ハルケンブルグ= ホイコーロ

公開日: 21.02.2020

そのためハルケンブルグは カキン王国の腐敗した王族政治を打破 し、根本から変えようと目論む。元からの人徳の厚さも相まって、既にハルケンブルグの元には支援者が集まっており、これに脅威を感じたカキン王国内では暗殺を目論む勢力も。. そのため同じくカキン継承戦と同時並行的に進行している、ヒソカとの鬼ごっこにも何かしらの展開の絡みも考えられるか。ちなみに 【ハンタ考察】ヒソカの船内の居場所まとめ もご参照。.

従事者。 執事長でサラヘルから「ババ」と呼ばれている老メイド。不可持民として人間として扱われない修羅場をくぐった様子をうかがわせる。 カーミラ陣営の司令塔兼参謀のような立ち位置で呪詛暗殺に精通。 王子を守護する霊獣の存在を危険視して安全圏からの暗殺案を真っ向から否定し、王子の至近距離で死ぬよう提案した。.

私設兵たちと生み出した莫大なオーラを「一本の矢」と弓(弩)に束ねることで、ハルケンブルグの確固たる意思が込められて放たれた矢は敵のあらゆる防御を貫き、敵の意思を奪い取る。正確には、 部下の魂を憑依させて敵の肉体を問答無用で支配 する能力。. タグ一覧 登録が多い順. ほかの上位王子は自力で部下達の心からの忠誠を得ていることを踏まえると、カリスマ性のないサレサレゆえの能力となっており、洗脳以外はほとんど何も出来ない能力。 結局のところ、「口だけがたくさんある姿」「放っておくだけでも支持者が増える能力」から、母親だよりで自分からは何もしないサレサレの本質を反映した守護霊獣だったといえる。 ベンジャミンの部下であるリハン曰く 「何もかも母親任せで色と欲に塗れた性根が生んだ念獣」 。. オルガマリー・アニムスフィア 牛崎潤美 The Man of Steel Vol. そのため同じくカキン継承戦と同時並行的に進行している、ヒソカとの鬼ごっこにも何かしらの展開の絡みも考えられるか。ちなみに 【ハンタ考察】ヒソカの船内の居場所まとめ もご参照。. 第五王妃。 子供はサレサレ。 自分の唯一の王子であるサレサレに高い期待を寄せているが、同時に遊び呆けているサレサレのことを不安視している。 王妃所属兵の数は7人。3人が王室警護兵としてサレサレを護衛し、4人が下位王子の監視を担う。.

914 2. 5 5 14 3 5 10. B A 10 10 10 ….

第8王子。スィンコスィンコ王妃唯一の子。私設兵の数は5名 サレサレの傍の女性含む 。 母親だよりで、美女を大量に侍らせて酒池肉林やハーレムを満喫し放蕩三昧の生活を送るデブ。 王位継承戦には興味がなく享楽三昧なため母から心配されているが、「世界が変わる」と周囲に前々から宣言するほどのライブを、第一回日曜晩餐会で披露しようとしていた。. 開始早々護衛が、下位王子の監視役である王妃所属兵を含めて軒並み全滅したため、警護役はクラピカを含めたハンター協会員2名だけとなった。 従事者も死者が出たことを受けてやめたり殺害されたりで現在1名。. ウショウヒにフウゲツの守護霊獣の能力をほとんど説明されて本人が少し肩透かしを食らったこともあるが、これは能力の無力化より把握できていることが最重要であり、 その「下手な鉄砲で数も限られる」ゆえにフウゲツに対してわざわざ 異邦人 プレデター を使う必要がないとウショウヒが判断したものと思われる。.
  • カリフラワーみたいなアフロの青年。 ビンセントの後任としてワブルの元に送り込まれた私設兵で、ワブルの守護霊獣の能力やクラピカらワブルの護衛の念能力の把握を任務としている。 ベンジャミンからは『最重要任務』と通達されているが、その仔細は不明。.
  • ゴン 、クラピカ、レオリオの同期で隠密集団雲隠流の上忍。 元々はモモゼの警護担当だったがセヴァンチの意向によりマラヤームの護衛に回された。 モモゼが殺害されたことに対し「セヴァンチの意向に従わず、自分がいれば防げた」と自責の念が強く、 念能力の分身による殺害ならば、それほど精密動作ができる分身を操るには犯人は集中できる状況にいたと推測。 そこからモモゼの6人の護衛のうち、殺害時シフトの関係で休息していたナゴマムかタフディーのどちらかが怪しいと推測。 そして念能力を利用して拘束房に侵入し、暗殺実行犯のタフディーにカマをかけて自白させた後に、絞殺することで報復を果たした。.

【ハンターハンター】カキン帝国14王子一覧と念獣、念能力まとめ!

鼻の穴の大きな青年。 念能力に覚醒したハルケンブルグの能力により、魂が自分の体を離れてシカクの肉体を支配し、自分の肉体は睡眠のような状態で昏倒。 継承戦を勝ち抜くことを決意し、自分の念能力を把握しようとするハルケンブルグの提案を笑顔で受け入れて、 シカクの肉体のまま、ルズールスの部屋の前で「ベンジャミン王子殿万歳!」と言いつつ拳銃自殺した。. ゾルディック ぞるでぃっく. 王位継承戦に参加する意思はないとハッキリ父親に断言するなど国王とは敵対的に接し、モモゼの死に心から哀しみを覚える人格者である。 王子の中ではツェリードニヒのことを好意的に受け止めている数少ない人物の1人。. 具現化系、複合型の能力。真ん中に顔、外周部が黒い炎(毛?)に覆われた車輪。 コインの所有者が条件を満たすことで様々な能力が発現する。 ツェリードニヒの霊獣.

ただ、暗黒大陸への侵入は文字通り「 人類の存亡の危機 」を意味する上に、 法的手段・軍事的手段でカキン帝国を止めることはすでに難しかったため、カキン帝国を牽制しようとする5大陸連合「V5」やハンター協会との密約により、 カキン帝国を5大陸連合に迎え入れて「V6」に、暗黒大陸進出というナスビーの偉業をたたえる代わりに暗黒大陸調査の利益はV6で山分けに、 そしてブラックホエール号の人々の大半は暗黒大陸前の空白地帯の大陸に「ここが暗黒大陸」ということで降ろし、 実際の暗黒大陸に向かうのはハンター協会やビヨンド=ネテロの仲間の精鋭ら少数の予定。.

  • 通信機でクラピカ達とビンセントのやりとりを聞いていたベンジャミン達は、ハンター達がオイト王妃を離反しない任務への忠誠心を持つことを確認するとともに、 ビンセントをたやすく制圧して見せたクラピカ達・人間を操作しうる念能力者がいる可能性への警戒を強めた。. ビヨンドを雇い、暗黒大陸への進出・移民計画を打ちだしたカキン帝国の現国王。 8人の正室との間に14人の王子がいる。 語尾に 「~ホイ」「~ホ」 と付けるのが口癖のでっぷりとした肥満体の巨漢。 ギャグっぽいビジュアルや名前、大らかな笑みとは裏腹に本性は非常に腹黒いまごうことなき狸親父。 その本性は 「爪と牙しか持たない獣は遠からず滅びる」 という持論を掲げる厳格な弱肉強食思想の持ち主。 計略を行う時の間接的行程を重要視して知恵と策略を巡らせる権謀術数を尊び、特定の王子と王妃に肩入れするといった素振りを全く見せない。 何だかんだでかつてのサバイバルを生き残っただけはあるということだろう。.
  • 攻撃不可・防御不可 というとんでもない能力だが、ハルケンブルグとその部下達の強い覚悟が合わさってこそのものであり、 バルサミルコは「一射ごとに命を削るほどの覚悟を秘めている」と見立てている。.

「趣味がなくてヒマ」とお困りの方に読んでほしいブログです。ハンターハンターを中心としたマンガ考察、おもちゃ屋めぐり、イラスト、ドット絵、マイナーなコレクションなどの記事を更新中

そうやってハルケンブルグは強力な念獣を次々と奪って、最後は一気呵成に反逆を起こせば、いくら最強のツェリードニヒでも為す術がないか。まさに ハルケンブルグの念能力の強みは「横取り」 にあるのかも知れない。. 第八王妃。美女。 子供はワブル。 赤子故に一切の意思決定ができないワブルの実質上の意志決定役。もともとは貧しい階層の出身。 貧民層ゆえに元は強い野心があり、ただ栄達を求めてナスビーに嫁いだが、 子供が生まれたことと王族の宿命を知ったことで心境が変化し、母としてワブルをただ守りたいと思うようになる。 子供への愛情が深く常識人的思考の持ち主。血のつながりのないモモゼの窮地に危険を承知の上で阻止しようとし、その死を深く悲しんだ。 ビンセントとクラピカとの戦いの折に意図せず念に目覚めてしまった。 王妃所属兵の数はゼロ。.

そして、この羽のマークが刻印された者同士で集まって、同時に 「お互いに意思統一して同じ行動」を取ることで圧倒的なオーラ量を生み出す ことが可能となる。「相互協力型の集団行動形式」に該当する守護霊獣。. そもそもナスビー王にとって船に乗る民間人は 王子達のバトルロイヤルのための生贄 に過ぎず、船自体を蠱毒の壺に見立てており治安を統制する気はさらさらない模様。.

39. [ ].

【解説まとめ】ハルケンブルグとはカキン王子随一の秀才

オイトの従事者。 小太りで小柄な女性。王室に仕えられずに無念のまま亡くなった両親から遺言として王室のお役に立つことをお願いされており、サイールドやビンセントによる殺害現場を見てもオイトに仕え続ける覚悟の持ち主。 宮廷内の事情や王子の人となりに精通しており、時折クラピカに交渉の際のアドバイスをすることも。 ただし完全な非戦闘員で念についても全くの無知。. そもそもナスビー王にとって船に乗る民間人は 王子達のバトルロイヤルのための生贄 に過ぎず、船自体を蠱毒の壺に見立てており治安を統制する気はさらさらない模様。. エイ=イ一家組長。ナスビーと愛人の間に生まれた人物。 組長の中で唯一の女性。茨の冠を被り黒いドレスを着た虚ろな目をした美女。 組長の中で一番歳が若い代わりに、醜い世界を憎む狂気的な破滅思想の持ち主で、 「自分を含む世界全てがどうでもよく、この世の全てが何ととなく壊れればいい」 と考え他の組長のように「均衡」に気を配る気配は絶無。 生まれたその時からその存在を疎まれ愛されず表舞台に立つことも許されずに理不尽に人生を決定づけられたことに対して怒りを感じ、世界や人間そのものを憎むようになった破滅主義者。 しかし顔の傷自体は、世界に対する怨み・憎しみを実感できるというゆがんだ理由で好意的にとらえている。 ジャイロ と会ったら意気投合か同族嫌悪になりそうである。.

さすがにその真の性格については知る者は部下やベンジャミン以外にはほとんどおらず、 表向きの性格しか知らないツベッパやハルケンブルグからの信用は厚い。 逆に真の性格を知っている部下達からは、その優秀な頭脳と能力自体は認められているものの、人望はほぼ皆無。 裏で繋がっているマフィアはエイ=イ一家。.

13 2. 11. ハルケンブルグ= ホイコーロ 9 2 86 37   4 6 5 43 6 322 7 1 .

眉や髭の毛が深い男。 警護担当はモモゼ。モモゼ殺害の容疑者として逮捕されるも、その後モモゼ暗殺の犯人タフディーの遺書が見つかったことで解放された様子。 シカクの死後にハルケンブルグ警護につくが、彼の防御不可・攻撃不可の念能力を前に敗れて行方不明になってしまった。. 第3王子。トウチョウレイ王妃の唯一の子。私設兵の数は 5名のハンター協会準会員含めて 15名。 頭髪の無い頭、色黒の肌の小柄な男性。 冷酷で高慢、贅沢を好む性格ではあるが、基本的には 必要でなければ 荒事を選ばず、ベンジャミンに比べれば話の分かる人物。 裏で繋がっているマフィアは最大勢力を誇るシュウ=ウ一家。組長のオニオール=ロンポウに対して「父さん」と内心呼んでいるが実の息子なのかどうかは不明。 「 光と闇を使いこなせてこそ真の王 」という持論を持ち、悪く言えばマフィアの力も利用するなど汚い手も使うこともある、良く言えば清濁併せ吞む人物といえる。 王位継承戦自体は勝ち抜くつもりだが、末子の赤ん坊ワブルが最初に狙われたと聞いた時にはさすがに嫌悪感を示していた。.

気弱な少女で、双子の姉であるカチョウのことを好いている。 姉とともに本気で生き残るべく模索する。 第12王子 モモゼ(死亡). 顔が長く丸刈りで大柄な男性。 警護担当はワブル王子。しかし警備の減ったワブルを守る気はさらさらなく、その真の任務はワブル王子の護衛をすべて排除し、後のワブル殺害につなげること。 王子の従者達に暗殺容疑の濡れ衣を着せた上で排除するという作戦をとり侍女を殺害。 クラピカら護衛ハンターもカキン帝国の権威で懐柔しようとし、従わなければ「国防法にのっとってオイトの護衛に来た自分を排除しようとした暗殺者達」として倒し、 逆に倒された場合は「ベンジャミン側の権力によって暗殺犯とねつ造し、クラピカ達を正式に拘束へ追い込む」ことが任務だった。.

BW1520 .

知っておきたい:

コメント

  1. モレナ=プルード 私は私も含めてこの世の全てがどうでもいい だから壊しましょう 何となく ここにいる23人で. 兄に軍部を抑えられたためか、何らかの良心があってか不明だが、 自身は不可持民達全員に私設兵につく権利及びら私有地の特区にて彼らに軍兵の同等の地位と実権を与えた。 そのこともあってか、意外にも 念能力者 となっている。.
  2. プロハンター。 オカマっぽい男。 ハンターであるため既に念能力者だが、クラピカ念講習会に参加することになる。 見かけや言動に反して考え方は非常にシビアで、冷静な意見や考察もできるいい意味でハンターらしい人物。 ビルのことを知っている風だったことから恐らく協専のハンター。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 social-blockchain.org | 利用規約 | 連絡先 |