ファーレン ハイト 銀河 英雄 伝説

/ 29.10.2020 / Kurva

部下として、 ザンデルス (副官)、ホフ マイスター (部隊 指揮官 )、 ブクステフーデ (幕僚。 石黒 監督 版 OVA の オリジナル )がいる。. ファーレンハイトの戦死後、ビッテンフェルトの指揮下で残存兵力を指揮する。 ファーレンハイトの部下の中には上官の死の理由がビッテンフェルトにあると信じるものが多く、このホフマイスターも例外ではなかった。 それ故黒色槍騎兵隊と反目し合い連携がとれず、そこをヤン艦隊に付け込まれ突き崩されたこともあった。 しかし第2次ランテマリオ星域会戦ではこの反目が競争心を生み、結果として爆発的な攻撃力を繰り出すことに繋がり、 ロイエンタール を苦笑させている。.

後に主君と仰ぐことになる ラインハルト・フォン・ローエングラム よりも下級の 貴族 の家に生まれた。 家は非常に困窮しており、ファーレンハイト自身も「喰うために軍人になった」と公言しているほど。.

副官。アスターテ星域会戦よりファーレンハイトに付き従っている古参の将。 回廊の戦いでは、味方を巻き込み被害を拡大させる黒色槍騎兵隊に対し「自分たち自身の牙で墓穴を掘りやがれ」と辛辣な批判を行い、上官に窘められている。 同戦いでファーレンハイトと共に戦死。最終階級は中佐。. リップシュタット戦役 では門閥貴族側に与し、メルカッツと共に貴族連合側の数少ない良将として活躍する。 無能な盟主のブラウンシュヴァイク公の無謀な命令は断固拒否することもあったが、最後まで貴族側を裏切らずに戦い、捕虜となる。 戦後、その才を惜しんだラインハルトから勧誘を受け、改めてローエングラム陣営にその名を連ねることになる。.

リップシュタット戦役 では貴族連合に属してラインハルト軍と矛を交えるが、無謀な出撃には断固拒否し、盟主であるブラウンシュヴァイク公の暴論に対しても毅然とした態度で反論している。とはいえ、最後まで属した貴族連合を裏切ることなく戦い抜き、勝敗が定まった後は潔く虜囚の身になった。これらが示すとおり勇猛であるが清廉な性格であり、 マル・アデッタ星域会戦 後、同盟議長レベロを殺害して帝国側に下ろうとしたロックウェルらが「先例」としてファーレンハイトの名を挙げたとき、その場にいた彼は表情は崩さないながらも激怒し、ラインハルトの命を受けて彼らを処断している。. 名前空間 ページ ノート. それほど感傷深くない性格であったが、かつて共に戦った年長の僚友である メルカッツ との立場の変転を思い「帰結を見るまでは」なかなか 死ね ないと 微妙 に 死亡フラグ を立てる。その メルカッツ と対峙した時には 「よろしい、本懐である」 と 腹 を括って 戦闘 に挑んだ。彼の戦死を知った メルカッツ は、かつての戦友の為、個人的に一日間の喪に 服 した。 旗艦が沈む間際、致命傷を負った時には従容と死にいどみ、 ラインハルト への形見を届けようする幼年 学校 の 生徒 に対して「生還しておまえが形見となれ」と言い遺して事切れた。将兵の士心も得ており、死後も彼らから「故 ファーレンハイト 元帥 の勇名を辱しめるな」と士気の拠り所となっている。.

- - - - - .

名前空間 ページ ノート.

ファーレンハイト 艦隊は、艦艇と 兵士 の半数以上を失い一個艦隊の体裁を失った。艦隊の 指 揮権は ビッテンフェルト が一時的に預かり、 黒色 槍 騎兵 艦隊と合わせて 回廊 の戦い本戦にも参加する。 戦いの後は軍務省により再編され、正式に 黒色 槍 騎兵 艦隊に籍を移す事となった。 しかし、艦艇が 黒色 に再 塗装 された事は吸収合併と映り、 ファーレンハイト の死の遠因が ビッテンフェルト の 猪 突と考える者もいた為、本来の 黒色 槍 騎兵 艦隊に対して反 目 に近い状態となる。だが、 第二次ランテマリオ会戦 では、相互の競争という形として プラス 方向に働き、 ロイエンタール をして 唖 然とさせる 爆発 力 を発揮した。.

カテゴリ : 銀河英雄伝説の登場人物 架空の軍人. この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年6月 ). ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 表示 閲覧 編集 履歴表示. リップシュタット戦役 では 門閥貴族側 に属したが敗北、捕虜となり、終戦後の謁見でその才能を惜しんだラインハルトにより、元帥府への参加を求められる。その場で申し出を受け、ラインハルト元帥府の一角を担う提督となり、古参の提督たちに劣らぬ信任を受けるようになる。.

  • この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年6月 ).
  • ヤン艦隊の ゲリラ 戦では、同盟領の補給基地を全て占拠・破壊する事を提案するも、 ロイエンタール に一蹴された。 バーミリオン星域会戦 の際は、他の 提督 達と共に同盟領の補給基地の 攻略 と、周辺航路の制圧にあたった。. 皇帝 の権威は別として、 ゴールデン バウ ム王 朝 には 禄 を食んだ恩義を感じていたようで、 リップシュタット戦役 では ラインハルト の専横に対して王 朝 を守護する立場を取った。大 貴族 である ブラウンシュヴァイク 公 を相手にも畏れる事なく、 軍事 の専門 家 と、 帝国 の廷臣としての 視点 から痛 烈 に 批判 した。しかし、 公 を見限った後も裏切る事はなく、 ガイ エス ブルクに留まって最後まで与 力 した。 捕虜引見時の態度も堂々たるものであり、 ラインハルト に登用されてからは、その知遇に対して忠 誠 を尽くした。後の ハイネ セン占領時、 ジョアン・レベロ 暗殺犯達が降った時に 居合 わせ、彼らから「同類ではないか」と寛恕のだしにされた時には怒気を発し、彼の心情を是とした ラインハルト の命により、暗殺犯達の処刑を取り仕切った。.

- - -. HP 9.

新銀河帝国/ファーレンハイト艦隊

アーダルベルト・フォン・ファーレンハイト Adalbert von Fahrenheit は、『 銀河英雄伝説 』の登場人物。. 副官。アスターテ星域会戦よりファーレンハイトに付き従っている古参の将。 回廊の戦いでは、味方を巻き込み被害を拡大させる黒色槍騎兵隊に対し「自分たち自身の牙で墓穴を掘りやがれ」と辛辣な批判を行い、上官に窘められている。 同戦いでファーレンハイトと共に戦死。最終階級は中佐。. 生涯を通じて上官に恵まれなかったことが彼自身の不幸であり、特にブラウンシュヴァイク公のケースは顕著である。 自らが是としたことは相手が上官であろうが大貴族であろうが物おじせずに主張するため、ゴールデンバウム王朝時代は扱いにくい将校として見られていた様子。 死の間際には「最後に偉大なるカイザーに仕えることが出来た。案外幸福な人生だったというべきか」という言葉を遺している。.

: Wikipedia.

皇帝 の権威は別として、 ゴールデン バウ ム王 朝 には 禄 を食んだ恩義を感じていたようで、 リップシュタット戦役 では ラインハルト の専横に対して王 朝 を守護する立場を取った。大 貴族 である ブラウンシュヴァイク 公 を相手にも畏れる事なく、 軍事 の専門 家 と、 帝国 の廷臣としての 視点 から痛 烈 に 批判 した。しかし、 公 を見限った後も裏切る事はなく、 ガイ エス ブルクに留まって最後まで与 力 した。 捕虜引見時の態度も堂々たるものであり、 ラインハルト に登用されてからは、その知遇に対して忠 誠 を尽くした。後の ハイネ セン占領時、 ジョアン・レベロ 暗殺犯達が降った時に 居合 わせ、彼らから「同類ではないか」と寛恕のだしにされた時には怒気を発し、彼の心情を是とした ラインハルト の命により、暗殺犯達の処刑を取り仕切った。.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 参謀長。神々の黄昏作戦より参加。 第1次ランテマリオ星域会戦では宇宙潮流の詳しすぎる解説を披露し、無理に横断するのは危険であると上官に進言した。 回廊の戦いでファーレンハイトと共に戦死。最終階級は少将。.

31 35. - - - - - - - - - - - - - - - - - .

副官。アスターテ星域会戦よりファーレンハイトに付き従っている古参の将。 回廊の戦いでは、味方を巻き込み被害を拡大させる黒色槍騎兵隊に対し「自分たち自身の牙で墓穴を掘りやがれ」と辛辣な批判を行い、上官に窘められている。 同戦いでファーレンハイトと共に戦死。最終階級は中佐。. ローエングラム 陣営の主要 提督 の一人。 旗艦 はアースグリム。 副官 はザンデルス。後に残存艦隊を率いたホフマイスターは配下。石黒監督版OVAでは幕僚にブクステフーデがいる。. 能 動と機動性に富んだ速攻の用兵に 定評がある が、反面、迎撃戦となるとやや 粘 りに欠ける。 提督 達では ビッテンフェルト に近く、攻勢に強い猛将。 正面突破を図るだけなく、機動 力 を活かして敵の側面や背後を突く奇兵も用いた。 アスターテ会戦 では戦う前から優位に立っているという ラインハルト の 作戦 に理解を示し、 リップシュタット戦役 では味方の突出を 戒 め、要塞の利を活かして長期戦に持込み、状況の変化を待つ事を忠告したりと戦略面にも見識を持ち、単なる 局地戦 での 勇者 ではなかった。.

色素の薄い 水色 の瞳で鋭 角 的な顔立ち。 ルッツ と同い年( 黎 明篇 31 才~乱離篇 35 才)。下級 貴族 の出身ながら 家 は貧しく、食うために軍人になったと広言している。.

- - - - - - - - - - - - - - - - - .

その他の: