVD .

予想を上回る展開に、驚きが隠せない ミステリー作品だけでなく、エンターテイメント作品としても読める最高傑作 タイトルの意味も最後読み続けると「そうゆうことか」と理解できる秀逸さ. 主人公や取り巻く人達の心理戦が、面白くのめり込むこと間違いなし 「もしもやり直しが出来たら」と本を読み終わったあとに考えさせられる1冊 衝撃のラストだから、最後の最後までハラハラ・ドキドキが止まらない.

心の闇の傍観者『GOTH』

筆者:中山 七里 出版社:宝島社文庫 発売年:年. 途中ショッキングな描写もありますが、 犯人を推理していく面白さのある作品 。最後の最後にあるラスト1行で、今までの展開がガラッと変わり全身がゾワゾワとし、噂の怖さを思い知らされることでしょう。サイコ・サスペンス好きならおすすめの作品です。. N「空飛ぶ馬?表紙が可愛いね」 あ「書いてるのは北村薫。人の死なない日常の謎系ミステリで、文章も端正だし是非読んでほしい一冊だね」 N「日常の謎?これも死なないの?」 あ「そうそう。不思議なことが起きてその謎を解決するミステリだね」.

同じ1日を9回も繰り返す特異体質の主人公。ある時、遺産相続で揉める親族の何者かに、祖父が殺害されてしまうという事件が発生。 祖父を守るため主人公が試行錯誤するSFミステリー です。 祖父を何者かからの殺害を遠ざけようとするも、毎回殺害されてしまう祖父。モヤモヤとする気持ちが続きますが、至るところに伏線が張られ、最後は見事に回収していきます。 重たい内容ではなく、比較的コミカルに描かれているのでミステリーが不得意な人でも読みやすい作品ですよ。. 作品を読み進めていくうちに 謎解き要素も出てくるので、最後まで楽しめる作品 。読み終わったあとは、「もしも自分が10ヶ月前に戻れるとしたらどうする?」と考えてしまう不思議な作品になっています。. 人気ミステリー作家東野圭吾作品の『マスカレード・ホテル』は、木村拓哉さんと長澤まさみさん主演で映画化されました。不可解な連続殺人が、都内で発生したことでストーリーが始まります。 容疑者の目的も不明なまま、そこに残された暗号から分かることは「ホテル・コルテシア東京」ということだけ。若き刑事新田(木村拓哉)と女性フロントクロークの山岸(長澤まさみ)が怪しげな客が訪れるホテルに真犯人を探していく作品です。 全員容疑者でありながら、全員怪しく感じてしまうという作りで、読み進めていくうちにどんどんのめり込んでいくことでしょう。 謎解きが好きな人にイチオシのミステリー小説 です。.

1. 26. 0 0 0 0?   !

どんでん返し系ミステリー小説

赤川次郎「幽霊列車」「マリオネットの罠」「三毛猫ホームズの推理」 東野圭吾「探偵ガリレオ」「予知夢」「ゲームの名は誘拐」 宮部みゆき「我らが隣人の犯罪」「火車」「龍は眠る」. 読み進めれば、読み進めるほど 心がギュッとして何ともいえない気持ち になることでしょう。「まさか」が続く展開に、「こんなことってある?」と気持ちがグラグラします。じっとりと嫌な感じで進むものの、先が読みたくて仕方がないのがこの作品の素晴らしいところです。イヤミスを読むなら、この作品は外せません。. 売れない作家の元に届いたゴーストライターの依頼。依頼人の館を調べているうちに不可解なことが起こり始めます。この作品は、ページと長編ながらも、読み応えのある作りで途中で 「読むのをやめたくない」という気持ち になるでしょう。.

D 13 GOTH 1. My My My .

みんなが選んだアイテムランキング

あ「米澤穂信の春期限定いちごタルト事件はどうかなー。読みやすいし、シリーズとしても面白いし主人公は学生だし」 N「(パラパラとめくって)ふーん。短編なんだね」 あ「そうそう。短編って読みやすいだろ?いきなり上下巻とか無理じゃね?」 N「なんか、この米澤ってなんとなく聞いたことあるんだよなー。有名?」 あ「この前別のシリーズがアニメ化してたからかも」 N「へぇ。そっちも面白いの?」. 子供を持つ親もそうでない人も、読み応えのある作品 「もしも現実に同じようなことが起こったら?」と考えさせられる1冊 この本を読むことで、普段の何気ない家族との日常が幸せに感じることができる. タグ SF小説 エッセイ本 キャリア サスペンスホラー ファンタジー小説 ミステリー小説 中学生 作家名から作品を探す 大学生 小学生 恋愛小説 文学賞 新社会人 本屋大賞 絵本 読書感想文 農業 青春小説 面白い小説 高校生.

大学の推理小説研究会のメンバーが無人の孤島を訪れ、半年前に殺人事件があった十角館で一週間を過ごすことになります。一方、本土では研究会のメンバー宛に怪文書が届けられており……。 推理小説研究会のメンバーが著名な推理作家の名前をニックネームとして呼ばれていることや、島と本土のそれぞれの話がうまく絡み合っており、終盤での一行で衝撃を受けることは間違いありません。 王道ミステリーでありながら、前に挙げた4作品に通じる綾辻行人独特の雰囲気がしっかり漂っており、続く9作品も読まずにはいられません。なお、年に出版された『奇面館の殺人』で、館シリーズは残念ながら完結するとされています。この『十角館の殺人』を読んだ後、続く9作品もゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか? また、本作品の推理小説研究会メンバー7人のニックネームである推理小説家の作品を順に読んでみるのもおもしろいかもしれません。.

SF20    2.   1, 113. GOOD. Music DVD .

スリルと人情『レベル7』

衝撃のデビュー作「告白」でイヤミス女王としてその名を広めました。映像化もされ、知っている人も多いでしょう。その後も、夜行観覧車、白ゆき姫殺人事件など話題作となりました。 人が誰もが持っている 嫌な部分をドロドロと描き出した作品 で、最後は嫌な気持ちで終わる話を得意としています。人気も高く、イヤミスを読むなら外せない作家です。. 重力ピエロ 伊坂幸太郎 著  税込 円 まさに「文学の香りがする」伊坂幸太郎らしさが出たミステリー小説です。『春が二階から落ちてきた』という書き出しで始まり、兄弟を中心にした家族愛が描かれます。主人公の弟「春」の活躍がカギとなっていて、人間ドラマを描いているようで、実はさまざまな伏線が後半になるにつれて明らかになります。清々しい読後感を味わえる物語です。 電子書籍を見る.

告白 湊 かなえ (著) 税込 円 娘を級友に殺害された教師の復讐劇を描いたミステリー。事件に関連する人物たちが代わる代わる独白する、というスタイルで書かれています。犯人捜しを楽しむというよりも、「正しさとは何なのか?」という倫理的な問いかけが重要なテーマになっています。推理ものは初挑戦という方でも、自分なりに考えながら読み進めることができる一冊です。 紙の本を見る.

その他の: